ネット世代のカーカルチャーの変革者、ケン・ブロックへのトップギア流トリビュート



2008年11月11日。ジムカーナ・プラクティスがYouTubeでヒットし、世界中の人々が床に顎を打ち付ける。これがケン ブロックの紹介だった。1分22秒、彼がハイスピードでスバルを横向きにするシーンで、私たちは2つのことを知った。1)インターネットはこのためにある、2)ケン ブロックは大物になる、だ。

彼は、YouTubeのヒット数以上に、偉大な人格を持った大物だった。実際に会ってみると、彼はリラックスしていて親しみやすく、とても自信に満ちていたが、生意気でも傲慢でもなかった。コリン マクレーは彼のヒーローであり、ラリーは彼が子供の頃から愛していたスポーツで、DCシューズの株を売却した2005年からはターゲットにしていた。

だが、ラリーカーでワイルドな走りをするってだけなら、全く新しいものではなかった。同時期にナイトロ サーカス(Nitro Circus)が登場し、X Gamesはその数年前にラリーを導入していたのだから。しかし、それらはスタジアム形式のイベントで、オンライン体験と同様にライブ観客を対象としていた。ケンが天才ぶりを発揮するのは、撮影に集中し、自分のスキルとイマジネーションを5分間のフィルムにまとめ、インターネット上で楽しんでもらうことだった。そして、「ジムカーナ」が誕生する。

2007年、スバル インプレッサのラリーカーでニュージーランドのスノーパークを滑り、スノーボーダーと一緒にジャンプしたのが、ケンの最初のメディア露出となった。覚えてる?ああ、覚えてるよ。自分が見ているものが何なのか、ほとんど信じられなかったけれど。そのせいで彼は椎骨を骨折してしまったが、それ以上の可能性に目を向けるようになった。翌年、私たちはそれを手に入れた。

競技用車両を競技外に持ち出して無茶苦茶にするという方式は、何年もかけて拡大していった。ケン ブロック ラリーはフーニガン インダストリーへと変わり、マシンはよりカスタムメイドに、ロケーションはよりエキゾチックに、スポンサーはより大きく、スタントはよりワイルドになった。ジムカーナ練習走行でのハンガー内でのドーナツ、ジムカーナ3でのモンレヘリーのバンクでのスピン、ジムカーナ 5でのサンフランシスコの丘の上でのジャンプなど、誰にでもお気に入りがある。当時はどれも画期的な瞬間だった。

これは、クルマをかっこよくすることに特化した大予算の映画製作で、私たちはそれに魅了され、レースやコンペティションだけではない、クルマのある生活を教えてくれたのだ。ドリフトやラリークロスは、以前から存在し、その限界を打ち破っていたが、ケン ブロックは、我々の情熱の焦点であり、驚嘆すべき北極星であった。


彼の影響力は過小評価されるべきではない。なぜなら、彼(と彼のチーム)は、ビジュアルが重要であることを理解していたからだ。これまでにない場所にカメラを設置し、爆発やドーナツターン、煙、セグウェイ、タイヤ、スキッドなど、自動車を刺激的で劇的、危険なものにするあらゆる要素を盛り込んだのだ。

彼のバックグラウンドは自動車ではなく、スケートシューズだった。DCシューズではマーケティングに力を入れ、スタントを演出し、ビジュアルコンテンツや広告を制作し、製品をアピールしていた。このカリフォルニアのエクストリームスポーツとストリートスポーツを融合させたのがジムカーナであり、これを世界的な現象に押し上げたのである。

最近のクルマのコンテンツに多く見られる、この容赦なく、目まぐるしい、ハイオク、スタントの嵐は、スキーからマウンテンバイクまで、あらゆるスポーツに見られる、純粋なエクストリームスポーツなのだ。彼はそこから何かを得ただけでなく、それを還元している。ダニー マカスキルやマーカス エダーのようなアスリートは、もしケン ブロックがフォーマットを作り、視聴者を広げることに貢献していなかったら、これほど成功していただろうか?

私たちは皆、彼から学んできたといっても過言ではない。彼の影響は、広く、特にトップギアで感じられた。彼は何度か番組に出演しているけれど、実は私たちは早くからブロックトレインに乗り、2009年にジェームズ メイを撮影に送り出した。そして2016年、私たちは彼と一緒にロンドンでの映画制作に取り組んだ。これは、トップギアがYouTubeにアップした中で最も視聴されたフィルムとして残っている。一番下にあるので、ぜひ御覧いただきたい。

私は何度か車の中で彼の隣に座ったことがある。彼はほとんど気まずそうだった。彼はハンドルを握って腰を下ろし、腕をまっすぐ伸ばして運転し、あごを引いて、頭を後ろに下げる。しかし、車を横に走らせた瞬間に、彼がピンポイントで正確で、マシンに完全な信頼を寄せていて、そのマシンを意のままにできることがわかったのだ。

彼は一緒にいて楽しいし、それは彼のドライビングにも映画にも表れている。彼は革命家だと言っても過言ではない。彼は、ドライビングのショーマンシップを誰よりも理解しており、その影響は一般のクルマ好きの観客をはるかに超えて、ネット世代のカーカルチャーを変革するまでに至ったのだ。彼の遺産は、映画や作品だけでなく、人々に未来へのインスピレーションを与える能力にもある。それは、彼とともに死ぬことはないだろう。ありがとう、ケン。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎
=海外の反応=
「今朝、8歳の子供が私にメールをくれた。
世界中のガソリンヘッドが、当然のように彼の死を悼むだろう。いつの時代にも優れたドライバーはいたし、偉大なドライバーも、速いドライバーも、チャンピオンも、そして虹の彼方、星の彼方にケン ブロックはいたのだ。その中でも最高の存在だった」
「ジムカーナのファンではなかったし、ラリーゲームのカバーに描かれている彼のモンスターエナジーカーも嫌いだった。
でも、彼のエネルギーは超越していたんだと思う。
ガソリンヘッド・コミュニティにとって真の損失だ」
「ケン ブロックは、私がラリーにハマった理由のほとんどを占めている。私は2003年生まれなので、バーンズやマクレーのキャリアを見たことがないのだが、この面白くて自信に満ちたアメリカ人と彼のワイルドなスバル(TGで初めて出会った)は、私の想像力を完全に、完全にかきたて、それ以来、このスポーツに夢中になっている。YouTube、そしてソーシャルメディアを通じて、私たちはまるで彼や彼の家族を知っているかのような、他のレーシングドライバーとは一線を画す感覚を味わっていた。彼は私にとってアイコンであり、個人的なレベルではインスピレーションを与えてくれる存在だった。

RIPケン。寂しくなるな」
「私は彼のことをかなり遅く、TGの再放送で知った(ここにはBBCもiPlayerもないのだ)。彼の YouTube ジムカーナ ビデオをすぐに見たところ、非常に面白くて面白い (そして時には怖いことも) ことがわかった。トラビス パストラーナとの共演も。若くして亡くなられたのが残念でならない。彼の素晴らしいドライビングテクニックと、私たちに与えてくれたエンターテイメントに脱帽だ」
「彼のジムカーナビデオは、私が子供の頃、初めて車に触れたものだった。彼のことは一生忘れない」
「ジムカーナやフーニコーンを改造したドリフトカーで知られるのと同じようには、彼のレースについてはあまり知られていない。伝説的な存在」
「真の伝説へのRIP

この場合のRIPは、Racing in Paradiseの略だ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56479/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ