750kgの新型スーパーカー、ドンカーブート F22は、驚異的な軽量化、アウディ製5気筒の大パワー、そして強大なGフォース



「私たちが行うすべてのことの鍵は重量です 」と、ドンカーブート(Donkervoort)の新しいボス、デニス ドンカーブートは説明する。「重量が軽ければ軽いほど、止まり、曲がり、加速するときに必要な重量が減り、さらに燃料消費量もい減り、クルマとより親密になることができるのです」

幸いなことに、この哲学が実を結ぶまで、それほど長い時間を待つ必要はなかった。父の後を継いで1年、ドンカーブート Jr.は軽量化のための作品を発表したのだ。それが、この750kgの新型スーパーカー、ドンカーブートF22である。

それは、ゴードン マレーの哲学の1ページというだけでなく、むしろ本全体を取り入れたものだ。ドンカーブートは、スーパーカーの世界では常に他社よりも軽量であることに誇りを持ち、慎重に行動してくる。そして、それは本当に新鮮だ。先代から引き継がれたナットやボルトはひとつもあない。

スチールチューブとカーボンファイバーのハイブリッドシャシーは、非常に軽量であるだけでなく、後継モデルであるD8 GTOに比べてねじれ剛性が100%向上している。このような軽量化により、ドンカーブートはハンドリングとサスペンションの精度が「飛躍的に向上した」と主張している。また、Gフォースは2.15gと、旧型の2gを上回っている。

「F22は馬力やスピードがすべてではありません」とドンカーブート。「ドライバーの視点がすべてだからです」とはいえ、このスーパーカーがどれほどのスピードを出せるのか、非常にユニークな視点を提供していて、かなりのパワーを備えていることは確かだ。

さて、さらにまた、いいものがついている。アウディ スポーツが誇る、5気筒2.5リッターターボ。ドンカーブートは、このエンジンをパワー、トルク、ローエンドのドライバビリティをさらに高めるためにチューニングし、500bhpの出力を実現したそうだ。「750kgのマシンで」とドンカーブートは念を押している。そう、計算してみてほしい。


ボアとストロークはアウディ仕様のまま、圧縮比は10.0:1で、「低回転域から大きなトルクを発揮する」エンジンだ。この5気筒エンジンのCO2排出量は、D8 GTOの同エンジンよりも28g/km少なく、163g/kmにとどまっている。

また、ドンカーブートによれば、軽量化とエンジンの後方搭載を可能にするために、5速マニュアルギアボックスを搭載することができるほど柔軟性に富んでいる。トルセン式リミテッド・スリップ・デフとマルチステップ・トラクション・コントロールを組み合わせたショートスローギアボックスは、パワートレイン全体の中で最もハードに働く部品と言えるかもしれない。

F22は0-100km/h加速2.5秒、200km/h加速7.5秒、最高速度290km/hを達成するとドンカーブートは考えている。4ピストンキャリパーとスチール製ディスクを組み合わせたAPレーシングのブレーキシステムは、「現行車のシステムより10kg軽量化」されている。まるで、ここにテーマがあるかのように。

確かに、このエクステリアは、ドンカーブートの今後の製品テーマも指し示している。確かにバッタのような雰囲気はあるが、先代よりもさらに威嚇的。基本的には良いのだけど、少なくとも他のものとはまったく違うということだ。欧州フォードのデザインボス、アムコ リーナーツ(ドンカーブートのアドバイザリーボードの一員)の意見も取り入れ、5年がかりで作り上げたデザインだそうだ。

D8よりも全長が長く、その形状はドンカーブートの旧車へのオマージュであるとともに、顧客にとって重要であるらしい、空力やサーキット走行を考慮したものとなっている。ルーフは取り外し可能なカーボンファイバー製で、ドアはバタフライ式に開き、室内には2人分のスペースがあり、インフォテインメント用のiPadが内蔵されている。

当初予定されていた50台は、ドンカーブートの顧客がスケッチを見ただけで完売したため、生産台数は75台に拡大され、残り25台となったのだ。もし、このクルマが気に入ったのなら、その場で待っている必要はないだろう。



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「素晴らしいクルマ」
「アストンマーティンのヴァンテージがホットホイールカーと子供を作ったみたいだな」
「30万ユーロ(4,300万円)くらいだろうから、アリエル アトムの勝利」
「チャップマンが最初に使ったわけではないが、正しい引用は、実際には「単純化してから軽さを加える」である」
「このままだと、ホットウィールのおもちゃをリアルにしたような感じになってしまう」
「ポルシェ、ランボ、フェラーリなどの太った車よりこっちの方がいい」
「このパワーと重量は、セナのような車と同等で、もしかしたらもう少し上かもしれないね」
「バイパーとケータハムが子供を産んだのかと思うくらい」
「飾り立てたケータハム」
「2022年のチータをイメージしたもの」
「これは正気の沙汰とは思えないね。久々にドンカーブートを見れて嬉しい」
「ドンカーブートは常に過小評価されている」
↑「このブランドは、他のブランドと一緒にしばらく前にシーンから去ったようなものなので、まだ存在しているとは思わなかった。フィスカー、TVR…」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56113/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ