どうやらシトロエンは新型C5 エアクロスを高級車へと進化させたいご様子



いや、これは本当にフェイスリフトされたシトロエンC5 エアクロスなのだ。見た目は先代とさほど変わりないが、シトロエンは新鮮さを保ちつつ、少し高級感を出したいと考えている。日本でも発売が開始され、価格は4,879,000~6,376,000円。「C5 AIRCROSS SUV (C5 エアクロス SUV)」は、シトロエンが100周年を迎えた2019年に登場したブランド初のSUVである。

フロントとリアのライトには新しいLEDが採用され、より角ばったライン、より滑らかなグリル、エアインテークが採用された。18インチのダイヤモンドカット合金ホイールのデザインも新しくなり、ボディカラーとアクセントカラーのバリエーションも増えた。C5エアクロスのボディカラーは、ホワイト、ブラック、グレー、ネイビーの4色のみだ。選択肢が少なくなったのは残念だが、シトロエンによれば、これでC5エアクロスは「より大人っぽい」外観になったという。

サイドウインドウを囲むクロームのCの字もそうだが、エアバンプが残っているのはありがたいこと。どちらもいい感じである。

インテリアは、10インチのインフォテインメント・スクリーンが新しいセンターコンソールの上に設置され、よりプレミアムになった(ただし、ボタン類はそのまま)。デジタル・ダイヤルは、カスタマイズ可能な12.3インチの巨大スクリーンに表示される。さらに、最新世代の「シトロエンアドバンスドコンフォートシート」も採用され、シトロエンのルーツが忘れられていないことがわかる。

正直なところ、アップデートはこれだけだ。パワートレインも従来通り、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドが欧州全域で選択できるようだ。ちなみにシトロエンによると、C5エアクロスの販売台数に占めるプラグインハイブリッドの割合は、現在30%以上だそうだ。

新しい外観はどう?高級感を出すのに成功してるだろうか?



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「デザインは架空のキャラクター、クレム ファンダンゴ」
「ダチアのように見える」
↑「私もそう思ってたー。あと、でかいサンデロ的な。好きだけど、私はフェイスリフト前のバージョンの方が好き」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/11/55183/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ