ステランティスが日本の商用車市場にフィアット プロフェッショナル デュカトを導入



FIAT PROFESSIONAL(フィアット プロフェッショナル)のベストセラー商用車DUCATO(デュカト)専用の販売ネットワーク構築のため、下記5社と、正規販売代理店契約を締結した。デュカト専用の販売ネットワークは、Stellantisジャパンで既存の正規ディーラー1社、車両架装を専門とする法人4社、次の計5社にて発足する。株式会社ホワイトハウス(愛知県名古屋市)、株式会社アールブイランド(茨城県常総市)、株式会社岡モータース(香川県高松市)、株式会社トイファクトリー(岐阜県可児市)、株式会社ナッツ(福岡県遠賀郡)。

日本市場に初導入されるデュカトは、2020年に誕生40周年を迎え、2020年と2021年にはヨーロッパにおける小型商用車のベストセラーモデルとなった。Stellantisジャパンは、日本の商用車市場にフィアット プロフェッショナル デュカトを導入することで、新たなビジネスを開始する。

デュカトは、活況を呈するキャンピングカー市場からの期待に応えるモデルであると同時に、ヨーロッパ同様、物流や輸送といった多様な商用車セグメントへの参入も予定している。都会的なエクステリア、最先端のインテリア、多彩な快適および安全装備を備えるデュカトは、レジャー志向のお客様だけでなく、プロフェッショナルとしての使用を想定する顧客にも最適だ。

フィアット プロフェッショナル正規販売代理店となった先の5社は、今後、ショールーム並びにサービスワークショップをフィアット プロフェッショナルのCI基準に則って整備するほか、順次供給を受ける初期配車デュカトの架装を進め、来年2月に幕張メッセで行われる日本最大のキャンピングカーイベントである「ジャパン キャンピングカーショー2023」において、キャンピングカーを始めとする多彩な架装車両をお披露目する予定だ。

デュカトのラインナップと多用途性は業界のベンチマークとなっており、これまでフィアットの工場から出荷されたバリエーションの数は1万を超える。 2022年モデルのデュカトとして日本に導入されるのは、下記3種類のサイズだ。

*以下、本文中の数値はすべて欧州仕様車参考値
•L2H2:全長5,413mm、全幅2,050mm、全高2,524mm、ホイールベース3,450mm、キャビンスペース:全長3,120mm
•L3H2:全長5,998mm、全幅2,050mm、全高2,524mm、ホイールベース4,035mm、キャビンスペース:全長3,705mm
•L3H3:全長5,998mm、全幅2,050mm、全高2,764mm、ホイールベース4,035mm、キャビンスペース:全長3,705mm

標準タイプ、そのロングホイールベース版、ロングホイールベースに加えてさらにハイルーフ仕様となる、3つのバリエーションを設定した。L2H2およびL3H2の室内高は1,932mm、L3H3の室内高は2,172mmだ。3つのモデルともに、レジャー用レイアウト、商用利用のための効率的ウォークスルー・レイアウトの双方に対応する。

インテリアは、車内で快適に過ごしていただくことを念頭に、実用面にも配慮している。キーレスエントリー&ゴー機能により、キャビンおよび荷室ドアのロック/ロック解除やエンジンの始動はキーなしで行うことができる。また、電動パーキングブレーキによって、すっきりとしたキャビンを実現している。さらに、スマートフォンのワイヤレス充電が可能な専用コンパートメント、2つのUSB-Aポート、USB-Cに加え、電源コンセントも設置している。

運転席および助手席には、キャプテンシートを採用。主な特長は、一体型ヘッドレスト、幅広のバックレスト、優れたサポート、ダブル・アームレストによる快適性だ。これらのシートは、高い安定性と信頼性を備えたピボットプレート上に設置されている。キャンピングおよび商用の両方を念頭に設計されたこのシートは180度回転させることができ、車両後方へのアクセスが容易だ。完全に後方を向いた状態からは、前後にスライドさせることができるため、キャンピングカーとしての使用時には、テーブルとの距離を調整することが可能だ。

革巻ステアリングホイールを備えたデュカトのインストルメントはフルデジタルで、その運転感覚は乗用車に近いものとなっている。レジャーで使用する場合も商用の際も、ドライバーと乗員に優しく、ストレスも軽減される。フルデジタル・コックピットにより、多彩な情報や警告を明確かつ即座に表示することが可能だ。各種設定オプションやUconnectインフォテインメント・システムとの接続も、柔軟性に富むものに仕上げている。10.1インチタッチスクリーンを備えた先進のUconnectインターフェイス、ナビゲーションシステム、Apple CarPlay/Android Autoなども用意している。

日本に導入される2022年モデルのデュカトは、最高出力180hp、最大トルク450Nmを発生し、優れた効率と高い耐久性・信頼性が特長の、第3世代のMulti Jet3ディーゼルエンジンを搭載している。このエンジンには、スムーズな作動を特長とする9速オートマチック・トランスミッションを組み合わせている。

日本におけるCVセグメントでは他に例を見ない、伝統の「オールフォワード」アーキテクチャーにより、最高の積載性、優れた乗員快適性と積載性を実現している。これにより、デュカトはきわめて使い勝手が良く、ドライバーに優しい車両となっている。

新型デュカトは商用車カテゴリーでありながら乗用車セグメントに準じるパッシブ・アクティブセーフティ機能を装備している。スピード・リミッター、予期せぬ障害物に遭遇した場合のブレーキ制御(フォワードコリジョンウォーニングおよび歩行者検知付き衝突被害軽減ブレーキ)、クルーズコントロール、レーンデパーチャーウォーニングなどを装備している。これに加え、従来型のミラーを廃止し、デジタル処理をしたリヤビュー画像を表示するデジタル・ルームミラーも備える。

https://www.fiat-auto.co.jp/professional/ducato/

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53932/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ