V12新型パガーニ ユートピアはゾンダ、ウアイラに続く第3弾



オラチオ パガーニの偉大なヒーローであり、アイドルでもあるレオナルド・ダ・ヴィンチは、かつて「水はすべての自然の原動力である」と発言したことがある。この著名な博学者に敬意を表して、彼は間違っていたのだ。

そう、自然界の原動力は、現代的な装飾を排したメルセデスAMGツインターボV12の特注品であり、そのパワーに溢れているのだ。ようこそ、新車でありながらオールドスクールなパガーニ ユートピアへ。オラチオにとって3台目のハイパーカーである。

ゾンダが「伝説」を築き、ウアイラがアクティブエアロとカーボチタンを導入したように、この新しい「C10」が何を意味するのか、正確に判断する必要があったと、パガーニ自身が認めている。トマス モア卿の有名な詩から取られた「ユートピア」は、そのような派手な贅沢を着実に抑制する世界に生まれたのだ。

オラチオの答えは?「重いバッテリーもハイブリッドもない、素晴らしいV12です。デュアルクラッチシステムもなく、純粋な7速マニュアルかオートマチックトランスミッションだけです」このクルマがヘビー級なら、ロッキー マルシアノになるくらい、オールドスクールなのだ。求められたのは、「シンプルさ、軽快さ、そして運転する喜び」。そして、パガーニのために特別に作られた6.0リッターのV12ターボエンジンから、大きな喜びが得られるのではないかと考えている。

メルセデスAMGのモンスターV12エンジンは、最高出力864bhp、最大トルク1100Nmを発生する。カリフォルニア州の厳しい排ガス規制にも適合させ、「より高い回転数で、よりフレキシブルに」動くという。何に対してかはパガーニ社は明言しないが、おそらくはそのエンジンに取って代わるものだろう。

パガーニはこの巨大なエンジンをデュアルクラッチに取り付けるのではなく、より軽量でコンパクト、かつヘリカルギアを採用したオートマチックXtracユニットを搭載した。2023年、ユートピアは "バーチャルマニュアル"ではなく、正式な7速マニュアルギアボックスを手に入れる予定だ。うーん、パガーニは何を参照しているんだろう…。

この強力なパワープラントは、パガーニお馴染みのカーボチタン製モノコックに包まれており、フロントとリアのチューブラー式合金鋼サブフレームを備えている。サスペンションは鍛造アルミニウム製ダブルウィッシュボーンで、ヘリカルスプリングと電子制御のアクティブダンパーが組み合わされている。

ブレーキは、期待に違わず強力なものだ。前後6ピストンおよび4ピストンキャリパーがカーボンセラミック製ベンチレーテッドディスクに取り付けられており、21/22インチの鍛造アルミニウム合金ホイールに隠れるように配置されている。

そのボディから目をそらすことはできない。パガーニは、各車が「美的衝撃から始まる」ことを絶対的に認めており、特にユートピアは「シンプルさを放射する」と言われている。パガーニは、このクルマが描く「流れるような曲線美」に言及し、よりタイムレスなデザインを追求している。

巨大なウィングやスプリッター、ベントといった、より明白なエアロダイナミクス的装飾は意図的に排除されている(間違いなく、後年見られるであろう必然的な特別仕様のために一部を残しているのだろう)。どのパガーニも印象的なクルマだが、このクルマは確実に人々の話題を集めるだろう。

特に、99台しか製造されず、1台あたり約220万ポンド(3.7億円)もするのだから。そしてもちろん、その割当てはすべて決まっている。レオの言葉を借りれば、「芸術は完成することはなく、放棄されるだけ」なのだから、心配はいらない。パガーニ社の歴史を振り返れば、彼の考えは間違っていないことがわかるだろう。


=海外の反応=
「ウアイラが存在している間、ずっとウアイラを愛していた人間として言えることは、ここで何が起こったのか、ということだ。新型にはまったく見えない。ブガッティ流に「倍額でマークアップして、ボディを少し変えるだけ」の処理を施したものに見えるのだ」
「不思議なことに、見た目は派手で雑なんだけど、他のどれよりも欲しくなる何かがある。不完全なものが、ある人をより美しくするような」
「確かにゾンダとウアイラの変な寄せ集めのような感じだね。けど、この名前、ヒドい」
「全体として この車は全く整然としていないが、セクションや部品だけを見ていると、細部がよくわかる」
「ゴードン マレー T50、ケーニグセグ CC850、マセラティ MC20、フェラーリ 296、さらにはマクラーレン アルトゥーラやロータス エミーラなどの時代だ。業界はゴードン マレーが「形への回帰」と呼んだトレンドに向かっているようだ。それに比べると雑然とした印象がある。確かに、いろいろなことが起きている。勝者であり、今なお王者であるのは…ゾンダ以外ありえない」
「HPが1600とか2000にならないのが良いね! そして、バカげた数字を主張していないところがいい。ニッチなデザイナーズハイパーカーの世界では、220万ポンド(3.7億円)は実際妥当な額だ」
「このような、驚きのないパガーニに出会えたのは初めてだ。でも、ホイールと内装は好き」
「きれいで無駄がない」
この色はお世辞にも綺麗とは言えませんし、ヘッドライトカバーもそうだが、自分には馴染「パガーニの伝統的な意味での楽しい可愛らしさはない。エクステリア、インテリアともに一歩引いた美しさだ。でも、走りの純粋さにこだわったところがいい。きっと最高のドライバーズカーのひとつになると思う。そして、このプレス向け写真は、このクルマをあまりよく捉えていないように思う。おそらく実物はもっとよく見えるだろう」
「ちなみに「ユートピア」は寓話小説であって、詩ではない」
「ケーニグセグ CC850 > この怪物っぷり」
「これが何を目指しているのかが分からないんだ。例えば、写真20の前輪の前方にある外装ストラップとバックル。このような、費用対効果、センス、軽さ、使いやすさ、美しさを兼ね備えた留め方ではなく、重量や耐久性の観点からダサい革と真鍮か、220万ポンドの車に偽革と偽真鍮で、どちらが悪いのかわからない。写真23のバックミラーにトップマウントされている4本のさらしネジも同様だ。雨の日に運転するたびに、この穴をきれいにするのか、それとも、雨の日には運転しないのか?
でも、ゾンダ バルケッタのような「欲しい!」という気持ちは、このクルマからはまったく湧いてこない」
「ひどくはないけど、ウアイラからは程遠い」
「ケーニグセグがパガーニを置き去りにしている。この車とCC850を比較すると、勝負にならない。この車、何とも醜悪な姿をしているよね」
↑「絶対デタラメ。V12>ジャンキーV8」
「ウアイラだって、出たばっかりのときはクソミソに言われたんだ。美しさは小さなディテールの中にある。時間が経てばわかる」
↑「しかし、人々はまだゾンダ>フアイラに同意しており、それは市場にも反映されている。このような、「憧れ」のような存在になるには、20年以上の歳月が必要だ。
本当にこれで新鮮なデザインを期待していたのに、両端が既製品のライトのままって。どういうこと?」
「"シンプルを極める"うーん、なんだか。ビジーすぎるくらいだ」
「後ろのロゴ、UtopiaじゃなくてItopiaに見えるんだけど…」
↑「はははは。確かに。気づいたからにはもう戻れないね。でも、ユートピアよりイトピアの方がいいかも」
「嫌な感じだな。悲惨だ。AMG Oneのホイールもベストフィットじゃない。内装もちょっと "部品庫スペシャル"な感じ」
↑「このクルマが”部品庫スペシャル”なのかどうかは分からないが、確かにビジー過ぎるね。917風のリアエンドや曲面ガラスなどクラシックなタッチは好きだが、ブロック状のフェンダー、奇妙なライトカバー、やりすぎの通気口や備品とうまく融合していない」
↑「それはあなたの感想だ。ケーニグセグ CC850Sより全然良いよ🤦」
↑「これは萎える。ケーニグセグがずっと良く見える」
「この車のインテリアとエンジニアリングは、さすがパガーニと思わせる壮大なものだ。しかし、エクステリアは?より醜いゾンダに見えて仕方ない」
「この車、ゲート式マニュアルなんだね。シフターはとてもゴージャスだ。これは文字通り車輪の上の芸術」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53807/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ