1967年の日本グランプリで優勝した906を称えるポルシェ ケイマン GT4と同じ仕上げにしてみない?

人工知能と機械学習の人気オンライン講座

これはポルシェ718ケイマンGT4トリビュート トゥ 906で、まず最初に知っておかなければならないのは、これが非売品であるということだ。

ただし、もっと正確に言うならば、手に入らないわけじゃない。ポルシェ ジャパンが最近行ったように、ポルシェのエクスクルーシブマニュファクチャー(Exclusive Manufaktur)プログラムを通じて注文する必要があるのだ。ポルシェ ジャパンはこの車を販売しない。8月末まで東京のエクスペリエンスセンターに展示され、その後は綿毛に包まれて安全に保管される(たぶん)。

このGT4が特別なのは、カラーリングやその他のパーツが、1967年の日本GPで優勝した906に敬意を表しているからだ。このマシンは伝説のレーサー、生沢徹(いくざわ てつ)がドライブしたもので、富士スピードウェイでの優勝により、彼は1968年シーズンのポルシェのファクトリーチームの一員となったのだ。

ポルシェ ジャパンでは、この906(シャシー145)をベースにした「ペイントトゥーサンプル(PTS)」システムに加え、ヘッドレストとシルに1967年の富士スピードウェイのコースマップ、多くのスペシャルバッジ、インテリアに美しいレッドステッチを施したトリビュートモデルを発表した。

ポルシェジャパンの努力はどう評価されるだろうか?だが、下の動画がかっこいいのだけは間違いない。


=海外の反応=
「ポルシェのExclusive Manufakturは、お金を印刷するためのライセンスだと思うんだ。笑いを取るために、私は標準的なポルシェケイマンのコンフィギュレーターで遊んでみた - 2つが同じであることは非常に奇跡的というほど、バリエーションがいっぱいだ。レザーのヒューズボックスカバーを標準のもの(素材が何であれ)に追加できるって知ってた?もう、ここまで来ると、精神的なものって感じもする」
「誰かこのカラーリングのシェアコード教えてください(笑)」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53319/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ