マツダ3が改良して5hpアップ UKでは思ったように販売が伸びない理由とは

人工知能と機械学習の人気オンライン講座

マツダ3は、もうご存知だろう。小型のハッチバック車でありながら、思うように売れないようだ。とはいえ…実はいくつかの理由がある。

マツダ車は、例えば、内外装とも、特別な理由付けをしなくとも、ずっと格好いいのだ。マツダは、ロータリー、高回転ディーゼル、圧縮着火式ガソリンエンジンなど、内燃機関の分野で異端児や異質なもの、見落とされているものを追求するのが常である。そして、私たちが見る限り、マツダはトヨタ車のような長寿命でありながらも、その長所を生かしきれていない。では、何が原因なのだろうか?

それはおそらく、独自の方法で問題を解決しようとする執念のようなものだろう。そこが飛躍を邪魔しているのではないだろうか。マツダの技術者は、それを成し遂げられるということに感動するのだが、その方法で解決することで利益を得る人々にとっては、大して違いはないのである。例えば、100年正確なメカニカルカレンダーを開発したら、友達から「え?スマホに同じ機能があるけど?」と指摘されるようなものだ。

マツダがMazda3の5馬力アップを公式に発表しても、それがどのように達成されたのかさえ語られないほどなのである。効率向上のための 「最新の気筒休止技術」が搭載されているというのに。マツダの顧客の大部分は、彼らが費やしているお金に見合っておいしい限り、ソーセージが作られている方法については気にしないかのようである。そして現在、マツダの誰かは、そのテクノロジーについて深く知っている。


=海外の反応=
「私はマツダが大好きだ。いい意味で日本のシトロエンのような存在で、あえて人と違うことをする、ただ人と違うだけでなく、きちんとした理由があってそうしているのだ。それに、彼らはロードスター(MX-5)を作っている。あの車は多くの人に喜びを与えているので、世界全体の幸福度にも影響しているのではないだろうか」
↑「'いい意味での和製シトロエン'とは、見事な例えだね:)) 私はいつも、'信頼できるアルファ ロメオ'だと思っていましたが、和製シトロエンの方がより正確だ」
「わざわざ効率化がどうのこうのと言わなくても、いいんじゃない?」
「3が欲しかったけど、マツダはなぜか社用車リストにないんだよなぁ…」
「まあ、小さい会社なんだからなぁ :(」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53052/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ