【やっぱワイルド】フォードがEVの警察トラックをF-150 ライトニングベースで作ったよ





その名も「フォード F-150 ライトニング・プロ・スペシャル・サービス・ビークル」(Ford F-150 Lightning Pro Special Service Vehicle)。つまり、フォードの新型F-150 ライトニングをベースにした警察用トラックということだ。

市警の仕事には電気の方が向いていそうだ。加速は驚異的で(0から97km/hまで4秒)、フロントトランクとトレイバックにはあらゆる緊急対応ギアを積むスペースがあり、搭載されたバッテリーは犯罪現場や事故の際の照明や電気機器に電力を供給することができる。

もちろん、EV反対派が最初に言う冗談は、充電している間、犯罪者に待ってもらうことや、皮肉っぽい作り笑いをすること、などである。

しかし、かつてドナルド グローバーが私たちに思い出させたように、ここはアメリカなのだ。アメリカ人が中途半端にしないことがあるとすれば、それは食事の量である。そして、アメリカ人が中途半端にしないことが2つあるとすれば、それは食事のサイズと警察署における経費の支出だ。フォードには警察諮問委員会がある。その目的は、警察と協力して、警官に最適な車両を作ることだ。

だから、あなたは、簡単にきれいにシートや床、無線機やSCMODSのための強化されたマウントポイント、そして…フロントシートの鋼の侵入プレート、おそらく警官が後部座席の乗客から不意打ちを受けないように、よりシンプルな警察の車の機能を見つけても、決して驚かないだろう。

やっぱ、ここの国の人たちは、やることがワイルドだわ…。

=海外の反応=
「なぜ、そうしないのか?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/52585/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ