グランツーリスモ7に車種追加、570psのスーパーシルエット スカイラインやポルシェ 918 スパイダーなど





1979年から1983年にかけて、フォーミュラ・プロトタイプをバカバカしいまでに拡大した平凡なサルーンカーで固めた、日本の恐ろしい「スーパーシルエット」クラス。

しかし、『グランツーリスモ7』の最新無料アップデートでは、このワイルドなプロトタイプのスカイラインが追加され、その一部を追体験することができるようになった。

日産自動車では、長谷見昌弘氏が'82-'83年のスーパーシルエットシリーズで使用したこのマシンを「外見は市販車に似ているものの、中身はフォーミュラカーに匹敵する」と解説している。

グループ5のレギュレーションで走るスーパースカイラインは、4気筒ターボのLZ20Bエンジンを搭載し、570psと539Nmのトルクを発生し、わずか1,005kgの車重を支えながら走り回っていた。当時はドライバーに向けて「朝食は軽めにしとけよ!」なんてギャグも飛び出したことも。長谷見氏は1982年に2勝、1983年に5勝を挙げている。

他にもこんなアップデートがある。2台のスパイダーにも乗れるようになるんだ。1台は言わずと知れたポルシェ 918、もう1台はマセラティのA6GCS/53だ。

後者は、スカイラインのようなボックス型的な美しさとは一線を画す、最も美しいレーシングカーの1台と言えるだろう。


=海外の反応=
「PSが定価で買えるようになるのを待っている。だからまだGT7をプレイしたことがない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/52526/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ