新型フォルクスワーゲン アマロックはフォード レンジャーをベースに、ガソリンとディーゼルのV6で登場



これは新型フォルクスワーゲン アマロックで、VWがフォードと協力して、これと新型レンジャーの両方を生み出したということが大きなニュースだ。

つまり、2代目アマロックには、おなじみのエンジンが搭載されるのだ。もちろん、何が用意されているかは購入する市場によって異なってくるけれど、世界的には148bhp、168bhp、201bhp、206bhpの2.0リッター4気筒ターボディーゼル車が存在する。また、238bhpと247bhpの3.0リッターV6ディーゼル(これも市場によって異なる)と、298bhpという高出力の2.3リッターV6ガソリンターボエンジンもあるのだ。

ギアボックスのオプションも同様に豊富で、5速または6速マニュアル、6速オートマチック、10速オートマチックがすべて用意されている。ほとんどの市場で全輪駆動が標準となり、フルタイムとパートタイムの2つのシステムが用意される。最近は、フレキシブルな勤務形態が主流になっているしね。

フォルクスワーゲンの商用車というからには、もっと本格的な数字がお好みだろうか?新しいアマロックは、以前からのシリーズの500mmと比較して、800mmの渡河深水になっている。ホイールベースは173mm長くなったが、トラック全体の長さは96mmしかないため、オーバーハングを減らしてアプローチとデパーチャーアングルを改善した。6種類のドライブモードがあり、最大3.5トンまで牽引でき、リアベッドの積載量は1.16トンになった。

ダブルキャブ仕様ならユーロパレット1台分、シングルキャブなら2台分の積載が可能だ。十分センスある変更じゃない?

VWは、アマロックを「オンロードとオフロードのオールラウンダー」と表現しており、それを反映したいくつかのトリムレベルが用意されている。標準は「Amarok」、「Life」、「Style」だが、「Aventura」(ロード仕様)と「PanAmericana」(オフロード仕様)という2種類の最高級仕様もある。

最も高価なバージョンには、「20以上の新しいドライバーアシストシステム」とLEDマトリックスヘッドライトが装備され、最大21インチのホイールが用意されている。


インテリアでは、レンジャーを踏襲し、中央のインフォテインメント・システムには、10インチまたは12インチの巨大なテーブルがオプションで用意されている。少なくとも、現代のVWにとって、適切なボタンがあることは確かだ。もしかしたら、自動車メーカーも商用車メーカーに追随していくのかもしれないね。

完全なアドベンチャー仕様にしたいって?バイクホルダー、手動または電動ロールカバー、荷台用ハードトップなど、アクセサリーが豊富に用意されてるので、ご安心を。また、ブルバー、アンダーボディプロテクション、シュノーケル、ルーフテントもある。

ピックアップファンの皆さん、いかがだろうか?


=海外の反応=
「フォードを買えばいいんじゃ?」
↑「正直、基本的には同じだが、VWのスタイリングが好きな人とかはいいと思うけど…」
「なんとなくもう古そう。特にあのゴールドやブロンズのペイントは」
「BEVバージョンも出してほしい。もしICEしか搭載されなかったら、それはそれで馬鹿らしい」
「フォードの品質がVWに匹敵するかはわからないけど、そうなれば他のブランドにとって最大のライバルになるかもしれない。デザインもいいし、あとは品質がしっかりしてれば…」
↑「フォードの品質はここ数年、着実にまともになってきている。一方、VWは変なプラスチックと分かりにくいユーザーインターフェースで少し衰退している」
「この車種は、見た目もさることながら、V6ターボディーゼルを搭載しているため、走りの面でも優れている」
↑「今出す新しいアマロックなら、少なくとも完全に電気バージョンをがある必要がある。そうでないと、ピックアップは、輸入を終了する可能性がある。リヴィアン R1T、GMC ハマー EV、フォード F-150 e-ライトニングなど」
↑「ヨーロッパは、アマロックやレンジャーにとっては、大きな市場ではない。この車は、南アフリカ、タイ、オーストラリア、および他の多くのようなエコ圧力に耐えられる常識的な市場のためのものだ。これらの市場での売上は、西欧の無意味なエコマニアが原因で失った売上を補って余りあるものである」
「このプロポーションの割には、コミカルなほどに小さいホイールだね。タイヤ込みで」
↑「ほとんどのピックアップトラック、特にオフロード用タイヤの代わりに全天候型タイヤを履いたロードベースのバリエーションに共通する問題だ」
↑「フォードはマーベリックを持ってくるしかない。ディーゼルオプションをつけて。このままでは崖っぷちなピックアプトラックはどうなっちゃうんだろう?」
↑「それは良いポイントだ。マーベリックはレンジャーよりも小さく、はるかにクルマとして使いやすい。ディーゼルで利用できる可能性があり、すでにハイブリッドとして利用可能だ。コストも低いし、レンジャーよりも欧州市場に全体的により適している。また、オペル コンボやVWキャディなどの小型バンや、通常はあまりうまくいかないピックアップの正当なライバルとなるだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/52021/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ