鳥だ!飛行機だ!いや、2,000hpのフォード エレクトリック スーパーバン 4だ!




このまったくもって狂気の沙汰としか言いようのない奇想天外な仕掛けが、新しいスーパーバンだ。フォードがトランジットにコミカルで強力なパワートレインを搭載するのは、過去50年間で4回目となる。約2,000bhpのパワーと1,800Nmのトルクを発生し、ご存知の通り、完全な電気自動車である。正式名称は、フォード プロ エレクトリック スーパーバン。長過ぎるんで、スーパーバン 4と呼ぶことにしよう。

なぜ今、4作目なのか?2020年に発売されたワンオフのマッハE 1400を覚えてる?マッハEが発売されていたことを思い出させるためにデザインされた、1400bhpのドリフトテイスト溢れる電動SUVだ。フォードは最近、Eトランジットの受注を開始したが、顧客をショールームに誘導するためのツールとして、これほどふさわしいものはないだろう。市販車の10倍以上のパワーを持つEトランジットに、トランスフォーマーが泣いて喜ぶようなボディワークが施されている。

このプロジェクトは、ある人がEトランジット カスタムにアングルグラインダーをかけて、フロアパンとバッテリースロットを残し、他には何も残さないようにしたところから始まった。その上に、特注のフロントとリアのサブフレームを備えたチューブラースペースフレームが、オールカーボンファイバーのボディに包まれている。重量は2トンになる見込みだ。

必要な航続距離と不必要な贅肉は、トレードオフの関係にあるが、用途に応じてバッテリーサイズを拡張することができる。現状での航続距離は?レースペースなら約35km(ニュルブルクリンク1周半)。ブレーキはアルコン製で、スチール製のディスクを使用しているため、さまざまな状況に対応できる。ダブルウィッシュボーンサスペンションとFIA仕様のフルロールケージが装備されている。さらに、最大2,250kgまで積載可能な脱着式トウバーのマウントポイントも用意されている。

バッテリーは4つの電気モーターに供給され、前部に2基、後部に2基、どちらも各車軸にデフとギアボックスを束ねている。つまり、ホイールごとのトルクベクタリング機能は失われるが、柔軟性は確保される。え、何?2,000bhpのフルパワーは必要なく、重量を少し減らしたい?モーターを1基、2基取り外すだけで、そのまま走らせることもできる。ポルシェ タイカンのようにフロントアクスルに1速ギアボックス、リアに2速ギアボックスを搭載することで、ラインからの加速が軽くなり(0-100km/hで2秒以下)、最高速度は322km/hを超える。このクルマで小包を配達したら、どんなに速く届くことだろう。採用したらアマゾンが喜びそうだ、なんて考えちゃった。

バス停を正面から真っ二つにしたような形は、空気力学的に決して理想的ではないが、フォードはそのトリックの袋を深く掘り下げている。ノーズに設けられたスロットベントから、車内を二分する巨大なカーボンファイバー製チューブに空気を送り込み、リアナンバープレートの上に吐き出すことで、空気がバンの上や周り、下に回り込むのを防いでいるのだ。さらに、フロントスプリッター、サイドスカート、ルーフマウントウィング、吊り下げ式のリアディフューザーに支えられたフォード GTスタイルのエアトンネルは、背面の空気の流れをきれいにし、まったくもって素晴らしい外観を実現している。300km/hで500kgのダウンフォースが得られるとフォードが主張している。

油圧式ハンドブレーキも装備され、フォードの「ザ バン」計画を物語っている。ホットラップ用、ドラッグスター用、タイヤを炙りながらドリフトする用、ラリー用の罰ゲーム用など、用途はさまざまだ。電気モーターの魅力は、パワーをどこに送るか、その可能性が無限なことだ。

ラリーとドリフトは近日公開予定だが、今のところ、マッハEから切り出した15.5インチのスクリーンには、ロード、トラック、ドラッグの3つのモードしか組み込まれていない。セッティングのサブメニューに入ると、ローンチコントロールに路面の種類を指示したり、グリップレベルをスライディングスケールで選択したりと、かなり凝ったことができるようになる。個人的には、タイヤクリーニングモード(別名、マッシブスモーキーバーンアウトモード)がお気に入り。

グッドウッドでは、現在VW ID.RでFoSヒルクライムの記録保持者であり、ル・マンで2度の優勝経験を持ち、ニュルブルクリンクとパイクスピークの電気コース記録を保持する伝説のマシン、VW ID.R で走ったロマン デュマが、このスーパーバン 4のステアリングを握り、デビューを飾ることになる。フェスティバル・オブ・スピードに行ったって?煙とゴムの焼ける匂いを辿れば、すぐにスーパーバンを見つけることができたでしょ?



=海外の反応=
「これでスティグが牛乳を届けたら…」
「サビーネ シュミッツがいれば、ニュルでこれを一気に手懐けられるのに」
↑「ホント、悲しいよね」
「さて、皆さんから投石器を持ち込まれる前に話しておこう。BEVはバンでは理にかなったトンになる。なぜなら、バッテリーパックを突っ込んで、各車軸にモーターをつけるだけだから。その上、積載量もかなりアップする。残念ながら、この車にはロールケージが付いているけど、より歩行者向けのトランジットEVは、中に電動輸送パレットを入れるだけだろう。将来の製品を予見させるコンセプトとして、これはいい感じだ。(でも、フォードGTのエンジンを積んでいるところも見てみたいね)」
↑「トランジットEVは既に存在する。それもすごくいいらしい」
「高速鉄道と呼んで放置しておけばよかったのに、っていう見た目」
「このようなことが起こるとは思いもしませんでしたが、これはまさにスーパーバンの復活だ!フォードがこの車を復活させたことに感謝します!実車を見るのが待ちきれない」
↑「そうだね、こんなマッドなコンセプトを見るだけで、また15歳になった気分になりますね😄!」
「フロントはアストンマーティンのデザイナーを起用したようだね」
↑「アストンには悪いけど、トランジットの方が100万倍くらいいい顔…」
↑「本当にあの醜いヴァンテージのようだね(笑)。少なくともここでは、可愛く見せようとはしていない」
↑「そういうの、初めてじゃない(フォード モンデオ騒動参照)」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/51365/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ