Appleがブラッド ピット主演、ルイス ハミルトンをプロデュースメンバーに迎えたF1映画を制作中

Apple Studiosは、『トップガン:マーヴェリック』のジョセフ コシンスキー監督による新しいF1映画の制作に取り組んでいることを明らかにした。ブラッド ピットが主演し、7度のF1チャンピオンに輝いたルイス ハミルトン卿もプロデュースに協力する予定だ。

全員参加か?いい感じだ。コシンスキーはもちろん、非常に優れた『トップガン』の続編(映画史上最もワイルドなアクションシーンがいくつかある)の世界的大ヒットを受けて、アフターバーナーをフル稼働させた状態で登場する。空中のドッグファイトができるのなら、320km/hで走るF1カー数台なんて楽勝だろう。

ストーリーは、ブラッド ピット演じる主人公が引退後、新人と一緒に「スポーツの巨人たち」を相手にレースをする、というものだそうだ。聞き覚えがあるな…。

ストーリーに関しては、今のところ以上の情報しかない。監督(コシンスキー)、プロデューサー(ハミルトン、ブラッカイマー、プランBエンターテインメント)、脚本家(エーレン クルーガー)、そしてもちろんApple Studiosだ。

詳しくは、続報を待とう…。


=海外の反応=
「ハミルトンは、キッチュなヒップホップのビデオクリップにしか出演しないのがお似合いなのに」
「最も過大評価された俳優と最も過大評価されたドライバー」
「この映画を馬鹿にするのではなく、自分が好きになるように努力すべきだろう。特に、iPhoneから映画を削除することが事実上許されないことを考えるとね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50360/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ