「トップガン:マーヴェリック」のスタッフにトップギアがインタビュー

エド ハリス演じる白髪の海軍元帥は、「君のような種族は絶滅に向かっている」と言う。「そうかもしれません」マーベリックは答える。「でも、まだ絶滅していません」

2022年最初の、そしてほぼ間違いなく最高の大ヒット作映画へようこそ。1986年に『トップガン』が公開された当時を知る人も、そうでない人も、この映画のタイトルを知っているに違いない。洒落たワンフレーズと、米海軍戦闘機の接近作戦というとんでもない映像、そしてもう80年代ではないからリアルじゃ見られない、プードルヘアのポップスのサウンドトラックがちりばめられた超スリックな「ハイコンセプト」である。さて、この新作「トップガン:マーヴェリック」は、オリジナルの衝撃を覚えている人たちのノスタルジーを刺激し、ストーリーと映像を成層圏の高みへと押し上げるものである。これは、CGIが飽和したマーベル・シネマティック・ユニバースに対するマッハ10での反論であり、純粋な映画エンターテインメントとして、これ以上ないほどの大作である。

トム クルーズ演じるマーヴェリックは、まだ大尉の地位から脱却しておらず、自分のコールサインの由来と理由を改めて示すシークエンスの後、降格して海軍のエリート飛行士養成学校「トップガン」で新入社員の訓練にあたることになる。前任者よりも多様性に富み、煩わしさもいくらか軽減された彼らは、不特定のならず者国家にあるウラン濃縮施設を破壊するという、死か栄光かのミッションに向けて準備中である。新米パイロットのルースター(マイルズ テラー)との微妙な関係、アイスマン(ヴァル キルマー)との感動的な再会、権力者との愉快な衝突など、様々なコールバックがある。ストーリーに関しては、これ以上語ることはない。

『トップガン:マーヴェリック』は、予想外にも、心と魂を持った映画だ。アドレナリンを大量に放出しながら、人生について考え、後悔や知恵が生じてくる。このバランスを取るのは難しい。だが、ジョー コシンスキー監督とクラウディオ・ミランダ撮影監督が、持続的なGフォースによる暴力的で胃の痛むスリルを、アクション映画の定義を変えるような方法で表現しているのだ。クルーズは熟練したパイロットで、自身のクラシックなP-51マスタングも登場し、若い俳優たちのためにトレーニング方法を考案した。この映画は本物であり、すべてのビートを感じることができる。

トップギアは、ジョン ハム、ダニー ラミレス、グレッグ ターザン デイヴィス、ジョー コシンスキーにインタビューを行い、そのハイテンションな全貌を明らかにした…。その全貌は「トップギア・ジャパン 049」でお楽しみを。

https://topgunmovie.jp


=海外の反応=
「そう、この映画、実はとてもいいんだよね」
「面白そう!見に行くわ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49730/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ