ベントレー、Rタイプコンチネンタルから70年かけて究極のグランドツアラーの称号を確固たるものにした

ベントレーは、その103年の歴史の中で最も有名な車の1つであり、コンチネンタルの名を冠した最初のベントレーである、Rタイプコンチネンタルの生産開始から70周年を迎えた。わずか208台しか生産されなかったRタイプコンチネンタルは、1950年代には現在と同じくらい珍しい存在だったが、ベントレーのベンチマークとして、またブランドのグランドツーリングのDNAを体現するものとして歴史にその名を刻んだのである。その理念とエクステリアデザインは、2003年の初代コンチネンタルGTのインスピレーションの源となり、それ以来、ベントレーデザインチームにインスピレーションを与え続けている。

Rタイプコンチネンタルの最初のプロトタイプ(OLG490の登録番号から「オルガ」と呼ばれる)は1951年8月に公道に出たが、生産が開始されたのは1952年5月、顧客への出荷は6月からだった。当時、この車は4人乗りの車としては世界最速であり、この座は2003年、現代のコンチネンタルGTに引き継がれた。また、最も高価な車で6,928ポンド(111万円)だったが、これは1952年の英国の平均住宅価格の約4倍だった。

チーフプロジェクトエンジニアのアイヴァン・エヴァーデンとチーフスタイリストのジョン・ブラッチレイの発案によるRタイプコンチネンタルは、当時『オートカー』誌で「長距離を走破する現代の魔法の絨毯」と評された。

戦前のコーチビルドのスペシャルモデル、「エンビリコス」ベントレーとMk Vコーニッシュの2台は、エアロダイナミクスの改善による利点を実証していた。1950年代初頭、アイヴァン エヴァーデンはこれらのワンオフ作品からインスピレーションを得て、Rタイプ ベントレーサルーンをベースとした流麗なクーペを製作。4,566cc直列6気筒エンジンの出力は140bhpから153bhpに引き上げられ、トランスミッションはより高いファイナルドライブ比とされた。プロトタイプは、パリ近郊のバンク付きサーキット、モンレヘリで5周して平均時速118.75マイル(191.1km/h)(ベストラップは時速120マイル(193km/h)弱)を記録した。

目標重量を達成するため、コーチビルダーであるHJマリナーは、ボディワーク、ウィンドウフレーム、ウィンドスクリーン周囲、バックライト、シートフレーム、バンパーをアルミニウムで製作した。重量を減らしても、タイヤの選択は重要で、2トンのクルマを時速115マイル(185km/h)で走らせることができる標準的なロードタイヤは存在しないため、ダンロップのミディアムディスタンス・トラックタイヤが指定された。

最初の生産モデルは1952年6月にオーナーのもとに届けられ、1955年の生産終了までに208台のRタイプコンチネンタルが製造された。そのうち193台はHJマリナーによってボディが作られ、また、パーク・ワード(ドロップヘッド4台、クーペ2台)、フラネー(5台)、グラバー(3台)、ファリーナ(1台)などが製造された。

ベントレーヘリテージコレクションは、RタイプコンチネンタルのシャーシBC16C、登録番号JAS 949を所有する誇り高きオーナーだ。JAS」は1953年に製造され、1953年12月に最初のオーナーであるスイスのローランド ゲナン博士に引き渡された。アイボリーにレッドのインテリア、マニュアルギアボックスの仕様で、オリジナルの4. 6リッターエンジンとともに現在もその仕様が受け継がれている。ベントレーモーターズは2001年にJAS 949を取得し、その趣きを大切に保存しながら、優れた機械的な状態を維持してくる。この車は定期的に運転され、ベントレーキャンパスや世界中のイベント会場に頻繁に展示されている。

現代の3世代のコンチネンタル GTはすべて、Rタイプコンチネンタルにインスパイアされたエクステリアデザインを採用している。フロントホイールアーチから後方になぞるエレガントな「パワーライン」、筋肉質で引き締まったリアハンチ、優雅に傾斜したルーフラインはすべて、Rタイプコンチネンタルの同じ特徴を現代的に解釈したもので、現代のコンチネンタルGTは、その先代と同様に優雅さと美しさとパワフルなスタンスのバランスを備えている。同様に、人数分の荷物を積んで高速で長距離を極めて快適に移動できる現代のベントレーの能力も、70年前のこの名車にルーツがあるのだ。最新のコンチネンタルGTスピードは、コンチネンタルの幅広い能力を融合させ、さらにシャープなダイナミックパフォーマンスを実現した。

この記念すべき年を祝して、ベントレーはチェシャー州のオウルトンパークで撮影されたGT スピードとJAS 949の画像を公開した。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49711/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ