日本のみ販売の軽EV 日産「サクラ」で、イギリスにも軽自動車導入の議論を活発化させよう

トップギアでは以前から、車両も法律も同様に変革をし、英国に素晴らしい軽自動車規制を導入すべきだと主張している。ほとんど日本でしか販売されていないと言ってよい軽自動車は、幅が1.5メートル以下、長さが3.4メートル以下であることが条件となっている。軽自動車は通常660cc以下のエンジンでなければならないが、日産の最新作にはこの規則が適用されない。

名前は「サクラ」。この軽自動車は電気自動車で、今年の夏に本国で発売される予定だ。

イギリスの都市や小さな村に、クロスオーバーやフルサイズのSUVは必要ないだろう。本当に必要なのは、小柄なサクラなのだ。4人乗りで107リットルのラゲッジスペース、室内には2つの巨大スクリーン(ドライバーディスプレイは7.0インチ、インフォテインメントシステムは9.0インチ)があり、日本での価格は補助金を適用すれば、わずか11,000ポンド(178万円)から買える。1回の充電で180km走行可能だ。

20kWhのバッテリーは、警告灯から40分で80%まで急速充電が可能で、家庭で一晩プラグを差し込めば8時間で満充電になる。

小型電気モーターは軽自動車規格に適合するよう64psを発生するが、最高速度130km/hには十分で、日産は低重心のため「軽快なハンドリング」が可能だと考えている。また、15色のボディカラーや4色のツートンカラーなど、豊富なカスタマイズオプションも用意されている。

イギリスに軽自動車があってもいいのでは、という議論に重みが出てきたってことなのだろうか。イギリスのみんなも、そう思わない?

=海外の反応=
「少し偏執的に聞こえるかもしれないが、これ(またはこれに似たコンセプト)は、おそらく都市型EVにとって最良のものだと思う。都市(または村など近距離の)運転のニーズに焦点を当てたものだ。
十分に小さく、非常に実用的で(そして、気取らない程度にかなり可愛い)、私のアパートは道路から離れているのだが、私の家の近くに充電器がなくても、家で充電することができる。もし、ハンドルが反対側*にあるモデルがあれば、それは私が真剣に購入を検討し、購入する最初のEVになるだろうね。
*そう、UKや日本の人はそれを間違った側と呼ぶでしょうが、私はたまたまヨーロッパのBrexit-landの反対側に住んでいるのだ」
「私は軽自動車の規制を、イギリスの現在の四輪車の規制と交換したい。これはスタイル、価値、安全性、機能においてシトロエンアミより大幅に改善されているように見えるが、ここには世界規模のマイクロカー問題があるように思う。アメリカではバイクとして認められる3輪車が繁殖しているが、他の国ではそうではない。日本は奇妙に小さなフットプリントを要求し、ヨーロッパでは非合法な速度制限を義務付け、ブレグジットのイギリスでは、熱心で経験豊富な電動スクーターの所有者は公共の場で使うことが禁止されている。だが、練習なしの人がレンタルして完全に合法的に歩道で混乱を引き起こすことができるという率直に言って不可解な姿勢を取っている!自動車メーカーは、政府を批判すべきだ。
自動車メーカーは、政府と議員の頭をいくつか勝負させて、電動自転車と電気自動車の間のギャップを埋めるものの世界標準を打ち出すべきだろう」
「僕の起亜のピカトのセカンドカーの代車(購入価格も含めて)として最適だと思う(同等のトヨタの方がエンジンが良いので良いけど…)」
「このような属性で、何が気に入らないんだろうか!この車は、街乗り用のセカンドカーとして最適だと思う」
↑「しかし、日産のSUV/クロスオーバーのオーナーがセカンドカーとして、サクラを選ぶんだろうか?」
↑「この値段なら、アイゴの代わりに1台欲しいな」
↑「僕も同じ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49411/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ