ランボルギーニが2024年に向けてハイブリッドのル マン ハイパーカーを製作中


ランボルギーニは、LMDhのプロトタイプを製作する意向を明らかにした。これは、伝説のサンタアガタの自動車メーカーが、熾烈で競争の激しいコピペの世界に挑戦しているように聞こえる。LMDhは「Le Mans Daytona hybrid」の略であり、このスケッチはスクアドラ コルセのトップクラスのレーシングカーを初めて見たときのものである。

つまり、手短に言えば ランボルギーニは、世界で最も有名な耐久レースで完全な勝利を目指すハイブリッド レーシングカーを製造しているのだ。

長い話が聞きたいって?それなら、2009年に遡る。だって、技術的な詳細も、スタイリングを示す大きな手がかりもないため、遠回りで行った方がいいかもしれないから。では、なぜランボルギーニなのか?ランボルギーニのボス、ステファン ヴィンケルマンはトップギアに、「2009年にワンメイクレースシリーズを始めたとき、我々は最初からそこにいたのです」と語った。「そして、最初はヨーロッパで、次にアジア太平洋地域で、最後に北米で成功したのです」

「これは認知度を高めるために論理的なステップでした。なぜなら、レーストラックでの経験は、我々のストリートリーガルカーにとって非常に有効だからです。そして、ここ数年の結果は、私たちに将来への展望を与えてくれました」

実際、ランボルギーニは2023年と2024年にハイブリッドを導入する予定であり、LMDhレギュレーションは同社の将来のスーパーカーのための完璧なテストベッドを提供するものだ。「一方では、成功したモータースポーツプログラムの認知度をさらに高めることになりますが、同時に将来のテクノロジーをテストすることも可能になります」とヴィンケルマンは語った。「私たちのLMDhプロトタイプは、4輪の上で最も洗練されたオープンラボになるでしょう」

ランボのプロトタイプは、世界耐久選手権とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の両方に参加することができ、どちらもトップクラスであるため、完全勝利を収めることだって可能である。LMDhのレギュレーションでは、各エントラントは4社のうち1社のシャシーを使用することになっており、ランボはまだどのメーカーのシャシーを使用するかは発表していないが、ハイブリッドシステムを搭載したものでなければならない。

しかし、エンジンはランボルギーニ独自のものとなり、そのスペックは今年後半に発表される予定だ。デザインについてはまだ少し待たなければならないが、ランボルギーニらしいデザインになるだろう。「来年はアヴェンタドールに続くモデルが登場し、私たちの60周年記念の年でもあります。ランボルギーニのDNAをLMDhのクルマに伝えるために最大限の努力をします」

ランボのモータースポーツ担当ボスであるジョルジオ サンナは、「LMDhを定義するレギュレーションは非常に実用的であり、ストリートカーと非常に近く、ストレートなデザインのリンクを持つことができるようになりました。会社のDNAを引き継ぐことが容易になり、私たちにとってデザインは、会社の戦略上、基本的な柱となっています」

「LMDhのクルマには大きな期待を寄せています。"ワオ(wow)"なファクターはこのクルマに存在することになるでしょう」と彼は付け加えた。

多くのメーカーがひしめくこの分野で、ランボはどのような結果を残すとサンナは考えているのだろうか。「目標は、最初から競争力を持つことです」と、彼はTGに語った。

「スポーツカーレースの最高峰へのステップアップは、わが社にとって重要な節目となります」と、ヴィンケルマンは付け加える。「私たちは、最も厳しい試験場で、最も優れた人たちと自分たちを比較することになるのです」

2024年に向けて。


=海外の反応=
「LMDhがLMHから勝てるようになった瞬間、WECはストックシリーズになる。LMDhと同じレベルのBOPが設定されているのに、なぜまだLMHマシンに投資するのだろう?」
↑「今、LMDhに行くことは、本質的にBチームに追いやられることになる。マルチマティックは、LMHを作るのに、基本的にポルシェの力を結集している。ポルシェでないなら、そのシャシーではおそらく勝てないだろう。リジェとランボルギーニ、BMWとダラーラ、そしてアルピーヌとオレカも同じ状況だと思う。
大手メーカーはLMDhにかなり真剣に取り組んでおり、今ではほとんど差はない。どちらかというと、プライベーターにもっとクルマを売って、費用対効果を上げることに貢献するだけだろう。もし、遅れていて、勝ちたいのなら、一部のメーカーがLMDhから離れない限り、LMHに全力を尽くさなければならないだろう」
「2024年のLMDhにはアウディ、ポルシェ、ランボルギーニが出走することになるね。LMDhのルールでは、いくつかのメーカーのLMP2シャシーをコントロールしなければならないとされているが、ランボルギーニはどこのメーカーを選ぶのだろうか?」
↑「ランボルギーニは自社製エンジンを使用することを確認した。また、アウディはLMDhプログラムを保留にし、噂では、彼らは今、ポルシェよりも集中的な取り組みを持っている可能性が高いF1にも参加するおかげで、力を残しているかもしれない。
しかし、いずれも確定したわけではないので、話半分で受け止めることになる」
↑「ランボがアウディの座を奪ってるようにしか見えないんだけど」
↑「私も最初はそう思っていた。しかし、もしそうだとしたら、アウディのこれまでの研究を生かし、そのエンジンやシャシー、空力を使わないというのは奇妙なことだ。その代わり、ゼロから作り直すというのだから(まあ、エンジンは違うかもしれないが、V10を使わない限り、ただのリバッジかどうかは誰にもわからない)。アウディの予算をLMDhに割り当てただけで、彼らの研究としては何もしていないようだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49178/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ