ベントレーの中で最も効率的なモデルとは?その答えは、平均CO2排出量が75g/kmのフライングスパー ハイブリッドだった

ベントレーの中で最も効率的なモデルとは?モデルレンジで2番目の電動式グランドツアラーである新型フライングスパーハイブリッドは、これまでで最も効率的で経済的なベントレーとして認定された。WLTP認証と型式認証を取得したフライングスパーハイブリッドは、平均CO2排出量がわずか75g/kmという数値を記録している。

フライングスパーハイブリッドの導入により、ベントレーのハイブリッド車のラインナップが初めて確立され、エンドツーエンドのカーボンニュートラルな組織、そして世界をリードする持続可能な高級モビリティ企業を目指しているベントレーの姿勢がより明確になった。認証を取得したフライングスパーハイブリッドは現在、英国および欧州で注文を受け付けており、他の市場でも近々発売される予定だ。2025年にはベントレー初のバッテリー式電気自動車(BEV)が導入され、2030年には完全にBEVのみのモデルポートフォリオとなる予定だが、2024年までに全モデルにハイブリッド車のオプションが用意されることになる。

フライングスパーは、ハイブリッド化しても豪華さや性能に妥協はない。内燃エンジンと電気モーターが見事に融合し、ドライビングモードやスタイルに関係なく、洗練された静寂がもたらされる。

高効率のエンジンと先進のEモーターを組み合わせることで、現在販売されているW12やV8パワートレインと同様の柔軟性と実用性を実現し、レスポンスがよく、魅力的で最高に洗練された体験を実現している。

新しいパワートレインは、2.9リッターV6ガソリンエンジンと先進の電気モーターを組み合わせ、合計544 PSと750 Nmのトルクを発生している(ベンテイガ ハイブリッドと比較すると95bhp増加)。新型フライングスパーは、燃料満タンで800km以上走行できるベントレー史上最も効率の良い車となっている。

高い出力貯蔵量、優れたトルク、素早いスロットルレスポンスにより、最新のハイブリッドモデルはフライングスパー V8に加速でほとんど引けを取らず、静止状態から97km/hを4.1秒で通過(0-100 km/hは4.3秒)。この新しいパワートレインは、燃料消費量を大幅に削減しながらも、ベントレーならではの洗練された性能を実現している。

Eモーターは18.0 kWh(使用可能)のリチウムイオン電池を搭載しており、わずか2時間半で100%まで充電することができる(地域により異なる)。パワーエレクトロニクスは、高電圧バッテリーから蓄えられたエネルギーをEモーターに供給したり、既存の12V車両電気インフラを補完するために変換する。

美しい素材と現代的なデザイン
フライングスパーのインテリアには、他の追随を許さない豪華さと革新性を備えたモダンなキャビンを作り上げるベントレーのノウハウが生かされている。豊富な仕様の中から、15色(標準5色、オプション10色)のレザーカラーと8種類の化粧板を選択し、独自の仕様を作成することができる。ステッチやエンブレムもブラインドカラーやコントラストカラーで指定できるほか、1950年代の初代フライングスパーを彷彿とさせるコントラストパイピングをシートカバーに施すオプションも用意されている。

ベントレーの伝統を踏まえつつ、クラフトマンシップも進化を続け、3Dレザードアパネルやシートのロフトダイヤモンドキルティング(マリナードライビングスペシフィケーションに含まれる)など、現代的な機能も実現している。

さらに、オーナーはマリナーとパーソナル・コミッションを含む60色以上のエクステリア・カラーから指定することも可能だ。ブラックラインスペシフィケーションでは、オプションのイルミネーション付き電動フライングBのダークバージョンなど、エクステリアの明るい装飾を現代的に変更することができる。

販売店での受注が可能になったフライングスパーハイブリッドの発売は、ベントレーが世界で最も持続可能な高級車ブランドとなるためのビヨンド100の次のステップの一つに過ぎない。この先も進んでいくのだ。

【マンション経営】

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/48829/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ