フェイスリフトした新型BMW X7は、ボタン削除と激おこ顔で、400%不快感がアップ

未来へようこそ。BMWによると、改良型X7の顔はこのクルマだけに登場するのではないという。スプリットヘッドライトを採用し、さらに角張った表情は、実はもうすぐすべての「ラグジュアリー」BMWに登場するんだっていうね…。まあ、皆さんが新しい7シリーズにワクワクしてもらえるといいんだが。

とりあえず、BMWのSUVの中で最も大きく、最も高価な車であるX7に話を戻そう。今回のアップデートは、高級感を高め(新型レンジローバーにマウントを取るため)、技術を追加し、さらにアグレッシブな外観にすることを計画した。ってことで、ミッションコンプリート。

ヘッドライトは分割され、上部のLEDランニングライトがX7の顔に「目」を与え、メインのヘッドライトは下に移動している。そして、グリルも大きくなった。そして、オプションでライトアップも可能だ。標準のX7ではまだ物足りないって人がいるの?だったらMスポーツが、さらに猛烈だ。

このモデルは、BMW史上初めて23インチホイールを標準装備したモデルである。その大きさは、BMWが初代M3に装着したホイールの直径が15インチであったことを考えれば一目瞭然だ。進歩に乾杯。

インテリアでは、BMWはいくつか悪い選択をしている。主にボタン類を削除し、ダッシュボード上に空白のスペースを設け、よりミニマルでクリーンな印象を与えるようにデザインされているのだ。エアコンを調整したり、シートヒーターをかけるには、電気自動車のiXに搭載されている14.9インチの巨大な曲面ディスプレイの中に入らなければならない。

グレイトだ。人々は2.5トンの超大型戦車で、ボタン1つをタップして目的地を見るために戻る代わりに、画面のサブサブメニューを突っついて進むことになるってことだよ。どうだい、この進歩は?

7つのシートはすべて電動で、(ありがたいことに)適切なボタンに触れるだけで折り畳むことができ、BMWがまだ完全にインテリアデザインの理性を失っていないことを証明している。さらにパワフルなツインターボV8をボンネットの下に搭載しているため、罪悪感を和らげることができる。

X7には48ボルトのハイブリッドブーストが搭載されている。X7 M60i V8は最高出力523bhp、それほど急がないのであれば3.0リッター直列6気筒374bhpもある。X7 40dのディーゼルは332bhpとなり、どのモデルも4輪駆動で、最新の8速オートマチックギアボックスが標準装備されている。

エアサスペンションも標準装備で、BMWによれば、スマートフォンから車高を調整できるアプリを開発中とのこと。もし、そのためのボタンがあればね…どうでしょ?


=海外の反応=
「BMWの粗利率は、2012年以降、絶対的にストンと横ばいだ。少しも伸びも縮みもしない。つまり、彼らの空回りはすべて無駄だったのだ。見栄えがよく、走りのいい車を作り続けることもできたはずなのに、代わりにモンスターを作ることにしたのだから。だが本当の悲劇は、このことが彼らを苦しめてもいないことだ」
「吐き気がする!見栄っ張りで自称高慢ちきな人たちのための派手な見せつけモービル!」
「中国のものをドイツでコピーしたもの」
「極端なデザインは、新型レンジローバーがかなりすっきりしているからかな?RRは市場を持っているので、対抗するには他と違うものにするしかないのでは?確かに違うんだけど…」
「X1の醜さを7倍に拡大したような感じ」
「エクステリアデザインの面では、現行モデルよりも改善されていると言えるだろう」
「恥ずかしい、予想通りだけど」
「BMWがiXより醜い車をデザインできるとは思わないが、彼らが挑戦を止めることはない。iX、XM、そしてこれの間で醜い争いが繰り広げられているが、実はここで敗者となるのは我々だけである」
「近いうちに高速道路で尾行しているようになると思う」
「少なくともインテリアは素敵」
「おいおいおいおい、このフロントは、見た目が悪いな。世界で一番変わった見た目のものを作るって、どういうプランニングなんだ?」
「これはやりすぎ」
「BMW は、その車とこの新しい X7 のデザインに関して取っているこの方向性は、以前よりも醜いが、少なくとも今より「ドイツ」らしさを感じているので、前より良い。X7はX5をストレッチしたもので、7シリーズをベースにしたSUVではないこと、ちょうどGLSがSクラスについて(GLEをストレッチしただけ)、そしてどちらもアメリカ人のためにアメリカで生産、設計されていることをすでにわかっている。それは、以前のX7のバンパーの角ばったライン(GLSはもっと隠れている)に非常に顕著で、私は好きだが100%BMWという感じではない。フェイスリフトのおかげで、未来の7シリーズのように見えると同時に、よりヨーロッパ的なイメージを発信することができ、二つの目的が一挙に達成された」
「プーチンの良心が志向するクルマ。つまり、そんなものはないってこと」
「'BMWのSUVの中で最も大きく、最も高価なもの'というのが、これを注文する人たちの関心事だろう。BMWは今でもガソリンヘッド向けのクルマを作っているが、これはその一つではなく、M3エステートを生産していることを会計士に正当化させるために作っているのだ」
「G31 540をずっと持っていなければならないようだ…。泣けるわ」
「'2.5トンの超大型戦車で疾走する'というのが気に入った。ハイブリッドモーターとバッテリーがない旧型の総重量は3.2トンくらいで、今回も軽くなることはなさそう」
「ありえない。とにかく悪化している」
「エイリアンと昆虫のマッシュアップのような新しい外観は、慣れるまで少し時間がかかりそう。空調をタッチスクリーンで操作できるようになったのは、予想外だった。ファンの回転数を変えるのは、ドアノブを開けるのと同じように直感的にできるはず。ドライバーは、赤信号になるまでエアコンを調整するのを待たなければならない。しかし、それでも注文書はどんどん埋まっていくのだ」
「デザイナーは学生時代にいじめられたとか?なんで過剰に補正してどんどん攻撃的になるドイツ車が必要なんだ?」
「X7は元々格好良くなかったから、さらに醜くされても怒らないよ。でも、あのヘッドライトは、7シリーズにさらに大きなグリルをつけてくるから覚悟しとけよ、今のは目障りだ。次の5代目では保守的であることを祈ろう。でも、保守的とデザイン言語は、BMW本社ではあまり相容れないものなんだよね」
「かつて自動車産業は、人間の創意工夫、イノベーション、エンジニアリング、芸術性が織り成すシンボルだったが、今や人類がどこまで堕ちてしまったかを示すバロメーターになってしまった」
「マグナカルタ、DB5、ロザムンド パイク…。あなたの島(英国)は、この1000年の間に3つの正統なデザインのものを生み出した。このX7は、まさにそんな感じがする」
↑「この車はある特定の…国民をターゲットにしているのではと疑っていました。美的感覚は、あなた次第かもしれないね」
「さてさて、メインライトとDRLを分離したのが最近の流行なんだろうかね?とてつもなく醜いけれど、夜間に運転するすべてのドライバーにとって、対向車線でこの車に遭遇する可能性がある場合、少なくとも目がくらむことはないだろうから、この新しい変化を歓迎したい」
「嫌いじゃないけど、なんでちゃんとしたBMWに見えないんだろう?LCI以前の車は、デザインにまとまりがあり、BMWらしさが出ていて、最初から純粋に好きだったのに。シトロエンのヘッドライトは本当に必要なかった…」
「この会社はこれ以上悪くならないと思っていたのに」
「以前は40iがV8、50iがV12を意味していた。現在では、50iがV8を意味していたのと全く同じモデルで、60iがV8を意味している。BMWの背中の数字は、もう意味がないのだ。ルックスについては、BMWの見事さに慣れている私たちには、このクルマが醜く見えるだけなのだ。これは本当に気持ち悪いヒュンダイだろう。パリセードっぽいかも?」
↑「ヒュンダイでさえ、今はもっと格好いい車をデザインしている。もう何年もそうしているけれど。パリセードは見栄えのする車ではなかったが、少なくともイギリスのペースト、マーマイトのようなものだった。つまり、おいしくないけど、日常生活には欠かせないっていう。しかし、その大胆でシャープな味を気にしない人もいれば、楽しむ人もいたし。ところが、これは…ちょっと理解しがたい。横から見ると、X1やX3をさらに不細工にしたような、あるいはコンパクトピープルムーバーのプロポーションに、そのどちらかを組み合わせたような、全体的に醜いものだ。しかし、フロントとリアがそうなってしまうことで、表面とラインと形状が、あらゆる方向にぎくしゃくしてしまうのだ。そのどれもがまとまりがなく、フロントはある角度から見ると壮観なまでに攻撃的で、リアはただ貼り付いているように見える」
↑「このように、「60i」の名を冠しながら、実際の「M50i」と同じパワーを発揮するフェイスリフトは、パワーアップしていないことが最大の問題だ」
「ダメ、絶対。やめてー」
「正直なところ、これは期待していたよりも良い。特に、あのおぞましいXMコンセプトと比べると。とはいえ、M60バージョンでないと、絶対にひどい顔にはならない。まあ、そうであっても、きれいとは言えないけどね」
↑「XMの方がまとまりがある。こちらはビジュアル的にチャレンジング」
↑「XMのまとまりはどうなんだろう?バラバラな線が多くて、ものすごくビジーなんだよね。これはクーペのボディスタイルがない分、すっきりしている。X7の顔は標準仕様には似合わないが、XMというバッジのついた怪物よりはまだまとまっていると思う。だから、XMの方がよりまとまっているというのは、どう考えてもおかしい」
↑「XMはすぐに気に入った。新しいX7は…1ヵ月後に私の味覚で確認させてほしい」
↑「もう少し詳しく勉強してみて。XMは、車両の各セクションやスタイリングエレメントのグループが、他の部分から切り離されて、1台の車両にまとめられたように見えるため、視覚的にまとまっていないんだ。強いて言えば、全体のデザインはまとまっていないけれども、個々のセクションはまとまっている、と言えるだろう。たとえば、フロントは醜く、車の他の部分とマッチしていなかったが、それを単独で見て、さまざまな角度からそのディテールを研究すると、ある種のまとまりがあり、その部分については独自の内部設計ロジックに従っていた(グリルのデザインは、長いボンネットの形や比率とより関係があるため、グリルは無視)。XMは全体として、はるかに、はるかにシンプルなデザインだ。ただ、他のデザインの大きな塊と調和しないデザインの塊があり、それらの塊はとにかく醜い側だったけど。一方、これは全く別のデザインでまとまりが感じられない」
「笑)何を考えているのだろう。でも、私たちがどう思おうがなんて関係なく、自分たちの道を進み、それでもたくさん売れるんだ」
「病みそう」
↑「BMWは何が何でも史上最も醜い車を作る気なんだな」
↑「本物のボタンと画面が絶妙にミックスされた最高の内装から、こうなったのは驚き。文字通り、ダッシュボードに2つの大きなスクリーンを貼り付けただけ。まともに実装しようともしていない」
↑「それでも何千人もの人が買いに来るだろう。良いセンスはお金では買えないからね」

ピックアップ

アーカイブ