トヨタが300hpのGR カローラを発表したけど、どうせイギリスには来ないから1mmも欲しくなんかないもん…


結構ですぅーーーーーっ!もとから欲しくもないんだし。なにしろイギリスはホットハッチが嫌いなのだ。特に、300馬力の四輪駆動車とマニュアル変速機が大嫌い。400馬力以下のクルマなんて、イギリスの道路は目を覚まさないってのは有名な話だ。日本での発売は2022年後半を予定されてるらしいけどさ。

なのに、である。ここに、トヨタが現在取り組んでいる、元は一般に「スパイシーじゃない」とされるクルマのバッジにスパイスを効かせる作戦の最新弾があるのだ。それはモータースポーツで培われたホットハッチで、弟分のGRヤリスと同様、パンチの効いたターボエンジン、高いグリップとパフォーマンスを特徴としているっていう…。マジかよぉ(泣)

トヨタの豊田章男社長は、「顧客を魅了する」カローラを復活させるという計画を立てていた。だったら、GR ヤリスのエンジンは、そのスタート地点として最適でしょ?1.6リッター直列3気筒にシングルスクロールターボを搭載したこのエンジンは、背圧を下げるための「バルブ付き3本出しマフラー」、マルチオイルジェットピストン冷却、大型排気バルブ、部品加工された吸気などが、このカローラにも受け継がれた。

カローラの膨らんだ脇腹には、十分なパワーとトルクが備わっている。300bhpと370Nmで、ヤリスの257bhp/360Nmより健康的に向上している。カローラスポーツのボディをベースに、フロントとリアのトレッドを拡大し、全幅を拡大(それぞれ60mと85mm)。

日常では60/40、サーキットでは50/50、そして「ワインディングでの走りの良さ」を追求した30/70と、前後パワーを振り分けられる。そういえば、トヨタがフォーミュラ・ドリフトのイベントで発表していたっけね。

前後リミテッド・スリップ・デフ、標準装備の6速マニュアル・ギアボックス(ショートスロー、レブマッチング付き)、派手なブレーキ(ベント式ディスク、アルミキャリパー)、ボディパネルのアルミ化(車重1474kg)などがピックアップされている。カーボンルーフを装備した「サーキットエディション」もある。

デザインもパンチが効いている。フレアアーチ、グロスブラックのディテール、18インチ、機能的なエアダクトを備えたボンネットの膨らみ、リアスポイラーなど、より派手なビジュアルの変更が施されている。室内には12.3インチディスプレイ、「GR」メーター、合成皮革/スエードシート、そしてサーキットエディションを選ぶなら、高性能ステレオが装備されているのだ。

とにかく。どれもこれも、面白くなさそうだし。とにかく、1mmも欲しいとも思わなかったもんね(ウキーッ!

トヨタ GR ヤリスレビュー:10/10の満点車

=海外の反応=
「善良な皆さんは、GR ヤリスを手に入れました。私たちは手に入れられなかった。だから、これを使わせてほしい。お願いします。スポーティなハッチに飢えているんだよーーー」
「NZに住んでいて、やっとクルマの面だけで利点があった。GR ヤリスもGR カローラも来るもんね」
「これだっ!これは素晴らしい。銀行口座を破産させる時間が来たぞ」
「昔のインプレッサ WRXハッチを思い出す。
「狐と葡萄のイソップ童話だね」
「トヨタが今やっていることが大好きだ。彼らは他の多くのブランドをかなり退屈に見せている」
「まったくもって醜い。ホンダとCTRの経験から何も学んでいないのだろうか?」
↑「その運転席で楽しく過ごす分には、そんなことはどうでもいいんだ」
↑「見た目は好きじゃないけど、先代のタイプRは過去最高に売れたのではないだろうか?」
↑「何と比較して?先代と?ええ、おそらくそうだろう。しかし、その売上を他のメーカーの少し平凡なもの、例えばゴルフ GTiと比較すると、上をいく要素はどこにもなかったんだ。私は、CTRよりも道路上にはるかに多くのGTiが走っているのを見ている。また、フォーカス ST、M135i、I30Nなどよりも珍しいのではないだろうか。パワーもあるし、走りも素晴らしいはずなのに、なぜ人気がないんだろう?」
↑「マドリードではST、M135iとi30Nまたはゴルフ Rよりもタイプ Rを見ることがより一般的だよ。GTiがより人気があることを認めるが、それは安いからという理由もある。
タイプ Rは、「次世代」シビックが登場した瞬間に、ホンダにタイプ Rが登場することを誰もが知っているようにするほど人気があった。この車は確かに醜いけど、あなたが言うほどには、人々は気にしていなかったようだ。CTRは醜く、少なくともRのオーナーは、あなたよりもそれを気にしているように見える」
↑「私は40歳を過ぎているが、実はこのフーリガン風のデザインが好きなんだ。とてもトヨタ自動車とは思えないが、それはそれで悪くはないんだよ」
「3本の排気管か…。458やF40のように一緒になっていればOKなんだどね。今のままでは…私にとってはうまくないなぁ」
「そろそろGRのホットハッチが欲しいなー」
↑「こんにちは、あなたにとってヤリス GRとは何ですか?」
↑「ほっとけ。彼はおそらくアメリカから来たのだろう」
「インテリアも良さそう」
「これを理解するのを助けて。GR ヤリスが完売し、i30 Nがヒットした(ターゲット層が同じ)にもかかわらず、ヨーロッパで販売しないってんだから。i30 Nよりはるかに高価になるか、トヨタが欧州でCO2の打撃を受けてしまうのか、どちらかだろう」
↑「EUではカローラよりヤリスの方が売れているから、これが売れないんだろうね」
↑「カローラは、少なくともイギリスではほとんどLoveをゲットしてない。標準的なカローラの販売のほとんどは、個人顧客よりもむしろフリートやレンタル会社向けだと思うよ。アジア・アメリカ地域では、カローラにはもっと大きな関心があるんだろうね」
↑「プラス年金受給者も入れといて」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/04/47253/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ