グランツーリスモ 7:不具合についての対応が発表

「グランツーリスモ 7」の最近の動作不具合は、1.07アップデートのリリース直前に拾った予期せぬ「問題」の結果であったという。

GTの生みの親である山内一典は、PS4およびPS5のいずれにおいても、「場合によっては」GTの最新作が正常に起動しないことがあると説明している。

「これはリリース前のQAセッションの開発ハードでのテストでは見られなかった稀な問題でしたが、ユーザーのセーブデータの安全性を優先するため、1.07アップデートのリリースを中断し、1.08修正アップデートを行うことにしました」と山内氏は述べている。

そのため、先週ユーザーが気づいたように、2時間の予定だったメンテナンスのダウンタイムが30時間以上に伸び、ゲームはほとんどプレイできない状態になってしまった。その上、1.07のアップデート自体がイベントの報酬に関するもので、現在は変更されている。このアップデートにより、イベント完了後に与えられるクレジットが削減され、このことは多くのGT7プレイヤーを怒らせてしまった。

「GT7では、マイクロトランザクションがなくても、たくさんの車やレースを楽しんでもらいたいと思っております」と山内氏。「同時に車の価格設定は、その価値や希少性を伝える重要な要素なので、現実の価格と連動させることが重要だと考えています」

山内氏は、「プレイヤーが機械的に特定のイベントを何度も繰り返しプレイしなければならない状況」からは脱却したいと語った。これは基本的に、より良いGT7マシンを「買う」ためのゲーム内クレジットを獲得するために、同じレースをこなすということだ。

「この問題を解決するための追加コンテンツ、追加レースイベント、追加機能のアップデート計画をお知らせします。現時点では詳細をお伝えできないのが残念ですが、今後もより多くのユーザーの皆様に楽しんでいただけるよう、GT7を進化させていく予定です」

「皆様には、もう少し長い目で『グランツーリスモ7』の成長を見守っていただければと思います」とも述べているので、もうちょっと待っていよう。
「グランツーリスモ 7」のレビューを読む
GT7で最もクールな23台のクルマはこれだ



=海外の反応=
「レースゲームの評価がこれほど早く下がったのは初めてだと思う」

ピックアップ

アーカイブ