「グランツーリスモ 7」PS5のデュアルセンスコントローラーとの組み合わせで直感的なハンドリング

「グランツーリスモ」の新しいナンバリングタイトルが登場したときの感動は、言葉では言い表せないほどだ。ここ数年、クオリティの差こそあれ、『スター・ウォーズ』の新作が登場していたときの表現が近いだろうか。手近に便利で陳腐な例えがなければ、「今年一番のレーシングゲームニュース」とでも呼ぶしかないだろう。

しかし、PlayStation 4とPlayStation 5で発売される「グランツーリスモ 7」そのものは、その高い期待に応えてくれるのだろうか?まあ、イエスでもありノーでもある。安心してほしいのは、『GT』のクオリティの高さはまったくもって比類がないことだ。これまでゲーム内で見たことのないほど精密にモデリングされ、最も美しいテクスチャーで、最高にピカピカに輝くクルマが登場する。特にPS5のデュアルセンス(DualSense)コントローラーとの組み合わせでは、手のひらを通して驚くほど多くの情報が伝達され、ハンドリングも見事に直感的だ。ブレーキのロックからギアシフトの重厚な感触まで、通常はハイエンドなシミュレーターを所有している人だけが味わうことのできる感覚を、本作でも味わうことができる。

長年のシリーズファンから最も期待されているのは、GTモードの復活だろう。中古のロードカーを広告から取り出してモータースポーツの頂点に立つまで、膨大な数の車を集めるキャンペーンが行われた。それがGT 7のワールドマップという形で復活したわけだが、同じファンを苛立たせるような根本的な変化があった。最後のライセンス試験で金メダルに挑戦するよりも、さらに。

1人用ゲームの進行は、以前よりもかなり規定されるようになった。以前はクルマの選択や参戦するレースの選択も、自分の選んだ道筋に沿ったものと感じられたが、「GT7」では、気づくと怖がる4歳児よりもきつく手を握っている。新参者にはとっつきにくいかもしれないが、これまでのGTモードと比べるとキャンペーン終盤まで制限があるように感じられ、マシンを蓄積することは入念にキュレーションされた自分だけのガレージというより、クリアすべきチェックリストのようになっている。

さらに、賞金のケチっぷりや、ルーレットで小銭かマツダ アテンザのカムシャフトが出るといったような絶対的に残酷な展開も相まって、このゲームがリアルマネーを使う方向へやたらと押しやり、夢の車への道を稼ぐことからますます遠ざかっていると感じずにはいられない。

これが最大の不満点だが、おそらく唯一の不満点だろう。サーキットでのドライビング体験は見事で、チューニングオプションはこれまで以上に充実している。また、ダイナミックな昼夜システム、局所的に変化する天候には特に感銘を受けた。この2つのワイルドカードは、レースイベントに質感と多様性を与えるもので、すでに何百周も走ったサーキットに戻っても、前回とまったく同じ体験ができるとは限らない。というのも、前作『GT Sport』との重複コンテンツが多いから。現代の『グランツーリスモ』ゲームに登場するクルマは、システィーナ礼拝堂の壁画に相当する3Dモデリングなので、まったく新しい車両があまりないのは当然といえば当然だ。

また、メインメニューにある「ミュージックラリー」モードは、なぜか短時間のお楽しみとして用意されている。よりカジュアルなドライビング体験になるよう設計されており、タイヤの磨耗の兆候に耳を傾けることに集中するよりも、折衷的で率直に言って奇妙な選曲の音楽に合わせて運転することに重点を置いている。杓子定規な言い方だが、スピーカーから流れるハンガリー民謡がエンジン音をかき消し、ギアチェンジを失敗しやすくなるのも事実だ。

もっとも、『グランツーリスモ 7』は広大で魅力的なレースゲームであることに変わりはなく、仕事や家庭、衛生面を犠牲にしてでも何時間でもプレイできるだろう。とくにPlayStation®5でプレイすると、その美しさに圧倒されるはずだ。だってこのゲームは、レースを完走した後、クルマに見とれてリプレイをずっと見ていられるようなゲームなのだから。しかし、残念ながら我々の脇の下の状態から推測するに、「グランツーリスモ 7」は仕事の時間を奪い、懐が深くて素晴らしいゲームに注ぎ込む時間を倍増させるだけだろう…。

シェアドアパートメント

=海外の反応=
「いいニュース!もちろんオーダーしたよ。でも、今までで一番高い買い物だったかも…。アニバーサリー エディションは10,000円以上したのに」
↑「なかなか良さそうだね。PS5を手に入れるのはかなり無理があるのが残念」
↑「僕は運よくPS5を予約したけど、他の多くの友人は在庫情報を使って手に入れた。でも、まだ店頭に並んでいないのは残念」
「もしホイールを使っているならば、おそらくホイールもアップグレードしなければならないだろう。3と4はそうだったよね」
↑「ロジクールG29は数年前から発売されている。PS3、PS4、PS5、PCで使用可能。XBoxでも使えるかもしれないが、試したことはない。でも、PS4でもゲームは動くので(おそらく、これほどきれいなものはないだろうが、金曜日にわかるだろう)、今は満足している」
↑「僕もそうしているよ。PS4買ったら時期が来たら10ポンド(1,550円)でps5にアップグレードできるとか言ってなかったっけ?」
↑「PS4と5ライセンスである25周年記念版を購入した。GTスポーツで23,119km走ったので、法外な値段でもかなり良い¥/km比」

ピックアップ

アーカイブ