フォードが2024年までに2台の新型電気クロスオーバーと新型プーマEVを発表

フォードは、欧州における電気自動車の将来計画を具体化した。2024年にフルバッテリーのプーマを、2023年と2024年にプーマとマスタング マッハEの間に位置するEVクロスオーバーを発表する予定である。

この2台の中型車は、VW MEBの電気プラットフォームをベースにする予定だ。フォードは、これらを「ミディアムサイズ・クロスオーバー」と「スポーツ・クロスオーバー」に分類しています。VWのID.4とID.5をイメージしてほしい。

しかし、VWのクローンじゃない。欧州フォードのボス、スチュアート ローリーは「高度に差別化され、フォードにしかできないクルマ。フォードのような外観、フォードのような走り、フォードのソフトウェアを使ったユニークな所有体験ができる」クルマだと言っている。VW車のソフトウェアの問題を考えると、これは良いことかもしれない。

プーマはすでにヨーロッパでフォードのベストセラーになっているので、電気自動車版も登場する可能性があります。ローリー氏によれば、欧州でマスタング マッハEを購入する10人のうち9人はフォードを初めて知った人だというから、このEVへの取り組みは、フォードのリポジショニングに役立つはずだ。

また、電気自動車のトランジットもラインナップに加わる。電動バンには3つのサイズがあり、小さい方の2つはトルネオのピープルキャリアー仕様になる。2トンクラスの電動トランジットは、すでに発売段階に入っている。その中で最も小さいクーリエとトルネオ クーリエは新世代となり、プーマと同じプラットフォームがベースになっている。

フォードは、2030年までにヨーロッパで販売するすべての自動車を電気自動車にすると言っている。バンの場合は2035年だ。製造は、サプライヤーや物流を含めて、2035年までに欧州でCO2ニュートラルにするとしている。「消費者や社会が我々に期待していることだ」とローリーは言う。

2024年、フォードはドイツでミッドサイズ・クロスオーバー用のバッテリーの製造を開始する。また本日、フォードはトルコでバン用バッテリーを製造する契約を締結し、年間30-45GWhのバッテリーを製造するという。

フィエスタとフォーカスが直接置き換わることはない。ローリーは、この2台がちょうどフェイスリフトされているが、「さらに発表することは何もありません」と指摘する。それはかなり明確になっている。あと3年足らずで、ギブあるいはテイクということだ。

クーがはPHEVとして販売され、おそらく中型EVクロスオーバーに向かって移行するための寿命が見えてきた。エコスポーツは、私たちに嘆かれるひまもなく、今年末に死を迎える。

ハードではなく、サービスを売ることに重点が置かれ、全体として販売台数が減るということだ。フォードでは基本的に販売ではなく、利益を追求しており、必然的にヨーロッパの少なくとも1つの工場が閉鎖され、人々が職を失うことになる。

しかし、グローバルバンの製造は、エセックス州のダントンで継続される。「これは非常に重要なことだ」とローリーは言う。電動パワートレインは、マージーサイド州のヘイルウッドで製造される予定である。エセックス州のダゲナム工場では、ディーゼルエンジンを製造しており、2035年までその需要があるそうだ。

シーラの1Rマンション経営

=海外の反応=
「"消費者や社会が期待すること "について。
一つのグローバルな大企業が、同じ最小公倍数のエンジニアリングで一つの車と一つのバンを作り、異なる「ブランド・アイデンティティ」を持って、プラスチックの輝きの異なる「デザイン」を提供することによって、代替の「ライフスタイル」バージョンを提供するのだ。選択肢はなく、すべて同じ耐えがたいほど高い価格なので、それを買うには3年ごとにリースして買い換えるしかない。車と燃料のために巨大企業に継続的に契約上の義務を負い、スマートフォンのアプリであなたのすべての行動を監視される。そうすれば、3年ごとに新車税を払い、5-10%の金利を払ってコストを分散させ、貯蓄には0.12%の金利がつく。
グローバリズムは、より多くの選択肢、より多くの競争、競争的な価格設定を約束したが、実際には、カルテルに組織された一握りのグローバル企業の独裁を実現し、法外な月額料金、金利、加入料をゆりかごから墓場まで支払う契約義務の終わらない踏み絵以外の選択肢を提供しないのである。
なぜなら、「それが消費者と社会が我々に期待していることだから」である」
「うわあ…もっとクロスオーバーを出すって…YEY!!! 🙄」
「これは繰り返していく価値があると思う。'大衆はとんでもなく背の高い車を求めている'という神話に乗っかるのはやめよう。もしフォードの幹部がこれを読んでいたら、設計者に戻って、英国でのベストセラー上位5台(コルサ、テスラ3、ミニ、Aクラス、ポロ)をもう一度見てみれば、この中には不条理な背の高い車はまったくゼロで、フォードもこの中に入っておらずゼロであることを認識してほしい。フォードが販売で2位以下でいいというのなら、ID.4のバリエーションが欲しいという非常に限られた顧客に寄り添う商品を開発することだ。もしフォードが首位に返り咲きたいという場合は、モデル3の競争相手となるサルーンと、通常の高さのハッチバックの2つのサイズが必要になる」
↑「1972年から2020年まで、英国で最も売れている車はフォードだったという面白い事実がある。でも、基本的に普通の車のデザインを捨てて、高床式のハッチバックを目指すという彼らの新しい方向性は、きっと計算されつくしたものなんだろうな」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/03/46453/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ