「なぜ自動車メーカーはボタンじゃなくタッチパネルにこだわるの? 」物理ボタンのが好きな人、プチョヘンザ

また、この話が始まっちゃったよ。新型車の取材に行って、インターフェース設計者と一緒に座って話していると、私は年を取りすぎていて、私が望むものは顧客が望むものではないと言われるんだ。今回はBMWのエンジニアで、iXとi4に搭載される新しいオペレーティングシステムについて。今のお客さまは、すべてが画面上で操作できることを望んでいる、と彼女は言う。空調やステレオ、ドライバーアシストなどの物理的なスイッチを求めるのは、私のような一部の古いタイプの人間だけなんだとさ。

私は疲れたため息とともに、その理由を尋ねた。いつもそうなのだが、なぜなのか?なぜなら、いつもと同じように、顧客がタブレットや携帯電話を使い、それを好み、得意としているからだ、という答えが返ってきた。このとき、またしても私の声はヒステリックな悲鳴に近いものになった。iPadの良さは、自動車の良さとは違うのだ、と私は訴えてきた。

家では、小さなガラスのエスプレッソカップでコーヒーを飲みます。熱を逃がさないし、ちゃんと泡があることを確認しながら飲めるからだ。でも、エスプレッソを車の中で飲むときは、プラスチックの容器に蓋をして、小さな飲み口があるものを使う。110km/hで走るときや、でこぼこ道では、ガラスのカップと口が開いた熱い液体の組み合わせは、悪い結果になるに違いないから。クルマの機能をコントロールするのも同じだ。スクリーンは基本的にタッチパネルじゃなくて、操作は指でボタンをザクザクと触るものだ。

だから、指示する位置を確認しながら、指を安定させる必要があるんだよね。つまり、ソファに座ってiPadを操作しているときにはうまくいくことが、外出先ではうまくいかないということだ。それだけじゃない。優れた携帯電話やタブレット端末のソフトウェアは、没入感がある。そのため、ユーザーの注意を引きつけ、視線を釘付けにしてしまう。しかし、クルマのインターフェースは、その逆でなければならない。あなたの視線を拒絶し、道路に向けさせなければならないのだ。

では、なぜこのように混乱し、危険なまでに物理的なスイッチを一掃することにこだわるのだろうか?理由1:上記のように、「お客様」から頼まれたからだ。それなら、オーナーを教育しなさい、と私は言いたい。理由2:最近のクルマは機能が多くて、全部にスイッチを付けるのは無理だし、もし付けたとしても、そのスイッチの森の中から正しいスイッチを見つけるのは無理だ。だから、いくつかのスクリーン操作メニューは必要なのである。うんうん、それはよくわかる。でも、全部の必要はない。

理由3は、収益だ。自動駐車に再利用できるセンサーやアクチュエーターがすべて搭載されたクルマを考えてみよう。けど、それはオプションだ。もしボタンをつけてしまえば、後から追加することはできない。でも、それが画面のメニューであれば、月額固定料金で、無線による「オンデマンド機能」として販売することができるだろう。理由4は、コストである。実際のスイッチには、ハードウェアと配線が必要だ。画面制御なら、コード行を書けば済む。

昔は、ほとんどの主流な車のダッシュボードに、みっともない感じで空白にされたスイッチ穴が並んでいて、ベースモデルには上級モデルの装備がないことを思い起こさせたものだ。昔はそれが腹立たしかった。でも、今となっては懐かしく思える。

【ギガクリスタルSP】

=海外の反応=
「まったくもって同感だ。私の車にはボタンがついていて、その方がいいんだ。スクリーンばかりのクルマを何台か借りたことがあるが、実はかなり危険だと思う」
「私はこの意見に全面的に賛成だが、今じゃこの指摘は少し飽きられているかもしれない。ジャーナリストもエンスーも、いつもこのことを口にしている。
ボタンを復活させるには、インフォテインメントを運転中の電話に適用し、マツダのように車が動いている間はインフォテインメントを停止するようにメーカーに強制するのが一番だと思う。これは、とにかく完全に理にかなっていて、メーカーには、触覚フィードバックボタン以上のこのコスト削減運動を続ける法的根拠がないことになる。
だが現実の世界では、この機能が気になるクルマはあまり見当たらない。インテリアのボタン恐怖症の罪が軽ければタイカンもローマも欲しいと思うが、とにかくパナメーラとローマのライバルの方がずっと好き」
「80年代だったか、どこかのメーカー(ビュイックかキャデラック)が車にタッチパネルを実装しようとしたことがったよね。確かにCRT画面だったけど、産業界では制御盤の技術として普及していたし(特に発電所)、CRT画面は通常のLCDよりも反応が良いので、レトロゲームの聖地であることはご存知のとおり。とにかく、世間はそれを好まず、気が散りすぎるし、危険だとさえ言われた。そこで、このアイデアはしばらく消えていたが、2009年ごろからその波が再び動き始める。ゆっくりだけど。着実に。2DINボックスはそのままに、無線機のボタンをタッチスクリーンに置き換えることで、2DIN規格の制約を受けながらも、より広い面積の画面を確保することができた。私はレンジローバーに、その責任を感じている。彼らのせいなんだ。あと、レクサス ISのせいでもある」
「もし、何が本当に運転に適しているかを消費者に教えなければならないとしたら、消費者は新車やSUVを買うのをやめてしまうだろうし、そんなことはできないよね。自動車工学はとっくの昔にピークを過ぎている。今、私たちがしているのは自動車プログラミングなんだ」
「現代の自動車がどのように進化してきたかを考えると、素晴らしいことだ。しかし、私も同じ理由から、自動車はiPhoneやスマートフォンのように、画面だけで調整できるようなものであってはならないと思う。運転中はとても危険で、道路に注意が向かなくなる。昔ながらの車の操作方法が懐かしく思えることがある」
「自動車メーカーが何かをするとき、いつも答えは一つしかない。お金だ。金にならないエッセイを書く必要はない。お金なのだ。この場合、生産コストが安く、後々より多くのサブスクリプションを売ることができるということ」
↑「タッチパネルがスイッチより製造コストが安いとは思えないのだが。みんな考えてないだけ。自動車メーカーは安全が嫌いなんだよ。それはずっと以前から明らかじゃないか。彼らは安全であることに腹を立てているのだ。クルマが壊れてほしいから」
↑「スクリーンはノブやボタンより高価かもしれないが、ナビやメディアなど、いずれにせよスクリーンは必要。だから、画面+ツマミ+ボタンの方が画面だけより高価なんだ」
↑「安い車にある数個のプラスチックのノブは、もちろん作る方が安い。しかし、新しいSクラスのインテリアを見ると、巨大なシングルタッチスクリーンと、その下と後ろにプラスチックの板があるのでだ。ベントレーでは、触感の良いボタンやノブ、スイッチがずらりと並び、絶妙な仕上げのウッドが施されたダッシュボードと一体化している。メルセデスのコンソールは、間違いなく、組み立てがはるかに速く、コストもはるかに安い」
「私は技術系の仕事をしている30歳で、技術に関するあらゆることが大好きなんだけど、この記事にはこれ以上ないほど同意する」
「間違いなく気が散ってしまうんだ。私はBMWのタッチパネルを使用しているが、物理ボタンで操作している。タッチスクリーンを使っている場合、高速道路をかなり遠くまで運転すると、いじり終えて顔を上げると、その間ずっと道路をきちんと見ていなかったことに気づく。無意識のうちに道路を見ているようだが、それだけでは不十分なのだ。BMWがこの大きなロングスクリーン一体型の流れを汲んでいるのが信じられない。私の車は、スクリーンばかりだが、より伝統的なダッシュボードのようになっているのが好みだ」
「僕は20歳で初めて車を買おうとしているのだが、ダッシュボードにボタンもなく、ただスマホが置いてあるのは嫌なんだ。タッチスクリーンは、Android Autoや情報表示などには確かに便利だけど、暖房操作など頻繁に使うものは物理ボタン/ノブであるべき。この点では、フォードとトヨタが最も優れている。クリアなタッチスクリーンと実際のボタン。マッハEに座ってみて、タッチスクリーンは、私が最初の車をリサーチする際に出会った最も便利なものだ(もちろん、マスタングを買うわけではないけど)」
↑「BMWを擁護するために、そしてあなたが候補にするかもしれない車として、古いスタイルの1シリーズがある。タッチスクリーンはなく、iDriveホイール/ジョイスティックとたくさんのボタンがあるだけだ。トリップコンピューター、ブルートゥースデバイス、タイヤ空気圧などに簡単にアクセスしたい場合は、プログラム可能なボタンがあるよ。また、私のお気に入りのプログラム可能なボタンは、「画面をオフにする」だな」
↑「僕は現在モタビリティーの顧客なので、新車を手に入れるのがとても簡単なんだ。昔のBMW/Mercedes/Audiのスクロールホイール付きの入力は最高だった」
↑「フォードについては何とも言えないけど、トヨタについては、特定のモデルに依存することは確かだ。カローラ(少なくとも先代のもの)は人間工学の観点からすると、やや煩わしいものだったっていう感想。私はマツダのアプローチが好きだ」
↑「そうだね、僕の家族は現行のカローラを持っているけど、ボリュームのつまみが小さいことを除けば、非常に良いクルマだ。イギリスではクルーガーが手に入らないので、それについてはノーコメント。マツダのことはすっかり忘れていたけど、マツダも素晴らしい」
「正直、他の入力方式もひどいもんだよ。住所入力に時間がかかるアウディのクリックホイールから、レクサス UX300eのトラックパッドまで、明快なタッチパネルに勝るものはないと思うんだ。レクサスのACコントロールもボタンなんだけど、省エネのためにファンだけを調節してACを稼働させない方法がまだわかってないし…。ただ、ファンを1-2回転させて、外気を適温にしたいだけなのにさ。レクサスの物理的なボタンがあるにもかかわらず、それがわからなかったので、タッチスクリーンを使うことにした。
また、この記事が認識していないのは、30-40年前と比べて、現在のクルマははるかに多くのことができるようになっているということ。設定やコントロールがどんどん増えているけど、本当にそのためにボタンが必要なのだろうか?そうすると、どこにでもボタンがあり、迷子になりそう…」
「現在、奥様の古いCクラスが修理中のため、2020年のCクラスでドライブ中。20歳の娘も、妻も、そして私も、このインターフェイスが大嫌いだ。主な不満は2つある。
もしこれが未来なら、なぜステアリングホイールには2010年のブラックベリーから盗んだトラックパッドが2つ付いているのだろうか?古いメルセデスのボタンの方がずっと使いやすいし、扱いにくいクルーズボタンを素早く使おうとして、パッドを叩いてしまうこともない(昔のクルーズ/リミッターコントロールの方がずっとよかった)。ステレオは、ボリュームとステーション/トラックのアップ/ダウンの2つの機能が常時使用できるようになっているはずだ。しかし、正しい画面にいない限り、ステアリングホイールには20以上のボタンがあり、中央にはi-Driveがあり、トラックを変更する方法はまだ見つからない。基本的なことなのに。しかし、あまりにも多くのオプションがあるため、常に便利というわけでもない。
私が古い人間だからというわけではないのですが(46歳)、お正月にアメリカに行ったとき、21年式の日産アルマダに乗っていて、ちょっと変だと思ったが(ボタンのいくつかが硬くて角ばってて)、でも実際にはかなり簡単で論理的に使えるんだ。最も重要なことは、ほとんどの操作をしながらも、ちゃんと道路を見ることができたこと。このことは、どんな車のシステムでも基本的な要件であるはずなのに」
「ボタンは年寄りのもの」
「自動車メーカーには、ぜひ航空機の設計者を参考にしてほしいね。
コックピットを設計する際、パイロットは迷うと大変なことになるため、筋肉の記憶を使ってボタンやスイッチに手を伸ばすことが想定されている。クリックオン/クリックオフのスイッチは、スイッチを見なければオンかオフかわからないのなら、危険でだ。というのが、私の考えだ。飛行のためのものなら、物理的なものにする。ナビゲートやコミュニケーションのためのものであれば、タッチスクリーンで実装することができるってことなんだね。
ドライバーの動作に「流れ」を感じさせないクルマのデザインは、ドライバーの年齢に関係なく、決して魅力的じゃない」
↑「100%同意。私はすべてのコントロールがどこにあるかわかっているし、触覚のある物体なので、見なくてもその場で触って調整することができる。タッチスクリーンでは、それができない」
「やれやれ、君はまだ運転は直感的であるべきだと信じているのか、重要なのは自分がどこに向かっているのかを見張ることだよ。そして、実際に見なくても二次的な機能をコントロールできること。自動車メーカーのセールス部門は、車重やドライバーの注意力を散漫にするような、より多くの機能を車に追加するよう、製造現場に要求している。
だが、自動運転車やバスを利用すれば解決するんだ。一般の人々は運転したいのではなく、目的地に無理なく行き、友人と顔を合わせることを望んでいるのだから。まあ、本当のことを言えば、もし、メーカーが車から不要な機器をすべて取り除けば、より効率的に、より安く走らせることができるだろうに」
「サスペンションなど、車両を思い通りにセットアップするためのオプションがいくつかあるのはいいことだが、ソフトウェア・エンジニアはいつも調子に乗ってしまってる。しかし、20個も30個もあるオプションは、すべてが変数であり、他の20個も30個もあるオプションの設定に左右されてしまうのだ。過剰を断ち切れ」
「テスラに乗っているけど、ワイパーや換気扇の操作が画面上にあるのは、下を向かなければならないので嫌だね。最近、ダンディーからグラスゴーまで、激しい風雨の中、暗闇の中を運転したんだ。道路の一部は照明が不十分で、道路から目を離すことができないため、同乗者にワイパーの速度を常に調整してもらう必要があったよ」
「5年前、10年前は、ボタンやノブが「クラシック」なクルマは時代遅れだと文句を言い、より大きなタッチスクリーンを欲しがったもの。まあ、自業自得なのだが…。
私の「昔ながらの」車では、温度を変え、シートヒーターをつけ、低音を調整し、ファンの速度を変え、ヒーター付きリアスクリーンのスイッチを入れるなど、見なくてもスイッチがどこにあり、どのように感じるかがわかるのだ。このような「車輪のついたタブレット端末」では、同じ変更をするために数秒間、道路から目を離さなければならない。まったくもって危険で、まったくもって愚かなことだ。安全志向の強いボルボでさえ、今これをやっているのだから。ミレニアル世代は、音楽、映画、コメディを私たちのために台無しにしたのに、なぜ満足できないのだろうか?車だけにしておくことはできなかったのだろうか?どうせ車を買う余裕もないのだろうけど…。
もし、私が下取りに出して別のクルマを買う場合は、人間工学に基づいた安全なインテリアと本物の触感のあるスイッチギアがなかったら、そんなクルマは気にもとめないし、お金を支払うこともないだろう」
「私はソフトウェアエンジニアであり、技術者のプロだが、すべての主要な機能にボタンがない車は買わない。タッチスクリーンを搭載すればするほど、クルマに求めるものは少なくなっていく。だから、今の2016年式W222型S500を出来るだけ長く持ち続けることにした。どうせ修理代は新車の減価償却費よりかなり安くなると思っているので」
「私はメーカーに怒っているのではなく、とても高価な車を買う人たちでさえ、テスラの安い内装に感動していることに怒っているのだ。なぜなら、彼らはタブレットを見たことがなかったから、こんなものをありがたがるのだろう?
ソフトウェアボタンは遅いし、直接見て位置を確認しないと使えないし、隠せるし(隠すつもり)、とにかく安っぽくて満足度が低いように感じる。
メルセデスやアウディは、誰もが満足できるように、冗長な操作系(ボタン、パッド、タッチパネル、音声、ステアリングホイール、ノブ…)を取り付けることで問題なかったのにね。今は、すべてをタブレットに集約している。みんなが、自分と同じように考えるようであってほしいと思う」
「もう一つの理由は、信頼性だ。タッチスクリーンのボタンが摩耗することはないんだ、画面全体がなくなるまで。可動部がない静電容量式ボタンにこだわる理由もそこにある。メーカーやフランチャイズのサービスセンターはサービス収入が欲しいが、20ドルのスイッチよりも大きなチケットアイテムのためにタッチスクリーンでいくことを望むだろう」

ピックアップ

アーカイブ