フォードがGT3レース用の新型マスタングを開発中、そしてGT4も…

GT3レース界に、さらなる朗報がもたらされた。数週間前にトヨタがGR GT3コンセプトを発表したのに続き、フォードも新型マスタングGT3マシンの発表と、カナダのMultimatic社が運営するIMSA GTD Proワークスチームのファクトリーサポートを発表したのである。エキサイティングな時代になったなあ。

フォード パフォーマンスは、マスタングを2024年のデイトナ24時間レースでデビューさせる準備が整っていると述べている。そして、同年にはカスタマーカーとして販売される予定でもある。さて、TGと所有権を半分っこしたい人いる?

すでにいくつかの技術的な詳細が明らかになっている。マスタング GT3は、イギリスのMスポーツが製造する自然吸気5.0リッター、コヨーテベースのV8を搭載し、少なくともグリッド上で最も大きな音を出すクルマになるはず。フロントとリアにダブルウィッシュボーンサスペンションを採用し、カーボンファイバー製のボディパネルとワイルドなエアロパッケージが装着される予定だ。

フォード パフォーマンスが発表したのは、これだけじゃない。GT4カスタマープログラムはGT3の取り組みと並行して継続され、2023年のシーズンには新型マスタング GT4がデビューする予定だという。関係者の力作である役者が揃った…。
=海外の反応=
「最終的にどのようなものになるのか、興味シンシン」
「M-Sport、良き」
「フォードはマスタングのEV車に取り組む必要がある」
「あのマッハeの化け物から遠ざかればいいんだよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/44612/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ