フォルクスワーゲン ゴルフから「めっちゃ高速なトランスポーター」が来るーっ!

フォルクスワーゲンの新しいパフォーマンスカーが来月発売されるんだが、上にあるような怪しげなティザー画像に付随する他の情報はまったく持ってないから、ご勘弁を。

フォルクスワーゲンは、こんなメッセージを残している。「私たちは、NFT(Notably Fast Transporter:めっちゃ高速なトランスポーター)を発売します。2022年2月発売予定」

このことから、この新車が2022年2月に発売されること、「めっちゃ速い」こと、そしてホットゴルフの形にパッケージングされることが、心地よく推察される。このティザーで確認できるのは、スポイラーだ。

しかし、この新型ゴルフの「速さ」はどのレベルまでいくのだろうか。現行のゴルフ Rは、320psの四輪駆動ホットハッチで、0-100km/hを4.7秒で駆け抜け(おそらくそれよりも速く走れる)、最高速度は250km/hに制限されている。

この車には、オプションで「パフォーマンスパック」が用意されており、より大きなホイール、いくつかのMODES、そして上に見えるリアウィングが装備されている。面白いね。

とにかく、この新しい「NFT」は、8代目Rからもう少しカリスマ性を引き出すことができるだろうか?私たちは、「7代目よりも印象的な進化を遂げた」とレビューで述べている。VWは、もう少しアティテュードを高めようとしているのだろうか?それとも、見たことのない変化球を解き放つつもりなのだろうか?あなたの推測は、以下に書き込んでね。

=海外の反応=
「見た目に騙されがちですが、これは複雑ではないので、これ(NFT)+現在のEVのトレンドで、簡単にクリアできるかもしれませんね。でも、この図面、少なくとも僕には、テスラ Yのライバルであるゴルフ スポーツバンのEV版にしか見えないんですけど」
「ボタンがアップグレードされるのか、それともこのままプロダクツスクリーンを維持するのか、気になるところ(せっかく多額の投資をしたのに)。冗談だけど」
「ゴルフのW16」
「特に興味はないのだが、おそらくクラブスポーツ Sだろう」
「実は、ティーザー画像で見た通りのものなんだ…。完全にブラックアウトされたゴルフ。実は自律走行型EV。乗員は暗闇の中で瞑想し、神経リンクを通じてインフォテインメント・システムと対話する。そして、禅のように穏やかな気持ちで目的地に到着するのだ。生まれ変わる。それが、VWゴルフの'ルネッサンス'」
「8代目ゴルフ Rが2月に米国のディーラーに到着するという発表だけで、VWはこれを新車だと思い込んで、すべてのバカをだましたのだ」

ピックアップ

アーカイブ