ゴードン マレーの新型T.33はトップギアに語った通り「もっと身近なV12」となるのか?

ゴードン マレーは、1月27日に彼の次のスーパーカー、T.33を世界に発表すると発表した。発表とは、さすがはゴードン。とはいえ、われわれが待ち遠しいのは確かなのだ…。

マレーは以前、トップギアに対し、次の作品は 「異なる素材と異なるバージョンのギアボックス を使った(T.50の)V12」を搭載すると語っている。「もっと身近なV12になる」とも言っていた。2021年7月当時、それはマニュアルと並んでパドルシフト・オートマチックを提供する可能性があることを意味した。また、T.33は上記のT.50に見られるようなマクラーレン F1風の3シーターレイアウトではなく、よりオーソドックスな2シーターであるという話もあった。

ファン トゥ ドライブがあるのか?12,100rpmまで回転するのだろうか?300万ポンド(4.7億円)のT.50より安くなるのか?などなど、疑問は尽きない。

いま確かなことは、ゴードン マレー オートモーティブ(Gordon Murray Automotive)がT.33を「世界最高級のスーパーカーGT」と表現していることだけである。そして、サリー州ウィンドルシャムの新工場で製造されることだ。

工場、デザインスタジオ、テストコース、ヘリテージセンター、カスタマーセールス&サービスルームを備えたGMAのグローバル本社は、5千万ポンド(78億円)をかけてまもなく建設が開始される予定である。まるで、私たちが考えた「天国」のようだね。

=海外の反応=
「ゴードンの情熱と能力に敬意を表している。しかし、彼は車のスタイリングをすることを許されるべきではない。T50は、2000年代前半に描かれた、15歳くらいのセンスの悪いウドの絵のような感じだ」
↑「いや、多くの人がそうであるように、なかなか良い出来だと思う。あと、キミ、ウザがられてるよ」
「彼のビジョンと、特にT50Sの外観が好きだ。彼は良い車のラインを作るための資金を持っているだろうが、電気自動車はどうだろう?V12はすぐに禁止されるのではないだろうか?」
↑「電気は未来を独占しない - バイオ燃料と水素が最終回答だっ!」
↑「水素インフラと水素自動車の開発に投資する必要があると思う。EVは地域公害を大幅に削減するが、採掘と製造の過程で環境に大きな影響を及ぼす。私は、EVはどちらかというと脇役に過ぎないと思っている。水素自動車と公共交通機関の改善、そして自動車ではなく人間のための都市設計が本当に必要なのだ」
↑「だから、またクルマのデザインに戻ったのかなと思ってる。大きなバッテリーを積んで、思いのほか重くなるものを作らざるを得なくなる前の、最後の砦として」
↑「カーデザインに戻れた、って?GMAでググってみるといい」
↑「マクラーレン F1から最新の車まで、素晴らしく愚かなロケットのほかに、彼が何を生み出したのか、私にはよくわからない」
「このマレーの復活が好きだと言わざるを得ない。彼のスーパーカーに対する考え方が新鮮だから。イタリア車ほど「きれい」ではないかもしれないが、彼はスーパーカーを特別なものに仕上げているし、クリス ハリスが運転するビデオを見るのが楽しみだ」
↑「まあ、イタリア車の中にも、見た目が怪しいのはいるけどね」
↑「すでに見た人の話では、T.50よりもかなり見栄えがいいということ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ