トヨタが新型電気自動車を大量発表したので、日本と世界に衝撃が走った

トヨタ自動車は、カーボンニュートラルに向けた戦略を発表し、新型の電気自動車を大量に投入することを明らかにし、最近、これといったニュースがなかった日本と世界に衝撃が走った。海外での反応もさまざまなものがあったが、「未来のショールームへようこそ」と、社長の豊田章男は誇らしげに語る。

確かに。同社は2030年までに30車種のバッテリー式電気自動車を計画している。既存の自動車にセルを追加するだけでなく、まったく新しいラインアップを追加することもある。例えば、LFAの精神を復活させたレクサスのスーパーカーや、伝説的なMR2を復活させるかもしれない小型のミッドエンジンBEVなどである(希望に満ちた生活だよね)。

豊田は、この新計画を「カーボン・リダクション」車と「カーボン・ニュートラル」車の2つの流れに分類している。

スバルと共同開発した「bZ4X」(プリンターカートリッジの話じゃなくて自動車ね)についても言及されている。それと並行して、「bZ スモールクロスオーバー」と名付けた、少し小型のバージョンもある。これはヨーロッパと日本向けに開発された小型電気自動車で、「シリーズの中で最もコンパクトなSUV」だ。また、中型の「bZ Compact SUV」は、見た目が…実に良いね、マジで。

文字通り箱のような商用車「ミッド ボックス」、「マイクロ ボックス」(これは何だと思う?)、もうひとつのクロスオーバー、ランドクルーザーを小さくしたような「コンパクト クルーザー EV」、そしてすごくグレイトなピックアップまで揃っている。

レクサスでは、LFAの後継車、RZ(これもSUV)、そして見た目がゴージャスな「エレクトリファイド セダン」などがある。そう、あの速くてかわいいサルーンが姿を消すという噂は、かなり誇張されているようだ。

実際、豊田氏はレクサスが「ドライビング シグネチャー」に焦点を当てたeブランドに変貌すると約束しており、ブランド全体としては固体電池の開発に投資している(実際、2008年から投資している)。2030年までに年間350万台のバッテリー式電気自動車を販売する計画もある。

「トヨタでは、真に良い製品は、お客様のライフスタイルの方向性を高め、新しい体験を生み出すと信じています」と豊田は語った。「その観点から、電気自動車は専用プラットフォームだけでなく、既存のモデルに関連するものも含めて、それぞれがユニークで特別な存在であるべきです」

いろいろと考えさせられるよね。あなたが一番気になるのはどれ?

=海外の反応=
「すべてが美しいというわけではないけど、ごちゃごちゃと大げさに見えすぎる現在のトヨタのデザインから、デザイン言語の転換を歓迎する車種が多いと思う。スポーツカーとサルーンはかなり格好よき」
「見てたら、急にクラシックカーを買いたくなった…。母親からしか愛されない息子たちだ」
「どのクルマもデザインが好きなんだ。あるものはよりたくさん、あるものは少し少なく、デザイン言語は私に語りかけてくる」
「それより…水素は…?」
「ここの、みんな好き」
「これは、水素発電はちょっとバカげてるかもしれないという考えに目覚めたということだろうか」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ