リシャール・ミルがルーヴル・アブダビと創造するアートの世界

現代アートの進歩のために取り組みを続けるリシャール・ミルが、ルーヴル・アブダビと今後10年間、協力を行うことが発表された。このコラボレーションは、リシャール・ミルと、中東屈指の美術館であり世界をリードする芸術の権威の1つであるルーヴル・アブダビを結ぶ、エキサイティングな長期的パートナーシップの始まりを告げるものだ。

ルーヴル・アブダビとリシャール・ミルは2021年、「ルーヴル・アブダビ・アート・ヒア(Louvre Abu Dhabi Art Here)」という新しい年次展覧会の開催と、「リシャール・ミル アート・プライズ(The Richard Mille Art Prize)」の創設を共同で発表した。この賞は、UAE(アラブ首長国連邦)内外で現代アートの世界の限界を押し広げようとするアーティストを支援・表彰するためのプラットフォームとなる。

毎年、公募で寄せられた作品の中から、最終選考に残ったアーティストの作品が展示される。この展覧会は現代アートのためにインタラクションと交流の場としてルーヴル・アブダビ内に設けられた「フォーラム」で開催される。

2021年のリシャール・ミル アート・プライズは、アラブ首長国連邦建国50周年に合わせて「記憶、時間、領土」をテーマに掲げている。最初の年となる今年の展覧会は、アラブ首長国連邦を拠点に活動するアーティストのみを対象として行われ、同国の国民および住民の才能と視線に光を当てる画期的な機会となっている。2022年3月27日まで開催されるこの第1回展覧会は、アートを愛する人には必見のアニュアルイベントとなるはずだ。著名なアートコレクター、キュレーター、評論家といった国際的な審査員が、リシャール・ミル アート・プライズの最初の受賞者となる現代アーティスト1名を選出する。授賞式は2022年1月に行われる。

https://www.richardmille.com/ja

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42305/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ