トップギアTV シリーズ31:アイスランドへの旅と新型シボレー コルベット

世界がようやく、ゆっくりと集団軟禁状態から解放された今、トップギアの大規模な国際探検を行う時期だと感じた。そして、その場所は一つしかない。アイスランドだ。アイスランドの並外れて荒々しい風景を感じるためでもある。また、到着してから1ヶ月間隔離されることなく行けるのは、基本的にアイスランドだけだったから。そこで、目的地を決めたプレゼンターたちは、それぞれが中古の、とてもじゃないけど乗れそうにないイギリス車を選び、アイスランドの荒涼とした内陸部を征服するために出発した。

そして、アイスランドの伝統的なアクティビティであるサンドドラッグレース、カーパラセイリング、ストロングマンコンテストに参加している。また、アイスランドの伝統的ではないアクティビティとして、スティグと巨大なオフロードトラックで古い火山の縁を目指してレースを行った。

また、日曜日の番組では、新型コルベットを紹介。アメリカのスポーツカーは、ルート66ではとても楽しいものだが、実際のところ、イギリスではあまり意味のあるものじゃない。大きすぎるし、洗練されていないし、ハンドルはいつもどうしようもなく間違った側(左ハンドル)にある。

しかし今、新しいシボレー コルベットが登場した。巧妙な新技術がふんだんに盛り込まれており、重要なのはそのステアリングホイールが正しい位置にあることだ。ついにイギリスでも納得のいくアメリカンスポーツカーが誕生したのだろうか?トップギアのアメリカ愛好家、フレデリック フリントファーソン三世が、その答えを求めてサーキットにやってきた。

英国では日曜日の20:00から、BBC Oneで放送中だよ。

=海外の反応=
「趣旨がわからない。私は、2台の「まったく似合わないイギリス車」を用意するのが全体の趣旨だと思っていた。しかし、パディーだけが不似合いなイギリス車に乗っていて、クリスはもっと似合うアメリカ車に乗っている。 ボクスホール シェベットはGMのプラットフォームをベースにしているので、イギリス車ではないのだ。さらに言えば、なぜフレディ フリントフはコルベットに乗っていて、クリス ハリスは乗っていないのか?最近のトップギアTVは一体どうなっているのだろう?混乱している」
↑「これ以上同意できない意見はない。3人の老害が去った時よりも良い」
↑「今は、明らかにクリス ハリスがいる。そして、他の2人が誰なのかはまだわからない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/11/41850/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ