ポルシェ 718 ケイマン GT4 RSにするか、453万円足して911 GT3にするかが悩ましい

911 GT3のリアエンジンに搭載されている、最高回転数9,000rpmを誇る4.0リッター自然吸気フラット6エンジンを、ミッドシップモデルのケイマンに搭載したらどうなるだろうと考えたことはない?ポルシェのGT部門は、私たちの熱狂的な夢の車を作ってくれたのだ。これが新型ケイマン GT4 RSであり、これまでで最もワイルドなRSモデルとなるかもしれない。

「ミッドエンジン・プラットフォームの未来は、電気と大いに関係があるかもしれません。だからこそ、718プラットフォームで盛大なパーティを開くべき時が来たのです。このクルマは4輪のライブコンサートのようなもので、たいへんなエンターテイナーであり、作っていてとても楽しいプロジェクトでした。これは私たちの心から出たものであり、ずっと前からやりたいと思っていたことなのです」GT部門のボスであり、このプロジェクトの原動力となったアンドレアス プルーニンガーの言葉だ。

そのエンジンは、標準のGT4よりも80ps多い500psを発生し、トルクは430Nmからわずかに向上して450Nmとなっている。また、「他の現代のRSと同様に」PDKのみの仕様となっており、マニュアルギアボックスは設定がない。これは残念だ。それでも、0-100km/hはわずか3.4秒(PDKを搭載したGT4は3.9秒)で、最高速度は302km/h。さらに印象的なのは、ニュルブルクリンクのラップタイムが7分4.511秒で、標準的なGT4よりも23秒以上も速く、911 GT3よりもわずか6秒遅いということである。これは、プロドライバーのヨルグ ベルクマイスターがハンドルを握り、オプションで用意されているスーパースティッキーなミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2Rを装着して行った記録だ。

このような結果を得るために、GT4 RSでは徹底した軽量化が図られている。リアスクリーンの軽量化・薄型化、ボンネットやフロントウイングのカーボンファイバー強化樹脂、軽量カーペット、ファブリックドアプル、断熱材の削減などにより、車両重量は1,415kgとなっている。これは、PDK搭載のGT4よりも35kg、PDK搭載のGT3よりも20kgの軽量化だ。

巨大なスワンネック型リアスポイラーと調整可能なフロントディフューザーを手動で最もアグレッシブな位置に調整すると、GT4に比べてダウンフォースが25%増加する。また、ホイールアーチ上部の通気孔、延長されたフロントスプリッター、足回りのエアロパーツなどが、路面からの逸脱を防いでくれる。さらに、RS専用の硬めのダンパーセットや、専用のスプリングとアンチロールバーのレートも用意されている。さらにポルシェは、ボールジョイントを使用してシャシーをボディに密着させ、車の剛性を最大限に高めた。ボンネットに設置されたNACAのダクトは、ブレーキに直接空気を送り込む。

RSらしく、オプションでヴァイザッハパッケージが用意されているが、これは主にお化粧的なものだ。ヘッドレストのロゴ、ボンネットのカーボンウィーブ(ボディと同色のストライプも可能)、インダクションエアダクト、クーリングエアインテーク、エアボックスカバー、ミラートリム、リアウイングなど、ヴァイザッハのボックスにチェックを入れたことが視覚的にわかる。さらに、レトロな935にインスパイアされたチップを持つチタン製エグゾーストシステム、チタン製ロールケージ、標準の20インチ鍛造アルミホイールに加え、20インチ鍛造マグネシウムホイールをオーダーすることも可能だ。

しかし、GT4 RSに乗る機会があれば、気になるのはリアクオーターウィンドウの位置に設けられた新しいインダクションエアインテークではないだろうか。このエアインテークは、「乗員の耳のすぐそばでエモーショナルなインダクションサウンドを奏でる」というもので、ポルシェでは「車内は、めちゃくちゃ熱狂的なサウンドを奏でる」と表現している。

プルーニンガーはさらにこう続ける。「GT3のサウンドはエグゾーストに支配されていますが、今回はインテークに支配されています。これにより、まったく新しい雰囲気が生まれ、ドライビングアコースティックもまったく違ったものになります。車外騒音については世界的な基準を満たしていますが、車内ではこれほどのエンターテイメント性を発揮します。まるで、ロビー ウィリアムスのように、あなたを楽しませますよ。これこそが、このクルマの本質なのです」ま、ボーイズバンドの話は置いておいて、「インダクションサウンド」という言葉に惹かれたな。

ただ、最後に1つだけ疑問が残る。GT4 RSの価格は18,430,000円で、GT3よりも453万円安いだけだ。また、20kgの軽量化が図られており、周回速度はわずか6秒遅く、0-100km/hのタイムも同じで、シートの数も同じで、後部にはロールケージが付いていr。では、GTシリーズの中に両者を共存させるための根本的な違いは何だろうか。

「GT3の周りには常に大きな競争があります。誰もがGT3のステータス、バリューパッケージ、そしてサーキットでのパフォーマンスに匹敵するものを求めています。ですから私たちは、GT3がポールポジションを維持できるよう、ダブルウィッシュボーンのフロントアクスルや後輪ステアリングなど、できる限りのものを提供したいと考えています。例えば、ダブルウィッシュボーンのフロントアクスル、リアホイールステアリングなどです。GT3には、本当に速く走るためのあらゆる仕掛けが施されています」とプレニンガーは説明した。

「GT4 RSでは、スーパーエアロやサーキットでの最後の10分の1秒を稼ぐことにはあまり関心がありませんでした。私たちは、公道走行とサーキット走行の間の完璧な妥協点を見つけようとしたのです」

日本でも予約受注が始まったが、英国での最初のデリバリーは来年春に開始される予定で、私たちがこの車に乗るのと同じ時期になる。そして、その要求は強い。あなたの口座に453万円を貯金してこの車を買うか、それとも911 GT3を買うか、あなたはどちらを選ぶ?

=海外の反応=
「僕はポルシェがとても好きで、販売されているものはほとんどすべて好きだ。しかし、GTカーの多くは、エレガントに見せるには、きわどいデザインで覆われすぎていると感じている。自分だったら、718 スパイダーにするね。十分なパワーと控えめなボディが魅力だ。他のトリムであれば、ボクスターよりもケイマンを選ぶだろう」
「GT3よりも15,000ポンド(230万円)安く、20kg以上軽いこの負け犬は、GT3に代わるクールな選択肢となるかもしれない」
「ポルシェが黙認している典型的なディーラー付加プレミアムを考慮すると、この車は全く異なるセグメントの車と競争していることになるので、マニュアルトランスミッションは自分(サーキットの住人じゃない人)にとっては魅力的だ」
↑「想定どおりではないだろうか。GT3は、重量が軽く、PDKとミッドエンジンを搭載しているため、サーキットでの走行性に優れている。GT3は、くねくねした公道では、マニュアルと、911のトレードマークであるリアエンジンを備えているので、より優れているだろう。どちらもサーキットではもちろん、サーキット以外でも楽しめるだろう」
「ポルシェGTのメンバーでさえ、スポーツカーにとって電気自動車は格下であるってわかっていることじゃないとしたら、私には何もわかるはずがない」
↑「おっしゃるとおり。トランスミッションに関係なく、これらの車は価値が上がり、ポルシェは電気バージョンを売るのに苦労するだろう。ポルシェは代替燃料の研究に力を入れた方がいい。もし全てEVを導入しなければならないとしたら、彼らはビジネスから撤退するだろう。EVは企業間での差別化ができていない。キアはドイツ車に近いEVスポーツカーを作ることができる」
↑「ミッション Rが何周かしているビデオを見た。見た目はカクカクしていて、とてもうるさかった(確かに少し歯ブラシのような音がしたが…)。それから、最高の作品を出すには多額の資金が必要だと経理担当者が知っているからだ。いずれにしても、合成燃料が将来的にある程度の量になることを願っている」
↑「それは誰も否定しないけれど、世界的な気候変動による大惨事かのどちらかだ。難しい決断ではない」
↑「自動車産業は、気候変動の主な原因じゃない。必要な変化を起こすのがはるかに遅れている他の産業に比べれば、自動車産業の貢献度はごくわずかだ。また、スポーツカー産業の貢献度はさらに低く、この種の車は日常的に使われるのではなく、年に数回しか使用されないことがほとんど。大衆車を電気自動車にするのはとてもいいことだ。しかし、スポーツカーはこのような一律のアプローチによって、不当に価値を損なわれている」
↑「人口が増え続け、彼らに食事や住居を提供するためのインフラが必要である限り、中国やインドは「燃焼させる権利」を要求し続ける。だったら、あなたは何のために車を手放すのだろうか。また、電気自動車の製造過程で大気中に排出される炭素量が増えることで、世界はさらに遅れをとることになる」
↑「ポルシェのGTカーは生産台数が非常に少ないので、たとえICEエンジンを維持したとしても、環境への影響はほとんどないだろう。しかし、パナメーラ、カイエン、マカンなどが電動化されるべきであることには同意する」
「このクルマとGT3はどちらかというと学術的なものだ。ディーラーや元々の購入者に金銭的に搾取されてもいいと思わない限り、一般の人はどちらも手に入れようとは思わないだろう。ポルシェがGT3とGT4の製造数を増やすことでこの問題に対処するまでは、お金よりも分別のある人は、このブランドを避けて通るだろう」
「ポルシェがケイマンにフルファットのGT3エンジンを搭載することを許可していることに驚いた。これを10年間楽しむことができるし、残価も桁外れに高いので、おそらくコストは行って来いになるだろう。これを手に入れるためには、ディーラーを喜ばせておかなければならない。なぜならば、その入手テクは多大な苦労になるからだ。魂のこもっていない電気自動車に取って代わられる前の、最後のガソリン車のクラシックである。堅実な優良株投資だ」
「ついにギア比がやたらと長い糞マニュアルを廃止してくれたのが嬉しい。時々、GT4がGT3の売り上げを奪うことがないように、わざとそうしたのではないかと思うことがある。しかし今では、本格的なPDKと4.0Lの500N/Aを備えたこのマニュアルはなくなってしまった。これはGT3にとって、M4にとってのM2 CSのようなもので、内側からの脅威だ。しかし、ポルシェは次のGT3 RSがラインナップのバランスを取り戻すと確信しているに違いない。欠陥のあるマニュアルを手に入れたGT4の購入者と、ケイマンに負けた911を所有することになったGT3の購入者のために、1分間の黙祷を捧げよう」
↑「なぜここでヒステリーを起こしているのかよくわからない。ケイマン GT4 RSはマニュアルギアボックスを提供しても悪くはなってないし、嫌なら仕様を変えなければいいだけの話。マニュアル専用の991.2GT3ツーリングの成功がそれを物語っている。確かにギアリングは高いが、それでも私はこのギアボックスを好んで選んでいる。また、981 ケイマン GT4はギアリングが良くなかったのですが、それでも素晴らしいクルマだった。それに、他のモデルを持っているからといって、みんなが悲しむ必要はないだろう?GT4 RSに乗って、ノルドシュライフェで911 GT3を追い抜くことができる?それとも、シロンに乗ってもUp!GTIに乗っても速度がほとんど変わらない一般道で、彼らを上回ることができるだろうか?GTIでもシロンでも渋滞なら、速さは同じだからね」
「ケイマンのコンプレックスはもう解消された?ついに911のフルトップエンドエンジンを搭載したケイマンの登場だ。結局のところ、公道ではGTSの方が優れているし(凹凸の感じが少なく、より寛容)、サーキットではRSがそれを打ち負かす。電気自動車版ケイマンが出るということでみんなが騒いでいるけど、そんなに悪いこと?もしそれがミッション R コンセプトのようなものであれば、僕はそれを選ぶけどな」
「素晴らしいニュース。けど、実際にミッドエンジンプラットフォームのすべてをフルに発揮させることができれば、本当に良いことだと思う。完全なパフォーマンス。ミッドエンジンの方が優れていることは、誰もが(ルマンのレーシングクルーも含めて)知っている。僕は911を愛しているし、マーケティング部門の制約も理解できるが、ストップを出すことができないのは残念なクルマもある。718 GT2 RSとか?」
「黙って俺の金を持っていきやがれ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS