750hpの自然吸気V10スープラをプロのドリフター、ライアン タークが発表

プロのタイヤ破壊者/フォーミュラドリフトチャンピオンのライアン タークは、彼の最新の宿題であった、モータースポーツV10エンジンを搭載したトヨタ スープラを発表した。

これは「フォーミュラ スープラ」と呼ばれ、後輪駆動のトヨタ スポーツカーに、クレイジーなエンジンを投入するというタークの熱意を満たしている作品だ。彼の最新のオタク作品は、GT86に崇高なフェラーリ 458からのV8をぶち込んだものだった。

彼は今年のビルドの賭け金を引き上げ、新しいA90世代のスープラ(5代目)に4.0リッターのJUDD GV4 V10を搭載したもの。これは自然吸気ユニットであり、世界中で複数のレースで勝利を収めてきた。

ここでは無制限で作っているため、V10は750bhpをキックアウトする…これで十分と思われるが。タークは一連のビデオを通じてビルドプロセスをアーカイブしており、その1つでは、エンジンのほぼコミカルな短いストロークが、4.0リッターが回転数範囲(7,000rpmの北)でパワーを高くすると説明している。レブリミッター? 11,000rpm。 11,000rpmまたはその近くでJuddV10をまだ聞いたことがない場合は、人気の彼のビデオを見てみてね。Ryan Truckで検索するとすぐに出てくるよ。

比較的軽量で、約145kgで、高さはわずか24インチでコンパクト。これは、すべてのJUDDのパワーを後方に送り、シーケンシャル6速ギアボックスと組み合わされて、フルのスモークマシンになるんだ。

当然のことながら、スープラのベースから多くのものが取り除かれ、その代わりにモータースポーツ要素の補填があった。ボディは完全にカーボンファイバーでカスタム化されており、ターク氏はこの小さな車に大きな計画を立てている。ドリフト、タイムアタックコース、さらにはヒルクライム用に作られている。

こんなニュースを聞くと、好きなだけYouTube見られるテレワークで良かったって思わない?

=海外の反応=
「ヘッドホンユーザーのみなさん、ご臨終」
「フィニッシングがレベチ」
「非常に印象的なキットだけど、恥ずかしくて不安になるホイールによって完全に台無しになっている」
「ル・マンのエンジンをそこに入れるには、シャシーを本当に信じられるのか、ってのが大事」
「ええと、これだと文字通り320dだろ。 トヨタ自動車が非常に費用対効果が高いであろう4分の1トンの重さの、特注のカーボンモノコックV16マニュアルを開発するべきだったということを、決して許さない」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS