ホンダ パフォーマンス ディベロップメントがSEMAで新型ホンダ シビックの米国仕様レーシングカーを披露

新型ホンダ シビックのUS「セダン」仕様についてはご存知だろう。また、よりオーソドックスなハッチバック仕様の新型ホンダ シビックも見た。カモフラージュされたタイプR仕様の新型シビックを見たこともあるだろう。そして今回は、レースカー仕様の新型シビックを見ることができた。

これはアメリカ仕様のシビックで、TC アメリカシリーズ(アメリカでのツーリングカーレース)をはじめ、アマチュアのツーリングカーシリーズ、クラブレース、あるいは地元のサーキット走行会などで使用できる、そのまますぐに使えるレースカーとなる。やる気出るね!

これは、ホンダ パフォーマンス ディベロップメントが製作し、ターボエンジン(おそらく公道走行可能なSiに搭載されている1.5リッター4気筒)と6速マニュアルギアボックスを搭載している。まだ試作車なので出力は不明だが、インテリアは軽量化のために取り外され、ロールケージが追加されている。見た目の美しさは折り紙つきだ。

また、リミテッドスリップデフ、チューンされたECU、新しいエキゾーストシステム、ビルシュタインダンパー、アイバッハスプリング、ウィルウッドブレーキ、APR製の巨大なリアウィングなどが装備されている。かなりの豪華リストだね。ホイールはMomoのEtnaという素晴らしいものがついてる。

ご感想は?

=海外の反応=
「昔のシビックは少なくともユニークなスタイルを持っていたと言わざるを得ない。これは退屈で魅力のない格安サルーンにしか見えないし。たとえ、レース用のものでさえも」
「そうは思わないな。レースカーとしても、古くて時代遅れな感じがするね」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS