2022年発売のホンダ シビック タイプ Rのカモフラ版が出たよー

上の画像は、照明が美しくなく、背景が美しくなく、2枚しかないかもしれないけど、私たちをとても興奮させてくれる。というのも、かなり魅力的な赤いカモフラージュの下には、まったく新しいホンダ シビック タイプ Rがあるからだ。

ここで見られるものと、覆面をしていない標準的なシビックから得られる情報に基づいて、この新世代は非常に魅力的なものになる可能性がある。FK8がビューティーコンテストで優勝できないことを除いては、あらゆる面で素晴らしかったことを考えると、これはさらに魅力的なものになるかもしれない。

この写真とともにホンダが発表した唯一の情報は、タイプ Rがニュルブルクリンクでのテストを開始し、最終的には2022年に発売されるということだ。長い待ち時間のスタートである。

FK8の316bhpの2.0リッター・ターボ4気筒エンジンのアップデート版を搭載するのか、それともまったく新しいパワートレインを搭載するのか(ハイブリッド版タイプ Rとか)はまだわからないけど。

ネットのみなさん、ご意見は?

=海外の反応=
「しかし、もしインテグラ タイプ Rが出るなら、それはこのシビック タイプ Rを下敷きにしたものだろう。この新しいモデルよりも見栄えがすると予測されるので、私はそれを待つことにする」
「現在の標準的なシビックは非常に一般的な外観をしているので、新しいタイプ Rがそれほど見栄えのするものであるとは思えないが、おそらく前のものよりも目に対する攻撃性は大幅に減少するだろう」
「1)数年後には中古で買えるようにしたいね
2)本当にハッチなの?そうなの?」
「ホンダは "全部乗せ"のデザインを控えめにしたようだ。いいね」
「現行のものを気に入っていたのは私だけだろうか?私は年を取りすぎていて、この車を運転している姿は滑稽にしか見えないかもしれないが、大勢のゴルフ好きの中でも負けずに、奇妙な宇宙船のようなものとして存在していることに満足してる」
「前作は8歳の子供がデザインしたもので、今回は80歳の子供がデザインしたもの」
「彼らは現行のものを受け継ぎ、くだらないグリルや折り目、スクープのほとんどを取り除いただけだ。だが、それは悪いことではない。僕が買いたいかって?いや、まだ目立ちすぎるが、間違いなく改善されている。FFであることに変わりはないのかどうか、興味がある」
「派手なラッピングに包まれた旧型のもののようだ。このままの状態で販売した方が、よりエキサイティングだと思う。ホンダは、実際には何も変わったことや革新的なことをする勇気がないのだ」
「ジェームズ メイ氏: "良さそうだね、それ"」

アーカイブ

subscribe RSS