ニュルをレギュラーのGT4より23秒速く周回したポルシェ 718 ケイマン GT4 RS

昼に続いて夜、夜の後には昼が来るように、ポルシェは誰もが認めるスポーツカーのよりハードコアなバージョンを発表しないわけにはいかない。というわけで、ポルシェ 718 ケイマン GT4 RSの公式発表だ。

そしてそれは、ニュルブルクリンクでの充実した一日を経て、公式に確認されたものである。ポルシェの開発ドライバーであるイェルク ベルクマイスターは、20.832kmと20.6kmのループで新型GT4 RSを走らせ、前者では7m09.3秒、後者では7m04.511秒のタイムを記録した。

興味深いのは後者のタイムで、通常の718 GT4が短いループを回るのに比べて23秒も速いのだ。正確には、23.6秒だが、20秒台に入ってしまえばあとはちっちゃいことは気にならなくなってくる。

このプロトタイプにはレーシングシートが装着され、オプションで用意されているミシュランのパイロットスポーツカップ2Rが装着されていたという。実際、ポルシェによれば、公証人がこの車の状態と重量がいかに標準的であるかを確認したという。そう、「標準」なのだ。

ポルシェはまだ技術的な詳細を発表していないが、通常のGT4に搭載されている4.0リッターのよりパワフルなバージョンを期待されている。実際、この4.0リッターは新しいフラットシックスであり、自然吸気で414bhpと420Nmという非常に健全な出力を発揮する。つまり、RSがウイングを伸ばすためのスペースは十分にあるということでもある。

兄貴分の911 GT3のように、スワンネック型のグッドなウイングだ。これらのプロトタイプ画像に目を通すことで、市販車のイメージをつかむことができることだろう。

ポルシェのGT部門のボスであるアンドレアス プルーニンガーは、「718ケイマンGT4 RSには、本物のRSを特徴づけるものがすべて備わっています。「軽量化、ダウンフォースの増加、パワーの向上、そしてもちろん、ドライバーの入力に対する反応とフィードバックがさらに向上しています」

ベルクマイスターは、より技術的に表現した。「山岳路ではゴーカートのような軽快さがある」また、「息を呑むような音は、実際に体験してみないとわからない」とも言っていた。11月に発表される予定dだが、天災でも起きない限り、ゴミになる可能性は低いだろう。

言われてみれば、兄貴分の911よりもケイマンの方がずっとカッコイイね。スポーティな911だと、リアシートを捨ててしまうことを考えると、911の相対的な大きさを補うために高価な技術を投入するよりも、ミッドエンジン・レイアウトを持つケイマンの方が、実際に選ぶべきポルシェなのではないだろうか?

=海外の反応=
「GT4はフラッグシップの911の前ではすでにかなりの価値があって、気に入ってる。このRSはおそらく1,500万円以下になるだろうし、お金を出せばもっとすごいクルマだって手に入る。しかし、GT3がそうであったように(そして今もそうだけど)、「限定」となって、悪徳ディーラーに数百万円で転売されてしまうのではないだろうか?しかし、見た目は素晴らしい」
↑「991.2 GT3 RSは991.2 GT3と比較して500万円増えたが、GT4 RSも同様に価格が上がると思われる。718 GT4が77,000ポンド(1,200万円)からスタートしたことを考えると、このGT4 RSは、ケイマン/ボクスターで初めて100,000ポンド(1,500万円、痛い!)を超えるかもしれない」
↑「しかし、ポルシェが991.1から始まったGT3モデルと718から始まったGT4モデルを大量に生産していることを理解していないのではないだろうか。コロナが蔓延する前に、(米国の)991.2 GT3市場ではすでに底が見えていたのだから」
「新型911 GT3の代わりにこれが欲しい」
「7.04って、すごく速い。公道走行可能なフェラーリでこれより速いのは1台だけで、マクラーレンは0台(P1で行った7秒以下という非常に疑わしい主張を突然証明しない限り)」
「見た目は、これまでのリーク情報とほぼ同じ。確かに速いけど、今の時代、速くないものはないだろう。しかし、サーキットやスムーズな道路では、かなり壮大なマシンになる。通常のGT4はマニュアルよりもPDKの方が運転しやすいので、おそらくPDKのみの設定になると思うが、これは正しい選択だと思う」
「ポルシェがGT4 MRを見て「もっといいものができる」と言ったようなもの。このアイデアは非常に素晴らしい」
「あえて言えば、ケイマンは兄貴分の911よりもずっと格好いいと思う。スポーティな911ではリアシートを捨ててしまうことを考えると、911の相対的な大きさを補うためにより高価な技術を投入するよりも、ミッドエンジン・レイアウトを持つケイマンの方が、実際に選ぶべきポルシェなのではないだろうか?」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS