1/10スケールの水素燃料電池のトヨタ ミライのRCが村の模型の周りを走り回る

あなたが見ているのは、モデルビレッジで駆け抜ける水素駆動のRCカーだよ。だから、あなたの一日はすぐに良くなるはずです。そして、ミライの恐ろしい燃料源に対するあなたの気持ちも、少しだけ柔らかく、歓迎されるものになることだろう。

満タンにした大型の(これに比べれば、って意味ね)ミライで1,360kmを走破したばかりのトヨタは、今度は小さなミライで私たちの度肝を抜いてみせた。

リモコンで操作できる小さなミライの航続距離は公表されていないが、電気を水素に変えることで、ラジコンカーの通常の走行距離が2倍になることが約束されている。

このプロジェクトは、トヨタ、タミヤ、ブランブルエナジー社の提携によるもので、ブランブルエナジー社が開発したスケーラブルな水素技術は、1/10スケールのミニカーにも簡単に転用できるのだ。

ブランブルエナジー社の共同設立者であるトム メイソン氏は、次のように述べた。「当社の燃料電池技術は、どんなサイズや形状にも対応できるプリント基板産業で作られているので、燃料電池のコア部品は、実はそれほど大きな課題ではありませんでした。最大のハードルは、燃料電池を動かすために必要なすべてのシステム部品を、タミヤのTT02シャシーとMIRAI RCカーのシェルに収まるように小型化することだったのです」

タミヤのシャシーは4輪駆動で、一般的に市販されているものと同じで、より親しみやすいボディシェルの下に取り付けられている。トヨタが特別に製作したミライの型は、通常の車両の10分の1の大きさで、特徴的な色であるスカーレットフレアレッドをまとっている。

枯渇したラジコンカーに水素を供給する小さな水素ステーションがないと心配だって?まあ、確かに、フルサイズの方だと、台数が少ないしね、そう思うのも無理はない。だけどここでは、2つの空の燃料キャニスターを取り出して、2つの満タンの燃料キャニスターを入れるだけでいいのだ。

このアイデアは気に入ったが、このようなエコ戦士のサルーンではなく、荒々しいオフローダーや伝統的なレーシングカーをシャシーの上に載せたいと思うかどうか?

タミヤUKのアリスター ブレブナー氏は、「水素を使ったRCカーを購入できるようになるにはまだ遠い道のりですが、今回のチャレンジは、スケールダウンして適応可能なバージョンのH2が、私たちの車のための優れたエネルギープラットフォームになることを証明してくれました」と語る。

ミライが、さまざまな形でその存在を広めていければ、普及にもつながるので、こういった試みは歓迎したいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS