2023年登場予定の100%EVのメルセデス・マイバッハ EQS、巨大なブラックパネルのグリルで圧が重すぎる…

これは、マイバッハ史上初の完全電気自動車の…市販車とまではいかないんだけど、本当に、本当に、実車化するのは、遠くないところにある。メルセデス・マイバッハ EQSと呼ばれるこの車は、マイバッハのゼロエミッションの未来を、大きく輝くSUVに託した "ほぼ量産型"のワンオフモデルなのだ。

メルセデス・マイバッハ EQSのSUVは2023年に市場に登場する予定。そして、その前に電気自動車SUVのための革新的なプラットフォームがお披露目される。早ければ来年にも発売する予定のメルセデスEQS SUV、その航続距離は600km(WLTP)に達すると予想されている。

他の大型電気自動車メルセデスと同様に、この巨大なクルマは、ラグジュアリークラスとエレクトリッククラスのモジュラーアーキテクチャーをベースにしている。EQSサルーンは、もちろんこのプラットフォームからスピンオフした最初のクルマであり、それ自体が壮大な電気自動車のフラッグシップだ。その姉妹車であるSUVにも良い影響を与える。
メルセデスは、EQS SUVの航続距離を「約600km」と見込んでおり(メルセデスブランドのEQS SUVは、このマイバッハよりも先に発売される予定だ)、「非常にスムーズで静かな走りと、新しいレベルの落ち着きとくつろぎを室内にもたらす」と約束している。

さて、ここからがポイントだ。メルセデスは、中国、ロシア、韓国、アメリカ、ドイツをマイバッハの販売の中核地域としており、平均的な顧客の若年化を指摘している。そこで、デジタル化を進めた。フロントには、マイバッハ Sクラスの「パラレル」を採用し、映画館仕様の「ハイパースクリーン」、地球の赤道を横切るかのように伸びる巨大なデジタルパネルを備えている。これには、ドライバーがどこを見ているかを把握するインテリアカメラなど、メルセデスが現在把握している技術がすべて盛り込まれている。

後部には、リアシートエンターテインメントの前に、2つの大きな独立したシートが設置されている。メルセデスは、コックピットからリアシートまでの連続したラインと、さまざまなアンビエントライティングによって、空間と静寂の印象を与えていることを指摘している。さらに、小さなフラワーベースも用意。もちろん、シャンパンやグラスを置くスペースとその下の収納もあり、キャビン全体はホワイトクローム、ローズゴールドのアクセント、ファッションにインスパイアされたテキスタイルで縁取られている。

さて、問題のエクステリアについてお話しするけど、心の準備はいい?まずは、ダイムラー社のチーフデザインオフィサーであるゴーデン ワグネルの言葉から引用しよう。「先進的なマイバッハ・グリルを備えたフロントは、統合の原則に従い、ブランドにまったく新しい外観を与えています。新しいスタイルのエアロダイナミックなSUVプロポーションと合わせて、未来のラグジュアリーSUVを完全に再定義しているのです」

そう、「先進的な」マイバッハ・グリルだ。トレードマークであるマイバッハのピンストライプをあしらった巨大で直立したブラックパネルに、スリムなLEDヘッドライトが流れ込み、そのデザインはフロントバンパー下部にも再現されている。確かに、「シャイ」とは言えないね。リアは、トランクを囲むように1本のライトストリップが配され、ツートンカラーの塗装や巨大なクロームアロイホイール(24インチ)など、マイバッハの伝統的なトレードマークが採用されていて、フロントと比較するとおとなしい印象だ。

ダイムラー社のブリッタ ゼーガー氏は、「メルセデス・マイバッハのお客様の多くは、高度にデジタル化されており、当社のデジタルソリューションに最高の要求をしています」と説明している。「彼らはまた、選択したブランドが持続可能な価値を支持し、環境に責任を持つことを期待しています」

ピンストライプの電動マイバッハSUVを受け入れる準備はできているかな?

=海外の反応=
「僕の目がぁぁぁー!今まで見た中で最も醜いものの一つだ!」
「もしあなたがスパルタ人だったら、丘の中腹に置いておくだけではなく、垂直な崖の近くに置いて、攻撃的な肉食動物が巡回してくるようにするだろう。EVはカーデザイナーを才能のないバカにするのではなく、解放するべきだ」
「こんなの、ドイツのレガシーブランドではなく、すごい中国的なデザイン特性を持つ中国の新興企業のクルマじゃん。まあ、中国のデザインを高く評価しているということにもなるんだけどね、どちらにしても」
↑「中国的だけど半端なデザインは、すべて欧米の「傭兵」が担当している」
↑「何を言っているのかよくわかんないな。世界の大部分を占めている中国のデザインは、ほとんどの場合、アップマーケットを目指したり、欧米で販売されたりすることはないけれど、ジーリーなどのやり方では、買収したブランドに優れたデザイナーを採用するのは当然のこと。15億人もの人々の中には、絶対的に優れたアーティストがいるはずで、卑劣な政府であってもそれは変わらない」
「空港用のタクシーにクロームをつけるのに戻してほしい。お願いだから。サンヨンを重厚に見せてくれるんじゃない?これでロールスやベントレーの顧客を奪おうとしているのかと思うと、吐き気がする。リバティウォークが上品な外観だと思っている人が乗っているようなクルマだし、内装には水槽とレイヴの中間のような照明が使われていて、内装や外装のディテールはB&Mがやったような感じで、シートの後ろのパッドはプチプチみたいだ。
良いニュースは、これらをさらにダメにすることで、ドイツのチューナー、Mansoryの貴重な時間を奪い、いくつかのロールス・ロイスをいじらずそのままにしておくことができるということだ。何らかの理由で本当に気に入った場合は、(徹底的に)目をチェックしてもらってから、減価償却を待つといいだろう」
「歯を見せて笑うサメのアニメが思い浮かぶんだけど」
「さらにフロントにはヒュンダイ タクソンを装着したとさ😀」
「最近のメルセデスは、スマホのアプリでデザインしたみたい。それでも買ってくれる人がいるのは嬉しいこと」
「リムが盾になりそう」
「唯一まともな部分は、BMWのM部門から盗んだサイドミラーだ」

アーカイブ

subscribe RSS