ベントレーが国際的なレザーの業界団体に加盟、自動車メーカーでは初

たいていのビジネスには、業界団体がつきものだ。みなさんがお勤めされている会社も、何らかの団体に加盟しているのではないだろうか。ベントレーモーターズは、国際的な非営利団体レザーワーキンググループの自動車メーカー初のメンバーとなり、製品と素材の環境持続性の向上に向けたビヨンド100の旅に新たな一歩を踏み出した。

2005年に設立されたレザーワーキンググループは、皮革の製造業者、取引業者、供給業者、技術専門家、さらにブランドや小売業者で構成されており、ファッション、アクセサリー、フットウェアから家庭用品、インテリア、そして今回は高級自動車に至るまで、さまざまな業界を代表している。1,300を超える企業が参加をし、その中には、マルベリーやジョン・ルイス、LVMH、アディダスなどのブランドも加盟している。皮革産業の環境パフォーマンスを向上させることを目的としたレザーワーキンググループは、明確なベストプラクティスベンチマークと厳しい監査基準に基づいて皮革メーカーを監査し、独立してモニタリングを行っている。

ベントレーは現在、完全に承認された企業メンバーであり、2022年の開始までに、すべてのレザーをレザーワーキンググループの監査プロセスを完了したサプライヤーとタンナーから調達することを目指している。そして、最終的な目標は、継続的な改善の文化を通じて、それぞれのサプライヤーがレザーワーキンググループのゴールドスタンダード賞を獲得することだ。

ベントレーの生産購買担当責任者であるマーク・クークは次のように述べている。

「レザーの使用とコーチビルディング(自動車用ボディを製造)は、ベントレーの100年の歴史を象徴するものです。 当社の裁断士やトリマーはその分野のエキスパートであり、多くの伝統的なモデルがオリジナルの内装で現存しているという事実は、レザーが当社の中核素材として長く愛されていること、そしてその本質的な持続可能性を示しています。

ビヨンド100とは、ベントレーが最も倫理的で持続可能な高級自動車メーカーになることです。だからこそ、私たちが使用している伝統的な素材を最も持続可能な方法で調達することを保証すると同時に、お客様にさらに幅広い選択肢を提供するために新素材の開発を加速させています」

「レザー・ワーキング・グループの最初の自動車業界メンバーとして、私たちは仲間のメンバーと協力して、自動車部門における持続可能な方法で調達されたレザーの未来を積極的に形成していきたいと考えています」。

ベントレーは、ヨーロッパから最高級のレザーハイドを調達し、食品産業の副産物であるレザーのみを購入している。ベントレーの工場では、熟練したトリムチームが厳しい訓練を受け、廃棄物を最小限に抑えながら、それぞれのハイドの下処理とプライミングを行い、ベントレーのインテリアに配置している。レザーは時間の経過に耐えうる素材として知られている。これまでに製造されたベントレー車の80%以上が現在も道路を走っており、その多くにオリジナルのレザーシートが使用されている。これは、ベントレーの職人が過去102年の製造期間中に行ってきたケア、品質管理、そして細部への配慮の証しである。

今回、ベントレーがレザーワーキンググループのメンバーとして認定されたことは、品質と持続可能性の観点から、すべての素材が最高水準であることを保証するというベントレーのコミットメントを示すものなのだ。
https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS