あなた色に染め上げて ベアメタルな2.4億円のランボルギーニ ミウラ P400S

驚いたことに、180万ドル(2億円)から220万ドル(2.4億円)の間の金額を出したなら、少なくとも塗装はしていると思うでしょ?

それにしても、この1971年式ランボルギーニ ミウラ P400Sは、裸の状態でも実に素晴らしいと思わない?さらに、私たちはそれについて話しています。くそー、現在の売り手の罠にまんまとはまってしまった。まあいい。

もちろん、色がないのには理由がある。このP400Sは、現オーナーが2019年に引き取るまで、40年以上もカリフォルニアの倉庫に保管されていた。その時点では、走行距離は16,000マイル(2.6万km)以下だったが、フロントにはかなり厄介なダメージがあったのである。

ヒストリーファイルによると、この走行距離のほとんどは、1970年代にカリフォルニア大学バークレー校に留学していた19歳のイラン人学生が乗っていたものだという。お母さんのフォード Kaを受け継ぐよりはいいんだろうね。

P400Sは、ミッドマウントされた4.0リッターV12エンジンを搭載し、「標準」のP400よりも約20bhp高い出力を持つ、軽くアップデートされたミウラである。ありがたいことに、後にSVに採用された輝かしいアイラッシュも残っていた。

先日開催されたRM サザビーズ モントレー オークションに出品する現オーナーは、ミウラを購入する際に機械的にも化粧品的にも完全なオーバーホールを行い、塗装の決定をお買い上げになるあなたに委ねてくれた(もしあなたが2.5億円の入札資金を持っているなら、だけど)。

あなたなら、どうする?オリジナルのグレー・ホワイトに塗る?全く違う色にする?それとも、そのままにして、地球上で最もユニークなミウラを楽しむ?

=海外の反応=
「レアカーやクラシックカーのオーナーが抱える問題のひとつに、車を持って人前に出ると塗装に傷がついたり、鳥の糞で塗装が侵されたりするのではないかという心配がある。そのため、愛車の塗装を丁寧にするために大金を費やしたオーナーの中には、車をきれいにしてガレージにしまっておきたいと考える人もいるだろう。さて、ミウラは間違いなくクールなクルマ(どんな塗装をしても美しいボディシェイプを持つ初のスーパーカー)なので、この場合、もしアルミの素地であれば、傷がないので長期的に使用するにはさらに良いかもしれない。僕なら、オリジナリティと他のミウラとは異なる個性のために、間違いなくこのままにしておくな」
「もしイギリスに津波が押し寄せているのに気づいた人がいたら、すみません、それはこれを見て僕がよだれを垂らしているだけだ。絶対にベアメタルのままにしておくべきだと思う」
「購入者や現在のオーナーがベアメタルの外観を維持したい場合、クリアコートはアルミニウムの酸化を防ぐけれど、これはあまり美的じゃないな…。あなたがクラシックなイタリア製スーパーカーのくすんだ、かすんだ、白っぽい穴の開いた外観が好きなら別だけど」
「これは錆びるんじゃないの?」
「もし、ハジキや酸化を防ぐことができれば、このように素晴らしいものになるんだね」
「これいいね」

アーカイブ

subscribe RSS