バットモービルだけじゃない!?ランボルギーニ アヴェンタドールのトリビア

ちょっと、ちょっとー。カウンタックネタで盛り上がりすぎじゃないのー?ランボルギーニといえば、アヴェンタドールの存在を決して忘れちゃいけない。2011年、アヴェンタドールシリーズがデビューした。先陣を切ったのはクーペバージョンのアヴェンタドール LP 700-4だった。ランボルギーニが設立された1963年以来、優れた設計と改良を重ねてきたエンジンを搭載。ランボルギーニ初のカーボンファイバーモノコックを備えたアヴェンタドール LP 700-4は、複合素材の製造と開発をリードするランボルギーニの地位を確立し、ランボルギーニはカーボンファイバーの重要部品を大規模に内製する初の自動車メーカーとなった。

ここでは、ランボルギーニのモデルについてのトリビアを4つご紹介しよう。

1.ランボルギーニ史上最高のセールスレコードを記録したモデル

アヴェンタドールの販売台数は、過去のモデルをすべて合わせた販売台数を上回っている。過去のV12モデルの販売台数合計は7,000台を若干超える程度だがアヴェンタドールの販売台数は2020年9月に10,000台という記録を達成。生産5年目にして、その一つ前のモデルのムルシエラゴの総販売台数を超えている。

2.アヴェンタドールの「ウォーク・オブ・フェイム」

ハリウッド映画の中でも最も有名なヒーローたちを乗せてきたアヴェンタドールは、多くの人にとっての最高のスーパーカーの存在となっている。ランボルギーニのモデルは、イタリアや、世界の映画史に名を残す作品でも大きな役割を果たしている。

バットモービルとしてのイメージを定着させたアヴェンタドールは、ランボルギーニの最も重要なモデルに数えられるだろう。2012年公開の『ダークナイトライジング』では、クリスチャン・ベール演じるブルース・ウェインが「Gotham-649 8227」というナンバープレートのを運転する姿が見られた。ただし、バットマンシリーズで主役スターを象徴する愛車にランボルギーニが選ばれたのはこれが初めてではない。本シリーズ2作目の『ダークナイト』(2008年)では、ムルシエラゴ LP640、第1作『バットマンビギンズ』ではムルシエラゴ ロードスターが使用された。

3.ランボルギーニで初めてカスタマイズ可能なドライビングモードを採用

アヴェンタドールは、アウトモビリ・ランボルギーニが初めて適応型サスペンション「マグネライド」と後輪操舵を導入したモデルだ。

これらのテクノロジーの挙動は、STRADA、SPORT、CORSA、および新モードEGOの4つのドライビングモードを選択することによって制御する。

新モードのEGOでは、以下の車両の3つの領域をそれぞれ別に設定できる。

パワートレイン(エンジン、4WD)

ステアリング(LDS(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)、LRS(ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング)、サーボトロニック)

サスペンション(磁気レオロジーサスペンション)

ドライバーはこの3つの領域それぞれに、自分の好みに合わせてSTRADA、SPORT、CORSAを選択し、独自の組み合わせを設定しての特性を気分に応じて変更することができる。

4.アヴェンタドール ウルティメ

2021年、アヴェンタドールの最新版が発表された。ハイブリッドテクノロジーを備える次世代スーパースポーツカーの登場を前に、時を超えたデザインと技術が最高の形で集結した、アヴェンタドールのファイナルエディションだ。このモデルをアイコン的な存在に押し上げる要素のそれぞれに、ストーリーがある。限定版であるウルティメ専用のカラーリングは、ランボルギーニの職人たちの手によるもので、真の芸術作品へと仕上げるために40時間以上の綿密な作業を要する。インテリアは、エクステリアにも使用されるカーボンファイバー等の超軽量素材で装飾、キャビン全体には小さな字型モチーフをちりばめた特別なレーザー加工のアルカンターラを使用。このファイナルエディションのランボルギーニの稀少性と価値を紛れもなく示すのは、限定350台を記念したカーボンファイバー製のプレートだ。最高出力780hpの縦置きミッドシップV12自然吸気エンジンは、世界でも真に唯一無二の存在。60度角の気筒を備えたは、完璧なハーモニーを奏でる。例えるならば、年月とともに美しい音色を奏でるヴィンテージバイオリンと言えるだろう。
https://www.lamborghini.com/jp-en

アーカイブ

subscribe RSS