また1台、海外から見たら「ビミョーなホットハッチ」が誕生!日産ノート オーラ NISMO

日本はたくさんの自動車によって、メインストリームに対するサブカルを育んできた国であり、ビミョーなホットハッチバックは私たちイギリス人のお気に入りでもある。

今日は良いニュースがある。その中でも最も奇妙なハッチバックが、大きなアップデートを受けたばかりだからだ。日産 ノート ニスモが、これまで以上に大胆に、そして新しいネームバッジをつけて帰ってきたんだ。

「ノート オーラ ニスモ」は、よりプレミアムな「ノート オーラ」をベースに、「すべての乗員の期待を超えることを目指した」という、より高級なミニピープルキャリアだ。また、フォーミュラEからパラシュートで降りてきたようなスタイリングの持ち主だ。

といっても、運転席以外の席をなくして、工業地帯に作られたコースを周回するだけの旅にしたわけじゃない。ニスモのノートが実際にダウンフォースを生み出すようになったことを意味している。その小ささを笑われないように、ということなのだろうか。

パワートレインの性能は従来と変わらないのに、です。これは、日産の「e-power」セットアップの1つで、電気モーターが前輪を駆動し、1.2リッター3気筒エンジンは発電機としてのみ搭載されている。総出力は136ps、300Nmだ。ちょっとした楽しみを得るには十分だと思うけれど、最近のホットハッチの世界では前者は些細な数字だ。特に、ダウンフォースを備えたピープルキャリアーとしてのホットハッチとしては。

しかし、ニスモのストライプやウイング、スプリッターが実用的な形状に取り付けられていることの不自然さには、思わず笑みがこぼれてしまう。また、フロントのレカロは、2人の乗員を包み込むような存在感があり、少なくとも2人の乗員の期待を上回るものだと思われる。

でも、この車が正式に日本国内(286.99万円)以外で販売されることはないので、あんまり愛着を持っちゃダメだよ。もしヨーロッパ日産が、その気の利いた電動化ハイブリッドパワーをマイクラ(マーチ)に搭載してくれるなら、私たちは大歓迎なんだけどね。特に、このニスモのシートがついてくるとしたら…。

=海外の反応=
「ほしいな」
「メルセデスのフロント?😀」
「ちょっとベタだけど、僕は好き。特に、最近の企業には「ユーモア」や「気まぐれ」が不足しているし。このパワートレインのよりパワフルなバージョンは、他のより優れたホットハッチに最適だ」
「ストームトルーパーを演じるリーフみたい」

アーカイブ

subscribe RSS