メルセデスA45 Sのガチライバル、395hpの新型アウディ RS3

プロメテウスは、神々から火を奪って人類に与えたことで有名だが、3代目となる新型アウディRS3のスペックシートを見ると、この大物は熱心なモーターファンではないかと思われる。

なぜなら、スーパーカーを凌駕するファミリーハッチバックは、タイタンの火(パワー)の神が、高性能なモーターの神々から火を奪い、それを他の車の世界に与えたことを示唆しているから。ローンチコントロールを作動させた場合、この新型RS3は0-100km/hを3.8秒で到達する。

数々の賞を受賞した2.5リッター5気筒エンジンと、そのエンジンを搭載した車に対する、アウディの継続的な愛の関係の第3章に、ようこそ。新型RS3は、4つ以上のシリンダーを持つ唯一のホットハッチであり、5つのシリンダーがフル回転すると、最高出力395bhp、最大トルク500Nmを発揮する。前者は従来とまったく同じで、後者はわずかに増加しているが、ベンチマークのスプリントでは現行のRS3よりもコンマ3秒速くなっている。

7速デュアルクラッチと4輪駆動も健在だ。また、「トルクスプリッター」を初めて標準装備した。これは、リアデフをなくし、その代わりに電子制御多板クラッチを各ドライブシャフトに追加する便利な装置である。そのため、各ホイールはどんな状況でも適切なトルクを得ることができ、非常に楽しい時間を過ごすことができるのだ。

そして何より、新型RS3は正式にドリフトができるようになった。7つのモードのうち、「RSトルク・リア」モードを選択すると、後輪の1つだけにすべてのパワーが伝達される。また、「RSパフォーマンス」と呼ばれる別のモードでは、すべての動作を抑制してオーバーステアとアンダーステアを最小限に抑え、サーキットでの走行時間を短縮する。要するに、今回は少し控えめになっているが、それでも…真剣に速く走れるのだ。

A3やS3に比べて10mm低い標準装備のスポーツサスペンションの一部であるRS3専用の新しいショックは、新しいバルブシステムによって路面状況に素早く反応するという。さらに必要な場合は、「スポーツサスペンション・プラス」のオプションとして、アダプティブ・ダンパーを指定することができる。さらに、ホイールキャンバーの増加、「RS専用」のステアリングレシオ、新しい「モジュラー・ビークルダイナミクス・コントローラー」を搭載している。このモジュール式ビークルダイナミクスコントローラーは、車両の横方向のダイナミックコンポーネントからデータを受け取り、「車両の敏捷性を向上させる」とされている。

車高が低くなっただけでなく、フロントが33mm、リアが10mm(ハッチの場合)広くなった。ブレーキは?ご心配なく、巨大だよ。フロントには375mmの6ピストンディスク、リアには310mmのディスクが装備されており、いずれも第2世代のRS3よりも大きく、「より安定した」ものになっている。希望すれば、さらに大きなフロント・セラミックも選択できる。

第2世代のRS3よりも大きくなったのは、アウディ用語で「表現力」と呼ばれるその顔。シングルフレームグリルの上には、巨大なエアインテークが配置されているが、これは間違いない。LEDヘッドライトが標準装備されており、新たにフロントホイールアーチの後ろにエアアウトレットが追加されている。サイドに目を移すと、新しいシルと19インチのアルミを通り越して、ツインパイプと新しいリアバンパーが目に飛び込んでくる。

カーボンファイバーの中に12.3インチのドライバーディスプレイと10.1インチのセンターディスプレイが配置され、デジタル化されたコックピットの中では例外的に、本物のボタンがいくつか存在している。当然のことながら、シートとステアリングホイールはこのRS3専用で、過去10年間のAMG GT Sに匹敵する400馬力近いホットハッチから期待されるものとなっている。プロメテウスから学ぶべきだった、意図しない結果についての教訓は何だったのだろうか…。

英国での価格は、ハッチ(スポーツバック)が50,900ポンド(775万円)から、サルーンが51,900ポンド(790万円)からとなっている。
=海外の反応=
「ラコステのトラックスーツを着たクレイジーなヤツが、街の信号まで110%のスピードで走っていく姿を見るのが楽しみ」
↑「ラコステはちょっと安っぽい。今どきは、バレンシアガのトラックスーツが主流だと思う」
「アグレッシブで過剰なスタイルだが、むしろそれが気に入っている。フェラーリ F430の性能をファミリーハッチで実現しているのだから、その性能には頭が下がる」

「僕はフランスのリヨンに住んでいる。リヨンはフランスで2番目か3番目に大きな都市だが、信じてほしい、毎週土曜日になると、商業地区で大量のA45、RS3、S3などを目にする。彼らはその日のためにレンタルして、仲間に見せびらかすんだよ」
「あの新しいリアデフは、長期的にはどうなんだろう?メッキされたクラッチを使ってパワーを配分するのは、摩耗や発熱の原因になりそうだね。なぜ、このようなFF+セットアップではなく、本物のセンターデフができないんだろうか?」
「アウディのヒット作。可能な限り長く5気筒のパワーハウスを維持し、このような優れたデザインを維持してほしいと思う!アウディには、BMWが作ってきた醜い車のトレンドに従わないことを強く望む」
「リアが迫力!」

アーカイブ

subscribe RSS