日本のSARDがトヨタ 次期GR86用のパーツを公開

SARD(Sigma Advanced Racing Development)は、トヨタ車を専門とする日本のチューニングメーカーであり、レースチームだ。

そのSARDが、トヨタのシンプルなGT86の後継車であるGR 86のモディファイを最初に発表した会社のひとつであることは、驚くべきことじゃない。

今回発表されたのは、SARDのGR 86 GT1コンセプトで、文字通り技術的な詳細は不明だが、標準的なGR 86に比べていくつかの明確なアップデートが施されており、我々はこのクルマに乗ることを非常に楽しみにしている。

最も明らかな変更点はボディワークで、全体的に新しいフェイスはすっきりとした印象を与え、小さなホイールアーチ・エクステンションはアグレッシブさを増している。リアでは、ブラックアウトされたテールライト、際立ったリアウィング、そして巨大な新しいエキゾーストシステムが採用されている。

また、SARDが装着しているGT86と同様のBBS製ホイールが装着されており、GRもローダウンされているように見える。

SARDはこのGT1コンセプトに使用されたすべてのパーツをいずれ市場に投入すると思われるので、実際に何が行われているのかはその時に判明するだろうが、今は標準のGR 86の2.4リッター自然吸気フラット4ボクサーエンジンに何をしたのかを推測するしかない。

ターボチャージャー?スーパーチャージャー?エンジンスワップ?みなさんのご意見、ご感想、夢のようなお話をお聞かせください。

=海外の反応=
「Rocket BunnyやPandemのボディキットよりもはるかにすっきりしていて見栄えがする。ワイドボディキットの中にはフェンダーを壊さずにボディラインを維持できるボディキットがあるのに、多くの86、BRZ、FRSがワイドボディ化を選択していることに、実際、飽きてしまった」
「グッド」
「90年代の日本車を改造したような感じ。エンジンにはあまり思い切ったことをしていないのではないかと思うが、おそらく吸排気をチューニングして、レッドラインを少し上げて10-15bhp追加しているのではないかと思う」
↑「スーパーチャージャーを追加することを計画しているので、ボンネットの下にはそのようなものがあると思われる」

アーカイブ

subscribe RSS