VW初の48V マイルドハイブリッドシステム搭載の新型8代目ゴルフが発売

8年ぶりにフルモデルチェンジした新型『Golf(ゴルフ)』がようやく日本でも発売された。eTSI Active Basic(110ps)、eTSI Active(110ps)、eTSI Style(150ps)、eTSI R-Line(150ps)の4グレード展開で価格は、2,916,000-3,755,000円だ。

45年前に初代「Golf」がデビューし、8年ぶりにフルモデルチェンジした新型「Golf」は、「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタンスシステム」が特徴だ。「デジタル化」においては最新のデジタル技術を投入し、クラスを超えたデジタルインターフェースを採用している。10.25インチの液晶ディスプレイを採用したデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を全車に標準装備し、そのすぐ横にインフォテイメントシステムを配置する事で、視認性を高め、スッキリとしたコックピットを実現。「電動化」においては、フォルクスワーゲン初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを採用し、モーターのアシストによってスムーズな発進や加速を実現した。「ドライバーアシスタンスシステム」においては、ドライバーが運転中に意識を失うなど、万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム“Emergency Assist”などの最新テクノロジーが採用され、クラスを超えたハイレベルなドライバーアシストが可能となり、安全性をさらに高めている。

まずは、エクステリア。特徴的なCピラーは、初代「Golf」のアイコンデザインを現代へと受け継ぐものだ。力強いショルダー部分とリヤが見る者に強い印象を与えると同時に、一目で「Golf」と分かるフロントデザインは、さらにスリムになったラジエーターグリル、ドアハンドルを経由してリヤへと伸びるシャープな“スライス”ラインを特徴としている。また、新型「Golf」は、ボディのあらゆる面が見直され洗練されたことによって、空気抵抗係数(Cd値)が先代の0.3から0.275に低減された。改良された空力特性はさらなる低燃費に貢献し、風切り音の低減、つまり新型「Golf」のさらなる静かさと快適性にもつながっている。

インテリアでは、最新世代の通信モジュール内蔵のVolkswagen純正インフォテイメントシステムとデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を標準装備とすることで、運転席には同じ視覚軸上で結合された、デジタルディスプレイ環境が創出される。また、オートマチックデュアルクラッチギアボックス(DSG)のシフトレバーが、先代モデルよりも大幅に小型化され、とてもクリーンにレイアウト。ライトおよび視界関連の機能、ルーフコンソールおよびインフォテインメントシステムの各要素は、機能に応じてタッチスクリーン、タッチスライダー、または直接に操作できるボタンを使用して操作することが可能となり、操作性を向上させている。

新型「Golf」には、フォルクスワーゲンとして初めて48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを1.0TSIエンジンと1.5TSIエンジンに設定し、それぞれ1.0eTSI(81kW/110PS)および1.5eTSI(110kW/150PS)として日本に導入する。48Vベルト駆動式スタータージェネレーターはスターターとしての役割の他、小型電動モーターやジェネレーターとしての役割を果たし、車両の発進時にエンジンをサポートする形でトルクを発生することでスムーズな加速を実現し、特にスタート・ストップの多い街中において、より快適性の向上を実感できる。

「Golf」には、クラスを超えたハイレベルなドライバーアシスタンスシステムを数多く標準装備としている。例えば、新型「Golf」に初採用となった同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”は、車速域0~210km/hで作動させることが可能で、静電容量式センサーを採用したステアリングホイールを軽く握っているだけで、前走車との車間及び走行レーンの中央維持をサポートする機能で、特に高速道路などでの長距離移動において安全性の向上及び疲労軽減に寄与している。また、緊急時停車支援システム“Emergency Assist”は、ドライバーが意識を失うなど運転操作を行えない状態をシステムが検知すると、警告音と警告表示により注意喚起を行い、最終的には同一車線内にて車両を停止させることが可能で、車両の暴走による事故を未然に防ぎ、被害を最小限に抑える。その他にも、乗員が降車時にドアを開いた際、後方から接近している車両や自転車などの障害物を検知すると、警告音とドアミラーハウジングの表示灯にて注意喚起を行う、エグジットウォーニング(降車時警告機能)もフォルクスワーゲン初採用のドライバーアシスタンスシステムで全車標準装備だ。また、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載された片側22個のLEDを個別に点灯・消灯の制御をすることで、最適な配光を可能とした最新のヘッドライトシステム、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”もオプション設定(テクノロジーパッケージ)可能となっている。ステアリングの切れ角に応じて配光を変更するダイナミックコーナリングライト機能も搭載し、前方の安全性をさらに向上させるとともに、ダイナミックターンインジケーターを採用したことで、右左折時の被視認性向上にも寄与している。

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

GTIの方だけれども、トップギアの動画もあるので、こちらもぜひどうぞ。

アーカイブ

subscribe RSS