ベントレー コンチネンタルGT V8クーペをベースにラグジュアリーヨットを作ってみたら

ベントレーが、顧客から「コンチネンタルGT V8クーペの雅やかなキャビンデザインに合わせて、ヨットのインテリアを作ってほしい」と頼まれたら…答えは、もちろん「イエス」だ。

このオーダーメイドのトリムは、顧客のためのカスタマイズ専門部門であるベントレーデザインサービスの職人がオランダの高級ヨットメーカーであるコンテストヨット社と協力したものである。

ヨットオーナーが所有するコンチネンタルGT V8クーペの豪華なキャビンには、ホットスパーレッドのレザーとコントラストの効いたリネンベージュのハイドが採用されていた。ベントレーはこのスタイルを18メートルの新しいヨット、コンテスト59 CSに再現することにした。

この外洋ヨットのインテリアパネルには、ベントレーの特徴であるダイヤモンド・イン・ダイヤモンドステッチも施されている。このユニークなキルティングは、ダイヤモンド1個につき実に712個のステッチを必要としている。またベントレーモーターズの専用の特別な機械を使い、高度な技術を要し製作されるものだ。外装は、コンテストヨットのディープブルーの船体が、オーナーのコンチネンタルGT V8 クーペのライトサファイアを完璧に引き立てている。

ベントレーモーターズのベントレーデザインコラボレーションズの責任者であるブレット ボイデル氏は次のように述べている。

「このプロジェクトは、ベントレーデザインサービスにとって、実にユニークなコラボレーションで、多くのスキルを披露する機会となりました。ベントレー車には、最高レベルの船舶デザインでのみ提供されるクラフトマンシップやスタイリングと同様のクオリティが備わっています」

コンテストヨット社のCEO兼共同オーナーであるアルイエン・コナイン氏は次のように述べている。「私たちの家族は、60年以上にわたってプレミアムクラスのセーリングヨットやモーターヨットを製作してきました。 私たちは、すべてのお客様の期待と好みを満たすことができる、カスタマイズへの徹底したアプローチで知られています。今回のプロジェクトは、ベントレーと協力してお客様の夢を実現するという、このアプローチの究極の例です」

いいねー、自分のお気に入りのベントレーコンチネンタルGT V8とイメージを寄せたヨットのインテリアなんて。こういう顧客の夢を実現させてしまうベントレーも、誠心誠意要望に応えるという姿勢が、また素晴らしい。

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS