世界初、右ハンドルのシボレー コルベットが富士スピードウェイを走った

輸入車を購入する際、左ハンドル派、右ハンドル派、どちらもいるだろう。だが、シボレーといえば、左ハンドルしかないイメージだった。だが今回、世界初、右ハンドルのシボレー コルベットが富士スピードウェイを走ったのである。

ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー コルベット」の成約者を対象としたオンラインイベント「ALL-NEW CORVETTE PRIVATE PREVIEW」を5月29日(土)、富士スピードウェイで開催した。

コルベット史上初のミッドシップレイアウトを採用し、日本では2020年1月、「TOKYO AUTO SALON 2020」で国内デビュー、予約受付を開始した「シボレー コルベット」。本イベントは、当初、納車待ちの顧客を招待し、日本に到着したばかりの右ハンドル新型コルベットに触れていただく予定だった。しかし「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の発令を受け、急きょ来場を取りやめ、限定ライブ配信にて開催したというのが経緯である。

2部構成の約2時間のプログラムでは、5台が一斉に走行するプロドライバーのデモ走行や、走行を終えたばかりの感想を熱く語る「ドライバーズトークショー」、プロダクト担当者がコルベットの魅力を解説する「コルベットライブ」、約30年にわたりコルベットの開発に携わってきた開発担当チーフエンジニアのインタビュー映像などを配信。

コルベット初の右ハンドルは、日本から導入が始まっており、走行シーンのお披露目は今回が世界初。選択肢が増えるのはとても良いことで、右ハンドルの国からの反応がどうでるか、楽しみだ。

https://www.chevroletjapan.com

アーカイブ

subscribe RSS