15億円のブガッティ ラ ヴォワチュール ノワールがついに完成

2019年のジュネーブモーターショーで初めて目にしてから2年以上が経過し、ブガッティ ラ ヴォワチュール ノワールが完成した。この驚くべきシロンベースのワンオフハイパーカーに税抜1,100万ユーロ(15億円)を支払った「ブガッティ愛好家」である新オーナーに、Amazonプライムスタイルですぐに発送する準備が整ったというのだ。なんということだろう。

史上最も高価な新車と考えられている(ただし、その記録はロールス・ロイスのボートテイルによって破られたばかりかもしれない)ラ ヴォワチュール ノワールは、ジャン ブガッティのタイプ 57 アトランティックへのオマージュだ。このクルマは、1940年にモルスハイム工場とボルドーを結ぶ列車の中で忽然と姿を消した。アトランティックはわずか4台しか製造されず、生き残った2台のうちの1台を所有するラルフ ローレン氏は、1億ドル(110億円)のオファーを断ったと言われている。

他の "コーチビルド"なブガッティであるディーボやセントディエチと同様に、ノワールの下地はシロンである。しかし、ブガッティは、コーチビルドされたクルマは、その個性や運転感覚の点で、それぞれのベースとなっ車両とは「非常に異なる」と主張している。例えば、LVNはグランドツアラーの雰囲気を持っている。ブガッティがどのようにしてこのようなセットアップを実現したのかはわからないが、LVNのホイールベースは標準のシロンよりも250mm長く、ボディは450mm長いことが確認されている。

ブガッティは、他のメーカーのようにオーダーメイドのワンオフ品のコンセプトを顧客に委ねることはない。ブガッティのコーチビルドプロジェクトの責任者であるピエール ロンメルファンガーはこう説明する。「もちろんパーソナライズはありますが…これらのプロジェクトはブガッティが主導しています。つまり、コンテンツはブガッティによって定義され、デザインもブガッティによって定義されるのです」

「お客様は旅の一部ですが、私たちにとってコーチビルドカーはブガッティであり、ブガッティがデザインし、製造し、私たちがこのプロセスをリードしているのです」

「LVNのアイデアは長い間、デザインチームの中で育ってきましたが、これはブガッティが決めたことです。私たちはこれを作り、一台のクルマのために一人のお客様に会いに行きました」

では、ブガッティはどのようにしてこのクルマを手に入れられる人を決めたのだろうか?もちろん、具体的なことは言えないが、ディーボの購入に招待されたのはシロンのオーナーだけだったことを考えると、LVNのオーナーがブガッティブランドの熱烈なファンであることは容易に想像できる。ブガッティの野球帽、ブガッティの荷物、ブガッティの時計、そして倉庫にはヴェイロンやシロンがいっぱい。全部で8m以上の倉庫になるだろう。

=海外の反応=
「伝説によると、オリジナルのラ ヴォワチュール ノワールのシャシーNo.57453は、まだ南フランスのどこかの納屋にあるらしい。そうに違いない。第二次世界大戦中であっても、このような美しさが削ぎ落とされることはあり得ない。もし発見されれば、修復前の状態で100,000,000ユーロ(134億円)以上で売れるだろう。僕はたまたま南フランスにいる。もし君が協力してくれるなら嬉しいけど、僕は57453の行方を探すためのチームを作っているんだ。
この夏は忙しくなりそう」
↑「これらの多くは、戦争中に隠されたものだ。森の中、箱の中に掘られて隠されていたりして。そして、再び発見された時には、修復不可能な状態になっていることもある。あるいは忘れ去られるとかね。僕の祖父は、とても貴重なオートバイをそうしてしまった。回収された時には完全に壊れていたんだ」
「気に入っているけど、エキゾーストパイプがもっと必要だね」
↑「これは明らかにパイプの数が間違っている。他の変更点の一つがベントレー W12へのダウングレードでなければ。エキゾーストマニホールドは、僕のシンメトリーに対する強迫性障害をオーバードライブさせるんだ」
↑「僕もそう思う。気筒数2.667に対してパイプが1本というのはおかしいよね」
「エクスクルーシブという意味では、究極のブガッティ」
「クルマとしては芸術品のようなもので、現実ではなかなか見られないが、彼らが作ったホイールが特に気に入っている」

アーカイブ

subscribe RSS