ポルシェが100%電気自動車のマカンを2023年に発売予定についてエンジニアリングディレクターにインタビュー

ポルシェは2023年に新型のオールエレクトリック マカンを発売する予定で、現在、プロトタイプの公道テストを開始したところだ。発売までに200万マイル(322万km)を走行するプランが組まれている。ポルシェのエンジニアリング・ディレクターであるミヒャエル シュタイナーが、このEV版マカンについてトップギアに語ってくれた。

スタイリングについては、次のように述べた。「典型的なポルシェのように見えて、電気自動車への期待を満たしてくれるでしょう。典型的なマカンですが、はるかにモダンでスポーティです」

今回の意図的なリークショットでは、ヘッドランプよりも低い位置にある、くさび形のボンネットラインを持つクルマの姿が見えている。下にエンジンがないので、911のような見栄えのトリックが可能だ。ランプ自体はタイカンのように浅くなっている。ショベルノーズのように、先細りのファストバックは明らかにエアロ効果が高いと思われる。

リアの偽装クロームのウィンドウラインは無視してほしい。あれは単なる偽装だ。太いリアバンパーも、偽のエグゾーストチップも同様である。

トップギアはスペックについて尋ねたが、彼はまずインプレッションから話したいと言った。「このクルマはポルシェのように走るでしょう。見た目もそうだし、乗り心地もそうだし、ポルシェの魂が宿っていると思います」

「具体的には、現行のマカンが持つパフォーマンス技術をすべて備え、さらにタイカンが持つハイエンドの電気技術を加えたものになるでしょう」と語っている。参考となるエンジニアリングに関する図面には、4輪駆動とエアスプリングが描かれている。ローマウントされたバッテリーにより、Eマカンはコーナーでのパフォーマンスを発揮することが期待できる。

Eマカンは、開発用の名前だとシュタイナーは言う。生産される正式な名称はまだ決まっていない。しかし、サイズはマカン、価格はマカンと変わらないものになるだろう。

燃焼車用のプラットフォームではなく、タイカンのJ1プラットフォームやVWグループのMEBも使用しない。アウディ A6 e-tronなどと共有するPPEという新しい電動プラットフォームを採用している。彼は、アウディとポルシェがともに最高の属性を提供したと言っている。「我々の側から言えば、それがスポーツカーの最高の遺伝子であり、急速充電を可能にするものです」

シュタイナーは、タイカンと同様に800Vの電気を使用できることを確認している。これにより、タイカンの270kWを上回る超高速充電が可能になる。また、速度が上がったり下がったりするときの効率を高めるために、高いレベルの回生ブレーキを採用している。つまり、高速道路を安定したスピードでクルージングするのではなく、ポルシェのように運転するシーンが想定されているということだ。

アウディはPPE車のバッテリー容量を100kWhまでとしており、シュタイナーはポルシェもそれを共有していると認めている。

もちろん、バッテリーやパワーのバージョンはひとつだけではない。「ポルシェでは、ハイエンドのスーパーパフォーマンスモデル(ターボと呼ばれるのは間違いない)を含む、典型的なモデルを用意しています。効率を考えれば、2輪駆動も一考の価値があるでしょう」

では、バッテリーの容量や航続距離は最終的にどのくらいになるのだろうか。あるいは、充電器がより近くに設置され、より強力になれば、ユーザーの拡大が期待できるのだろうか?「考え方は、自動車ブランドによって異なるでしょう。ポルシェでは、重量が大きな役割を果たしています。航続距離を伸ばすためにキログラム単位で追加するのは、その答えになっていません。私たちの主な目標は、重量と充電時間を現在の20分から短縮することです。私たちは、高速道路のインフラを改善すべきだと確信しています。航続距離は少しずつ伸ばす予定ですが、世界チャンピオンを目指すわけではありません」

バッテリーが大きいということは、実際にはあまり使わないリチウムを車に積んでいるということでもある。そのため、採掘にはより多くのエネルギーが必要となり、自動車の効率も悪くなるので、ライフサイクルにおけるCO2の損益分岐点は、ガソリン車よりも遠くなると言う。

初代マカンは、今でもポルシェで最も売れているモデルである。古いとは感じないかもしれないが、2013年から発売されているのだ。そこでシュタイナーは、「2023年の電動マカンの前に、既存のマカンをアップデートするための投資を行います」と語る。

そのフェイスリフト版マカンは、電気自動車と並べて販売される。「つまり、お客様と規制当局が選択できるのです。地域によってどのくらいの速さで切り替えが行われるかはわかりませんが」

改良型の燃焼式マカンには、PHEVバージョンはない。それはカイエンとパナメーラだけの話だとシュタイナーは言う。ポルシェのラインナップ全体では、2025年までにポルシェの販売台数の半分がEVまたはPHEVになるでしょう、と彼は付け加える。911と718には主電源ケーブルがないため、4ドアとSUVのジャンルでは、PHEV(パナメーラとカイエン)またはEV(タイカンとマカン)の割合が非常に高くなるということだ。

これはビジネスにとってプラスになるはずです、とシュタイナーは話す。「タイカンのお客様の半数以上は、ポルシェというブランドを初めて知る方です。しかし、中にはポルシェを持っていて、それを維持し続けている人もいます。Eマカンもそうなることを期待しています」

=海外の反応=
「賢い選択だ。マカンに乗っている人の多くは、エンジンの良さをアピールするようなタイプではないだろうし、そういった人たちは自分の今持っているマカン以外のガソリン車を維持するだろう。タイカンのライトもより似合っていると思う。このクルマはQ6のeトロンか何かとプラットフォームを共有しているのではないだろうか」

アーカイブ

subscribe RSS