サルーン?エステート?クロスオーバー?ジャンルに囚われないシトロエン CX5はディーゼル設定なし

シトロエンのデザイン ディレクターであるピエール ルクレールは、新しい大型車C5Xについて、「事前セミナーで見せたところ、これが何なのかわからないと言われたのが一番の褒め言葉でした」と語る。

これは、自動車デザイナーが期待する言葉ではない。彼らは通常、わかりやすさを追求するのだから。

しかし、それは明らかにシトロエンではないということを意味しているわけではない。シトロエンの最近の作品を見れば、これは明らかにシトロエンだ。つまり、サルーン、エステート、クロスオーバーといった通常のカテゴリーに分類されるクルマではないということ。

世の中のほとんどの人がクロスオーバーに夢中になっている一方で、シトロエンは、一部の人たちは、すでにクロスオーバーを少しだけ乗りこなしていると考えている(期待している)。彼らは、図体がかさばり、重く、燃費が悪いことを望んでいない。しかしその一方で、クロスオーバーの十分な高さや積載性の一部を求めている。

彼らはそれを、より「エレガント」に見え、より「社会的責任」を果たし、より「穏やか」に動く何かで包みたいのだと、シトロエンは言っている。

C5Xはそのようなものだろうか?それとも、「魚」「肉」「鳥」のどれにも該当しない「確信」のないクルマなのだろうか?あなたのご意見を聞かせてほしい。

C5Xはビッグファミリーカーサイズ。つまり、大容量の後席のレッグルームと、大きくて箱型のトランクがあると主張している。なんと、545リッター。実際には、普通の大きさの洗濯機がすっぽり入るという。

ハードウェアの詳細は以下の通りだ。予想通り、C5Xにはプジョー 508とほぼ同様のパーツが使われている。しかし、それはすべて、シトロエンが約束する快適さとリラックスした旅を実現するためにチューニングされているのだ。

サスペンションには、シトロエンの「プログレッシブ油圧クッション」ダンパーを採用。新型C4とC5 エアクロスでは、このダンパーが実に滑らかな乗り心地を実現している。C5Xでは、3モードの電子制御式アダプティブ機能が追加され、コーナーでのコントロール性が向上している。

シトロエンのディスプレイ技術は一歩進んでおり、ワイヤレスフォンミラーリングを使用したタブレットスタイルのOSを搭載した、完全に競争力のある12インチのセンタースクリーンを備えている。また、XLサイズのHUDも登場した。これらは、ラウンジのような豪華なダッシュボードとキャビンファニチャーの中に配置されている。

多くの技術が標準となるだろう。しかし、価格は妥当だと思われる。英国での販売価格は約27-36,000ポンド(400-540万円)だが、納車は来年初頭からとなる。

発表された最初のパワートレインは、レンジトップとなる225bhpのプラグインハイブリッドだ。電気のみのモードでは、WLTPで「50km以上」の走行が可能である。シトロエンのCEOであるヴィンセント コビーは、ほとんどの通勤者にとっては十分な距離だと言っているが、車両の寿命が尽きるまでには航続距離を延ばすことも約束している。

トップギアはコビー氏に、フランスの大型車の定番であるディーゼル車はあるのかと尋ねた。彼はノーと言った。なぜなら、ディーゼル車の販売台数は減り続けており、それは中古車の需要が少ないことを意味しているからだ。また、残価が低いということは、逆に新品のリースやPCPの料金が高くなるということでもある。

その代わり、C5Xのリードインエンジンはガソリンになる。今はまだ具体的には言えないが、このプラットフォームの他の車を読んでみると、130bhpの1.2リッターと180bhpの1.6リッターがあり、どちらも8速オートマチックが付いている。

しかし、コビー氏に対してはもっと大きな疑問がある。ここ数十年、フランスの大型車は、羽ばたいてショールームから飛び出すことを頑なに拒んできた。フランス車だけではない。フォードはモンデオを廃止する。なぜ、C5Xは売れないのだろうか?

"食欲がない "とか "創造性がない"とかいう理由で何かが消えていくのか?このセグメントはつまらないから、クロスオーバーに移行していく。このクルマを見せると、サルーンオーナーにはサルーンとして、エステートオーナーにはエステートとして、クロスオーバーオーナーには愛着の持てるクロスオーバーとして映る。すべての人にとって、このクルマは未来志向の社会的責任のあるクルマなのだ。

「シトロエンのお客様は、快適さ、家族での使用、幸福感を求める傾向にあります。今回のパンデミックの後、環境への関心が高まっていますが、同時に新しい領域を開拓することに戻りたいという願望もあります」と述べている。

これにより、「業界の他の企業が出力やタイヤサイズについて話しているときに、シトロエンは今の時代のクルマとして際立っている」と彼は言っている。

=海外の反応=
「空力的な理由でSUVが将来的に消滅することを示すもうひとつの兆候だ。自動車メーカーは、ルーフラインを徐々に下げながら、サスペンションを上げて高さのある外観を保とうとしているので、このような形がたくさん出てくるだろう。10年後には誰もがこの形に乗っていると思う。少なくとも、SUVの愚かさよりはマシだよ」
↑「これが実現するのが本当に待ち遠しいね。空気力学的に優れたクルマというものは、経済性や航続距離に優れているということが一般の人々に理解されれば、メーカーは効率の悪いSUVを作り続ける必要がなくなる」
↑「人々はSUVが効率的でないことを知らないわけじゃない。みんな、トランクルーム、レッグルーム、ヘッドルーム、ドライビングポジション、乗り降りのしやすさなど、他の項目を優先しているんだよ。だから、すぐにSUVがなくなることはないだろう」
「誰にとっても意味がないクルマ」
「初代シトロエンDSが提供した究極の快適なドライビング体験を期待している」
↑「同意!」
「自分にとっては大きなハッチバックであり、それが悪いわけではなく、効率的な構成であり、一緒に暮らしやすいと感じている。シトロエンの快適性に対する考え方には同意するが、ハイドロニューマチックの先人たちを超えることができるかどうかは疑問だ」
↑「僕もそう思う。シトロエン(そして旧PSAグループ全体)は正しい方向に進んでいるようで、本当に良いクルマがいくつかある」
「とても珍しいハンサムなクロスオーバーだね。どうか、早く!」
↑「このようなクルマを本当に手に入れたいと思っているんだ。ただ、シトロエンがCNGやLPGに対応したパワーユニットを追加することを決めてくれればいいのだが…」
「仲間にSUVを購入する理由を聞くと、こう答える。"乗るのと、座ってるのが楽。それだけだよ。腰が痛くなりにくいんだ"そんな理由だけで車を買う人もいるんだなと思った。このクルマは違うよ、残念ながら」
「この嬉しさは言葉では言い表せない。これこそ、私たちが待ち望んでいたことなんだ。悪魔のようなSUVではなく、もっと良い方法があることを示してくれるメーカーが現れたってこと。もしこれがAWD付きのプラグインになったら(360馬力のプジョー 508プラグインドライブトレインを希望)、僕はすぐにでも買いに行くよ。ただ、リアの端をもう少し四角くしてほしかった。あんなにルーフを傾斜させる必要はない。初代パナメーラのような雰囲気を醸し出していて、それは残念な点だ。しかし、購入を断念するほどではなく、トランクルームも十分にありそう」
↑「僕もそう思う。新鮮で、洗練されていて、かなりクールだよ(シトロエン DS デカポタブル的な意味で)」

アーカイブ

subscribe RSS