メルセデス・ベンツ EQA 250 Edition1が50台限定で先行受付開始

お待ちかね、メルセデス・ベンツの新しいEV、EQAが50台限定で先行受付が開始された。価格は790万円。

今回の限定50台は、EQA 250 Edition 1 という特別仕様車だ。スポーティでスタイリッシュな AMG エクステリアを採用し、ポーラーホワイトのエクステリアカラーに対して、ハイグロスブラックのアクセントの入ったフロントスポイラーリップ、サイドスカート、ドアミラーハウジング及びルーフレールがついている。空気抵抗係数はわずか0.28と空力にも配慮しつつ、繊細なデザインの 20 インチ AMG マルチスポークアルミホイールは Edition1 専用にローズゴールドにペイントされている。
また、A ピラーの下端部にはEdition1 専用バッジが装備され、インテリアにはEdition1 専用のナバグレー/サイバーカットブルーのレザーシートを、ドアパネル中央部にもナバグレーレザーを採用している。
シルバークロームのエアアウトレットの内部のリングやフロアマットのエッジにもブルーのアクセントが採用された。
機能面においても、アジャスタブルダンピングシステム付のスポーツサスペンション、パノラミックスライディングルーフ、MBUX AR ナビゲーションなどが標準装備となっている。

まずは、「EQA 特設サイト」から注文受付を行っているので、希望者はお早めに。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/04/31463/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ