【トップギア試乗】ベントレー フライングスパー V8

新型ベントレーだよね。電動化はされてないの?

お、最初から、鋭いね。2030年までには、販売されているすべてのベントレーが完全な電気自動車になる。このフライングスパー V8は、最後の従来型枠組みの1台だと言っても過言ではない。4.0リッターのツインターボV8がフロントに搭載され、ハイブリッドのアシストなしに4輪を駆動する。このようなセットアップのリムジンをクルーで製作することは、今後あまりないだろう。

ちょっと古い感じなの?
そんなことはない。ベントレーの最新型は別として、これは豪華な4ドアの中では最先端のクルマになる。由緒あるミュルザンヌは2020年に引退したが、ベントレーはそれを補うためにフライングスパーとベンテイガのラグジュアリー性を高めた。
そのため、V8エンジンを搭載したこの新型フライングスパーは、エントリーレベルのコンチネンタル GTよりもわずか2,000ポンド(30万円)高いだけだが、オプションリストを少し見てみると、次のようなものがあるらしい。リアクォーターは3D彫刻が施されたウッドパネルで覆われ、スライド式の本棚の後ろにある秘密の部屋のように、真ん中のシートの後ろにどっしりとしたシャンパン用冷蔵庫が隠されている。さらに、真ん中のシートを捨てて、超豪華な4人掛けのレイアウトにすることもでる。要するに、ミュルザンヌと同じように特別な気分を味わえるのだ。

エンジンは特別なもの?

このV8は、ベンテイガやコンチネンタル GTだけでなく、他のトップスペックのアウディやポルシェに搭載されている550psの4.0リッターツインターボV8と同じものだ。そのため、ミュルザンヌとともに日没を迎えた強力な6.3/4リッターV8に比べると、伝統的なものはすぐに失うことになる。しかし、4.0はこの用途では驚くほど洗練されているため、長い間、感傷的な気分は続かないだろう。

そして、その速さにも驚かされます。スロットルを開けたときに1秒ほどの遅れがあるが、これはまるで、770Nmのパワーを存分に発揮して、車内の静けさを保つのはもちろんだが、「周囲の空気を乱したいんですが、よろしいでしょうか?」と確認しているかのようだ。0-100km/hは4.1秒、最高速度は318km/h(W12エンジン搭載のフライングスパーに比べて0.3秒、15km/h低下)、燃費は22.2mpg、CO2は288g/kmと、12気筒エンジンに比べて10%クリーンであることが謳われている。

W12エンジンよりも107kg軽くなっているが、2,330kgの重量は「クラブスポーツ」仕様と呼べるものではない。しかし、重要なことは、エンジンルーム内でこれらの重量が削減されたことにより、全体の重量配分がより均等になり、すなわちよりスポーティになったということだ。オプションの全輪操舵(アンチロールサスペンションシステムであるベントレー ダイナミックライドとセットで5,795ポンド/88万円)を追加すれば、多少のパフォーマンスの低下にもかかわらず、より優れたドライバーズカーであることを主張することができる。

しかし、実際に自分で運転している人はいるのだろうか?

ベントレーはそう考えている。「過去10年間の調査によると、フライングスパーの用途は、運転手付きのオーナーから、同乗者を連れて自分で運転する顧客へと大きく変化しています」と言われている。後部座席は、今この文章を書いているダイニングテーブルよりも快適な仕事環境を提供できるが、この家の中で一番良い席は、ステアリングホイールが前にある席かもしれない。

アダプティブエアサスペンションとブレーキベースのトルクベクタリングが標準装備され、全輪操舵が比較的お得なコンフィギュレーターでクリックできるなど、2.3トンと5.3メートルの車体を事実上スリム化するための技術が豊富に用意されている。特に、ドライブモードをComfort、Bentley、Sportの順にクリックしていくと、ほとんどすべてのパワーが後輪に送られる。

攻撃的なの?

そんなことは微塵もない。このサイズのクルマを最も過酷なモードで運転することは、ブラックタイの結婚式でイェーガーボムを注文するような野暮ったさを感じるかもしれないが、フライングスパーは決して冷静さを失わない。ハードに走らせても、ハンドリングがいびつになることはなく、適切に配分されたグリップと、パワーを受けてクルマの後部が沈み込み、コーナーから押し出されるような楽しい感覚を味わうことができる。

これほどまでにドライビングモードの切り替えに敏感なクルマは他には見たことがない。「Comfort」は柔らかすぎて、スピードバンプを歩くペース以上で乗っかると、西海岸のローライダーたちのように、スプリングレートの幅を誇らしげに見せてくれる。「Sport」では、よりしっかりとした走りが得られ、中間の「Normal」モードは、「Bentley」と呼ばれている。しかし、320km/h近く出せるサルーンで、後ろでシャンパンを冷やせるなんて、そんなクルマの「普通」って何だ?このモードは、曖昧に判断された妥協点であり、ほとんどのフライングスパー乗りの人たちが、このモードで一生を終えることになると思う。

V8サウンドは?

このV8は、より成長したW12よりも存在感を発揮しそうなサウンドだ。その気になれば、レッドラインに向かって快調に上昇し、4,000rpmあたりから上品なV8のうなり声が聞こえてくる。しかし、スロットルを開けた瞬間に感じるわずかな躊躇は、常に意識的にそこに向かっていることを気づかせてくれる。このクルマのありのままの傾向は、3,000rpm以下では静かに座っていることだ。この時、半分のシリンダーが休止して燃費を向上させられる(644kmの航続距離を実現するためにも役立る)。これはベントレーの新しい電動化製品ではないかもしれないが、クリーンな未来への足がかりはここにある。そして、このクルマがいつ4気筒として動作しているかを識別できる人は、私よりも良い耳を持っている人だろう。
ギアボックスもシルクのように滑らかだ。私はデフォルトで、より緊急性の高いスポーツモードにしたが、パドルはそのままにしておいた。パドルは金属製で手触りがよいが、8速トランスミッションは非常にスマートなので、自分で操作してしまうと、せっかくの仕事の邪魔をしてしまうことになる。

全く運転しないという場合は?

そういった場合のヒントはたくさんある。ステアリングホイールは、他のスーパーサルーンのように、ダッシュボードから電子的に飛び出してくることはほとんどない。また、もしあなたがフロントにお抱え運転手を乗せるためにベントレーを購入するのであれば、前に電動格納式のラップトップ/スナックテーブルを備えた、自由に調整可能なリアシートを楽しむ機会が増えるだろう。

このクルマは2,200万円を少し上回る価格で販売されているが、満足のいくオプションを選ぶには3,000万円くらいになってしまい、ここを抑えるには、かなりの自制心が必要だと思う。全輪操舵に加えて、巷では三角チョコの「ビッグ トブラローネ」と呼ばれている回転式ディスプレイ(4,820ポンド/75万円)、2,200W、19スピーカーのNaim for Bentleyオーディオ(6,660ポンド/100万円)、マリナー ドライビング スペシフィケーション(14,545ポンド/220万円)などの豪華装備があるのだから。それを選べば、キルティングレザー、目を見張るような3Dレザードアパネル、22インチホイールなどが装備されている。その結果、ホイールは乗り心地には全く影響を与えずに、フライングスパーのアーチを十分に満たし、プロポーションを見事に縮小させることに成功した。

以前と比較すると?

そうだね、昔のミュルザンヌが少し不便だと思っていた人は、このクルマの方が何かと優しいと感じるはずだ。ドイツから運ばれてきたエンジンは、比較的頻繁に4気筒で作動しているにもかかわらず、実際にロスを感じることはなかった。

電動化によってモデルチェンジする前の、純粋なガソリンエンジンを搭載した最後のベントレーであるならば、フライングスパー V8は相応の気品を備えている。どのモードであっても、どのシートであっても、家路につくときには。

スコア:9/10

https://www.bentleymotors.jp/models/flyingspur/new-flying-spur-v8/

アーカイブ

subscribe RSS